FC2ブログ

ちょっと出掛けていました。

旅行(travelog)
05 /07 2019
今年はまれに見る大型連休でしたが、みなさん何処かに出かけましたか?
そして、平成から令和へ変わる瞬間はどこで迎えたのでしょうか。

うちはとあるアジアの国へ行ってました。
そして、令和最初の夜にこんなものを食べていました。
もう何処に行ったか分かっちゃいますよね。
なんならお店も分かっちゃうかも(笑)。
DSC00194.jpg



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





モンサンミッシェル 「聖堂」

旅行(travelog)
01 /29 2019
西のテラスから聖堂へ。
モンサンミシェル 礼拝堂



16世紀に建てられたゴシック様式の内陣。
モンサンミシェル 聖堂①



ステンドグラスを通して朝日が差し込むように造られているそうです。
モンサンミシェル 聖堂⑤


聖堂では毎日お昼にミサが執り行われていて誰でも参加できるそうなので、
タイミングよければ立ち会えるかもしれません。



天井にある修道院の紋章。
修道院の庇護者だったフランス王家の百合の紋章と
巡礼者の象徴“貝殻”が刻まれています。
モンサンミシェル 聖堂②



聖堂に展示されている16世紀に彫られたレリーフ「楽園を追われたアダムとイヴ」
この画像だと少し分かりにくいんですが、レリーフに彩色が施されています。
もともとは聖堂全体が同じように彩色されていて色鮮やかだったそう。
モンサンミシェル 聖堂③



床に開いた風通し用の穴。
これ、また別な所で別な角度から出てきます。
モンサンミシェル 聖堂④



内陣を囲む通路の一角にある扉。
この扉の向こうには内陣の外側に出る階段があって、オプショナルツアーで見学できるそうです。
毎週日曜日、11:00-13:00、18人限定、大人13ユーロ。
1ヶ月前までに予約が必要。
モンサンミシェル 聖堂⑥



クリスマスシーズンだったので、こんなオブジェがありました。
ミッション系の幼稚園に通っていたワンともは、クリスマス会のイエス誕生物語の劇で羊の役をやりました。羊飼いじゃなくて羊ね。
モンサンミシェル 聖堂⑥



このモンサンミッシェルのオプショナルツアーはココから予約しました
VELTRA



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





モンサンミシェル 「ふもと」

旅行(travelog)
01 /22 2019
さて、自由行動とはいっても、いつものように闇雲に歩き回っては時間の無駄。
この時のために出発前に観たNHKの「究極ガイドTV 2時間で回るモンサンミッシェル」をスマホに保存して、それをガイドにしました。
あと、エミトラベルから貰った地図も分かり易くて役に立ちました。


まずはモンサンミッシェルの修道院のてっぺんに建つ守護聖人
金色に輝く“聖ミカエル像”
モンサンミッシェルとは「聖ミカエルの山」という意味で、
まさにこの守護聖人を讃えるために造られた修道院です。
帰りは暗くなって見えづらくなるので明るいうちにパシャリ。
モンサンミシェル 大天使ミカエル



モンサンミッシェルの島の入り口から。
バス停から島の入り口までは徒歩8~10分ほど。
大潮の時はこの入口まで水が来るそうです。
モンサンミシェル 入口



2つ目の門をくぐったすぐ左側にあるのが「ラ・メール・プラール」
フワフワの名物オムレツのお店。
東京国際フォーラムに支店がありますね。
モンサンミシェル ラ・メール・プラール




ラ・メール・プラールのすぐ傍にある3つ目の門は「王の門」
軍事要塞だった時代に、フランス国王から派遣された衛兵がこの門を
守っていたから「王の門」と言われているのだそう。
モンサンミシェル 王の門



敵の侵入を防ぐため跳ね橋になっていて、鉄の柵も降りるようになっていた
ようです。
モンサンミシェル 王の門②



王の門をくぐってモンサンミッシェルのメインストリート“グランド・リュ”へ。
グランド・リュは「大通り」という意味で、これを歩いていくと修道院に辿り着きますが、この時は修復工事のためグランド・リュの大部分が閉鎖中でした。
モンサンミシェル グランド・リュ①


島の郵便局「ラ・ポステ(LA POSTE)」
ここからハガキを出すとモンサンミッシェルの消印を押してくれるそう。
通常版とレア版があるそうですよ。
モンサンミシェル 郵便局



グランド・リュが閉鎖されているので路地の階段を上って迂回。
島の中はこんな風に路地と階段で迷路のようになっていました。
モンサンミシェル 路地の階段①



少し上った所から見た島の建物と対岸のブブロン・オン・オージュ村。
現在、島に住んでいるのは30人ほど。
多い時は200人ぐらい住んでいたそうなんですが、便利な対岸の村に引っ越した人も多いとか。
モンサンミシェル グランド・リュの建物



さらに進んでいくと小さな墓地が。
ここにはプラールおばさんのお墓もありました。
あまり中まで行かなかったので、どれなのかは分らなかったけど…。
奥の高い建物はサン・ピエール教会。
この教会はまた後ほど。
モンサンミシェル プラールおばさんのお墓



このモンサンミッシェルのオプショナルツアーの予約はココからしました
VELTRA



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





帰国しました。

旅行(travelog)
12 /20 2018
旅行中に歯の詰め物が取れたので帰国してから歯医者に行ったり、
スマホが壊れたり、ワンコの病院に行ったり、アントラーズが勝ったり負けたり、
なんだかんだやっていたら旅行記が疎かになっていましたが、
ぼちぼち始めたいと思います。
気長にお付き合いください。

こんな事にも遭遇しましたよ。
2018 パリ




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





ユーロ両替

旅行(travelog)
12 /05 2018
間もなくの旅行に備えて、先日、円をユーロに両替してきました。

某銀行のその日のレートは換金手数料込みで1ユーロ=132.86円。
今朝の同銀行のレートは1ユーロ=132.97円と若干のユーロ高。

ヨーロッパで色々起きている割にはユーロ高ですね。
円高にならないように何かバランスをとっているのかもしれませんが、
旅行者としては円高の方が助かります。

最近はクレジットカードでの支払いが多いので
旅行中に円高だと尚いいんですけどね。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。