FC2ブログ

ユトレヒト中央駅

2019 バルセロナ&ロッテルダム
06 /15 2021
ロッテルダム3日目は朝からユトレヒトへ。
ユトレヒトはロッテルダムから約50km、アムステルダムからだと約30㎞の場所にある歴史ある街です。

ロッテルダム中央駅からユトレヒト中央駅まではインターシティで約40分。
運賃は往復(Day Return)で大人一人22ユーロ。
これに追加料金(Toesleg)1ユーロが加算されて合計23ユーロ。
切符は券売機で買うことができます。

こちらはロッテルダムから乗ってきた電車が着いたユトレヒト中央駅のホーム。
2019 ユトレヒト中央駅①


この駅もほぼほぼ自動改札でした。
2019 ユトレヒト中央駅②


構内も広くて明るい。
画像にあるとおりホームが18~19番線以上ありました。
2019 ユトレヒト中央駅⑤


真ん中の面白いデザインのビルは駅のどの部分かと思ったら
ショッピングモールでした。
周りのビルもそれぞれ劇場や市庁舎、ホテルなどなど。
ユトレヒト中央駅は複合施設になっているようです。
2019 ユトレヒト中央駅③


古い街の駅ですがユトレヒト中央駅はとっても近代的でした。
2019 ユトレヒト中央駅④



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





デルフト駅からロッテルダム中央駅へ

2019 バルセロナ&ロッテルダム
06 /08 2021
さて、日も暮れてきたのでデルフトからロッテルダムへ戻ります。

帰りはオランダ国鉄を利用しましたが、
デルフト駅は旧市街の雰囲気と打って変わってとっても近代的でした。
2015年にリニューアルオープンした駅舎だそうです。
2019 デルフト駅①

新駅舎のすぐ隣、上の画像の向こう側に旧駅舎があったようなんですが、逆から来たので気が付きませんでした。
旧駅舎の建物はそのままに中はイタリアン・レストランになっているそうです。

新駅舎は中も近代的でスタイリッシュ。
スターバックスやキオスク、小さいスーパーマーケット、書店などのお店が入っています。GoogleMapを見ると駅に市役所と区役所の表記がありますが出張所とかでしょうかね。トイレは有料だったかな、確か。
2019 デルフト駅②


改札は完全自動になってました。
天井にはデルフトの古地図と「DELFT」の文字がデザインされています。
一つ下の階から撮った方がもっと分かりやすかったかも。
2019 デルフト駅③

デルフト⇄ロッテルダムの路線は、ロッテルダム・ウェルカム・カードが使えないので券売機で切符を購入しました。
片道3.5ユーロ。これに追加料金が1ユーロ加算されて合計4.5ユーロ。
この追加料金は切符に組み込まれているICチップの料金みたいです。

地下1階には近代的な駐輪場も併設。
自転車が多いわりに放置自転車をほとんど見ないのは、こういう立派な駐輪場があるからなんでしょうね。併せて取り締まりも厳しいのかな?
2019 デルフト駅④

デルフトからロッテルダム中央駅までは15kmぐらいなので
電車に乗っている時間も12~3分ぐらい。あっという間に着きます。

夕暮れのロッテルダム中央駅。
2019 ロッテルダム中央駅

一旦、ホテルに戻ってから夕飯を食べようと外に出たんですが、この日はブッラクフライデーだったので中心街は大賑わい。
想像以上の人出で、いくつかお店を回ってみたもののどこもいっぱい。
マックですら大混雑。
仕方がないのでスーパーマーケットで軽食を買ってホテルで食べました。
トホホ…

お惣菜を買ったのはトラムのラインバーン電停に近いスーパーマーケット
「Albert Heijn(アルバートハイン)」
お寿司も売ってましたがやっぱり高いですね。でも、バカ高くはないか。
2019 ロッテルダム スーパーマーケット「アルバートハイン」②


買ったのはビールとパスタサラダとパンとカップ麺。
2019 ロッテルダム スーパーマーケット「アルバートハイン」③ 2019 ロッテルダム スーパーマーケット「アルバートハイン」④


カップ焼きそばの方はちょっと辛かったですけど日清が作ってるだけあってまずまずの味でしたが、チキンラーメンの方は奥行きの無い味でビミョーでした。
外国のインスタントラーメンがあんまり美味しくないのは、麺にも味が付いていないからじゃないかと思うんですよね。
2019 ロッテルダム スーパーマーケット「アルバートハイン」⑥ 2019 ロッテルダム スーパーマーケット「アルバートハイン」⑤


こちらは駅前のオシャレなビルの1階に入っている「アルバートハイン」
こちらはちょっと規模が小さめ。
後日、ここでお土産用のストロープワッフルをいっぱい買いました。
2019 ロッテルダム スーパーマーケット「アルバートハイン」①



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





デルフトの旧教会

2019 バルセロナ&ロッテルダム
06 /04 2021
ロイヤル・デルフトから旧教会まで歩いて戻ってきました。
距離は約1.8km、徒歩で30分ぐらいでしょうか。

斜塔が印象的な旧教会は運河に挟まれた細い中州に建っています。
この教会が建っている場所は古い言葉で「堀」を表すデルフトの上に建設され、そのまま地名もデルフトになったそうです。
旧教会の設立は1050年頃らしいのですが、正式には建物を整備拡張した1240年が誕生年となっているようです。

こちらの斜塔は1350年に完成しましたが、堀を埋め立てた軟弱地盤に建てられたため建設当初から傾き始め、その傾斜を修正しながら建設されたので完成後には捻じれが生じたようです。ピサの斜塔と似た経緯ですね。
2019 デルフト 旧教会①


もうちょっと近い所から見ると傾きはこんな風に見えます。
今は補強工事が施され倒れる心配はないそうですが、この塔には9トンの鐘が載っていて、さすがに頻繁に鳴らすと塔の負担になるので、特別な時だけしか鳴らさないようですよ。
2019 デルフト 旧教会②


たぶん、ここが教会の入り口だと思います。
残念ながら閉まっていたので中を見ることはできませんでしたが、フェルメールはこの教会の床下に埋葬され墓碑もあるようです。
2019 デルフト 旧教会③

王室の墓所もこの教会だそうですが、もう地下の納骨所がいっぱいなので今年の4月から拡張工事が始まっているようです。
地下には遺構があるらしく、発掘調査をしながらの工事のようですよ。


旧教会ちかくの運河沿いにドラクエに出て来そうな建物があって、
あちらの団体観光客が写真を撮っていました。
この建物は500年ぐらい前に建てられた『デルフラント水管理委員会』のもので、中も見学できるようでした。
500年の歴史がある水管理委員会ってスゴイ!さすが運河の町デルフト。
2019 デルフト デルフラント水管理委員会


オランダは規制付きですが6月5日からロックダウンが解除されるようです。
6月30日からは更に条件が緩和される予定だとか。
ロックダウン中でも人流は活発だったみたいなんですよね(笑)。その割には陽性者が減っているそうなのでワクチンの効果はあったみたいですね。
オランダは多い時で一日に1万人も新規陽性者が出ていたというので、人口比からみても日本はさざ波ですね。でも、次は変異株で騒ぐんですってよ。いつから陽性者の数で判断する基準になったでしょうね?
ゴールポスト動かしまくりでうんざり…



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





デルフトの眺望

2019 バルセロナ&ロッテルダム
06 /02 2021
くそばかマスコミと能無し野党が散々恐怖を煽り執拗なデマで日本を停滞させていますが、実情は海外に比べたら“さざ波”だし“屁でもない”ので、EUが日本の渡航制限を解除するようです。
これを機にずっと止まっていたバルセロナ&ロッテルダムの旅行記を再開します。1年半近く前の事なので忘れちゃっていることも多いですが、デルフトの辺りからリスタートです。

マルクト広場から来た道を少し戻る感じでフラーミング通りへ。
ここにはフェルメールの『小路』に描かれている場所です。
長年、この絵のこの場所が何処なのか謎でしたが、最近になってようやく特定されました。
ちょうどこの小径の右側の家にフェルメールの叔母が住んでいたということが調査で分かっています。未亡人だった彼女は5人の子供を養うために臓物を売って暮らしていたため、この小路は「内臓通り」と呼ばれていたそうです。現在の建物は19世紀に建てられたもの。
2019 デルフト 『小路』の場所


「小路」の場所はGoogle Mapにも載っています。



次は少し足を延ばして『デルフトの眺望』が描かれた場所へ。
「小路」の場所からは約1.4㎞、徒歩で約20分。
ルートはこんな感じです。



こちらがフェルメールの描いた『デルフトの眺望』
2019 デン・ハーグ マウリッツハイス美術館⑩


こちらが実際の場所あたりから撮った画像。
当時とは色々と変わっていますが、当時はなかったマリア・ファン・イェッセ教会の二つの尖塔があります。
絵にある手前の河原の部分ですが今は遊歩道のある護岸になっていて、みんな散歩したり走ったりしていました。近くにデルフト工科大学があるせいか若い人が多かったです。
2019 デルフト遠景 現地①


もう少し川沿いの遊歩道を歩き運河に掛かるアプツハウゼ橋の上から旧市街の方を見てみると、今度は角度が変わって旧教会の塔が見えます。
この塔は少し斜めになっているのが特徴ですが分かりますかね?
2019 デルフト遠景 現地②


こちらは『ロイヤル・デルフト』
ミュージアムとショップ、奥には工房もあるようでした。
ショップを見るだけで帰ってきましたが、見るだけでも目の保養でした。
2019 デルフト ロイヤルデルフト①
2019 デルフト ロイヤルデルフト②



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





ちゃまの新しいお部屋

ワンコ(&aibo)
05 /31 2021
あと一ヶ月弱でちゃまの一周忌。
それに合わせて新しいお部屋を購入しました。
コッコリーノの『ワンチョB』
2021 ワンチョB①


セット内容はこんな感じ。
骨壺モニュメント、香皿、ハート香立、線香ロウソク、内袋、フォトチャーム
2021 ワンチョB②


こちらがちゃまの新しお部屋の骨壺モニュメント。
お骨はそのままでは入りきらないので前もって粉骨しました。
フォトチャームに入れる写真は今、選定中。
2021 ワンチョB③


早速、お骨を収納して所定の位置に置いてみました。
前のいかにも骨壺といった入れ物に比べるとだいぶいい感じです。
これからトレーとかを買って、もうちょっと整えたいと思います。
2021 ワンチョB④

コッコリーノは大阪にある仏壇仏具のお店・八木研が運営するペット供養のコンテンツです。こういった骨壺モニュメントの他、粉骨や埋葬なども請け負っています。
ちゃまの粉骨もこちらにお願いしました。
粉骨したら1/4ぐらいの量になって2つのパウチに入って返ってきました。
骨壺モニュメントはそんなに大きくないのでパウチのまま入れたら2つがギリでした。パウチから出して粉骨を直に入れたら中型犬ぐらいまでは入るかもしれませんが、詳細はコッコリーノに問い合わせてご確認ください。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。