FC2ブログ

スキポール空港の手荷物検査は他と違う!

旅行(travelog)
12 /10 2019
先週まで恒例のサッカー観戦旅行に行っていました。

今回、行きはシャルルドゴール、帰りはスキポールを利用しました。

このオランダ・スキポール空港の手荷物検査が特殊だったので、
旅行記を始める前に記載します。

スキポール空港を利用するのは本当に久しぶりで、手荷物検査場も最新の設備になっていました。
口コミによると、ペットボトルをうっかりバッグの中入れっぱなしにしてしまっても、危険かどうか判別できるぐらい最新鋭なんだそうです。

その最新鋭の手荷物検査場でダンナ・ピットが引っ掛かりました。

ワンともは隣りのレーンでしたが特に問題もなく通過。
自分が終わってダンナ・ピットの方を見ると小柄な年配の女性検査員に止められているではありませんか!

最新鋭の機械に引っ掛かったのですから、検査員による手荷物チェックも
かなりハードでした。

まず、バッグの中身の何が問題なのかは教えてもらえません。
手荷物は数メートル先のレーンの上に止め置かれたままです。

その状態で検査員から「あのバッグは貴方のか?だったらそれを証明しろ」と言われます。中に「運転免許証があるから確認して」といっても確認はしてくれません。

そして「バッグの中味を全部言え」と言われます。
うろ覚えで「maybe(たぶん)」なんて言おうものなら、「What maybe?(たぶんって何?)」『あんた自分の荷物なのにどうしてちゃんと言えないの!?』ぐらいの強い語気で言い咎められます。

手荷物の中身を全部覚える記憶力も無ければ、ましてやバッグに触れずに身分証明書を提示する方法なんて念力でも使わなければ無理。
みんなどうやって提示しているんでしょう?
あまりの高度な検査方法にどうしていいやら途方に暮れました。

スキポール空港の手荷物検査は、驚異的な記憶力とエスパー並みの能力を要求されることを知り、ワンともはすんなりパスできてラッキーでした。

さて、ダンナ・ピットが引っ掛かったのはコレ!
レンタルwi-fiの充電器!
wi-fi 充電器

今まで他の空港では引っかかったことがないので全くの盲点でした。
トレーに出すのはリチウムイオン電池を使っている電子機器だけだと思っていたんですが、オランダでは電化製品全般が対象みたいです。
その女性検査員から「(充電器を指示して)これもElectronics Devices(エレクトリック・デバイス)だから。覚えておいて!!」と強く言われたので間違いありません。

これからは、うっかり何かを入れっぱなしにしてしまった時のために
事前に中身を画像に撮っておこうかと思います。

身分証明書をバッグから取り出す念力も身に付けないといけません。

最後に若い女性検査員がダンナ・ピットのバッグの中身を全部出して調べ、シッチャカメッチャカにして返してきたので、それをまた仕舞うのが手間でした。

そうそう、この空港では「Sightseeing(観光)」と「High blood pressure(高血圧)」という英語が通じませんでした。
「分からない」と言われました。
「Sightseeing」以外に英語で「観光」はなんて言えばいいんでしょうか?
「High blood pressure(高血圧)」が通じなくて薬を没収されたら、さすがに大使館に通報案件だなとは思いましたが。

いや~、なかなかハイレベルでしたよ、スキポール空港の手荷物検査。

数十分間足止めされたおかげで、お土産を買う時間が少なくなって、お昼ごはんが食べられませんでした。

クソBBA! 時間返せ ٩(๑`^´๑)۶



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





台南 『阿霞飯店』

旅行(travelog)
08 /16 2019
カラスミを買った後は台南駅経由でホテルに戻りクールダウン。

台南2日目の夜は少し奮発して地元の高級レストラン『阿霞飯店』へ。
ガイドブックの一番最初に載っているお店です。
画像は昼間、立ち寄った際に撮影したもの。
2019 台南 阿霞飯店①
『阿霞飯店』 <MAP>



予約必須の人気店で、当日の昼間、直接お店に立ち寄って予約をしてみたところ、空いてはいたんですが時間は17時からとのこと。
「19時ぐらいがいいんだけど…」と言ったら、なんとか融通してくれました。
ネットの口コミを見ると、込み具合によってOKの時とそうでない時があるようなので、予約の際に確認してみてください。
2019 台南 阿霞飯店②


店内は割と広々としていてテーブルとテーブルの間も広め。
みんな服装もカジュアルだし、写真撮ったりしているし、テレビもあるし、
そんなに敷居の高い感じはしませんでした。
2019 台南 阿霞飯店③


まずは前菜が2皿。
カラスミは定番の大根とネギのスライスでした。
奥のお皿のソーセージも美味しかった。
2019 台南 阿霞飯店④


スープはマイルドで優しい酸辣湯のような感じ。
蟹の身が入っていたと思います。
2019 台南 阿霞飯店⑤


こちらがこのお店の看板料理「ワタリガニのおこわ(紅蟳米糕)」
結婚式などで振舞われる台南の郷土料理だそうです。
そんなに蟹の風味はガツンときませんが素朴な美味しさでした。
2019 台南 阿霞飯店⑥


最後はデザート。
けっこうな量の甘味に若干ひるみましたが、そんなに甘くないので
割と食べられちゃいました。
2019 台南 阿霞飯店⑦

お値段は確か二人で1,500元(約6,000円)。
ビールも入れると7,000円ちょっとだったと思います。

ガイドブックにはカード不可と書いてあったので現金を多めに持って行ったんですが、クレジットカードが使えました。
ガイドブックの発行後に使用できるようになったのかもしれませんね。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





ちょっと出掛けていました。

旅行(travelog)
05 /07 2019
今年はまれに見る大型連休でしたが、みなさん何処かに出かけましたか?
そして、平成から令和へ変わる瞬間はどこで迎えたのでしょうか。

うちはとあるアジアの国へ行ってました。
そして、令和最初の夜にこんなものを食べていました。
もう何処に行ったか分かっちゃいますよね。
なんならお店も分かっちゃうかも(笑)。
DSC00194.jpg



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





モンサンミッシェル 「聖堂」

旅行(travelog)
01 /29 2019
西のテラスから聖堂へ。
モンサンミシェル 礼拝堂



16世紀に建てられたゴシック様式の内陣。
モンサンミシェル 聖堂①



ステンドグラスを通して朝日が差し込むように造られているそうです。
モンサンミシェル 聖堂⑤


聖堂では毎日お昼にミサが執り行われていて誰でも参加できるそうなので、
タイミングよければ立ち会えるかもしれません。



天井にある修道院の紋章。
修道院の庇護者だったフランス王家の百合の紋章と
巡礼者の象徴“貝殻”が刻まれています。
モンサンミシェル 聖堂②



聖堂に展示されている16世紀に彫られたレリーフ「楽園を追われたアダムとイヴ」
この画像だと少し分かりにくいんですが、レリーフに彩色が施されています。
もともとは聖堂全体が同じように彩色されていて色鮮やかだったそう。
モンサンミシェル 聖堂③



床に開いた風通し用の穴。
これ、また別な所で別な角度から出てきます。
モンサンミシェル 聖堂④



内陣を囲む通路の一角にある扉。
この扉の向こうには内陣の外側に出る階段があって、オプショナルツアーで見学できるそうです。
毎週日曜日、11:00-13:00、18人限定、大人13ユーロ。
1ヶ月前までに予約が必要。
モンサンミシェル 聖堂⑥



クリスマスシーズンだったので、こんなオブジェがありました。
ミッション系の幼稚園に通っていたワンともは、クリスマス会のイエス誕生物語の劇で羊の役をやりました。羊飼いじゃなくて羊ね。
モンサンミシェル 聖堂⑥



このモンサンミッシェルのオプショナルツアーはココから予約しました
VELTRA



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





モンサンミシェル 「ふもと」

旅行(travelog)
01 /22 2019
さて、自由行動とはいっても、いつものように闇雲に歩き回っては時間の無駄。
この時のために出発前に観たNHKの「究極ガイドTV 2時間で回るモンサンミッシェル」をスマホに保存して、それをガイドにしました。
あと、エミトラベルから貰った地図も分かり易くて役に立ちました。


まずはモンサンミッシェルの修道院のてっぺんに建つ守護聖人
金色に輝く“聖ミカエル像”
モンサンミッシェルとは「聖ミカエルの山」という意味で、
まさにこの守護聖人を讃えるために造られた修道院です。
帰りは暗くなって見えづらくなるので明るいうちにパシャリ。
モンサンミシェル 大天使ミカエル



モンサンミッシェルの島の入り口から。
バス停から島の入り口までは徒歩8~10分ほど。
大潮の時はこの入口まで水が来るそうです。
モンサンミシェル 入口



2つ目の門をくぐったすぐ左側にあるのが「ラ・メール・プラール」
フワフワの名物オムレツのお店。
東京国際フォーラムに支店がありますね。
モンサンミシェル ラ・メール・プラール




ラ・メール・プラールのすぐ傍にある3つ目の門は「王の門」
軍事要塞だった時代に、フランス国王から派遣された衛兵がこの門を
守っていたから「王の門」と言われているのだそう。
モンサンミシェル 王の門



敵の侵入を防ぐため跳ね橋になっていて、鉄の柵も降りるようになっていた
ようです。
モンサンミシェル 王の門②



王の門をくぐってモンサンミッシェルのメインストリート“グランド・リュ”へ。
グランド・リュは「大通り」という意味で、これを歩いていくと修道院に辿り着きますが、この時は修復工事のためグランド・リュの大部分が閉鎖中でした。
モンサンミシェル グランド・リュ①


島の郵便局「ラ・ポステ(LA POSTE)」
ここからハガキを出すとモンサンミッシェルの消印を押してくれるそう。
通常版とレア版があるそうですよ。
モンサンミシェル 郵便局



グランド・リュが閉鎖されているので路地の階段を上って迂回。
島の中はこんな風に路地と階段で迷路のようになっていました。
モンサンミシェル 路地の階段①



少し上った所から見た島の建物と対岸のブブロン・オン・オージュ村。
現在、島に住んでいるのは30人ほど。
多い時は200人ぐらい住んでいたそうなんですが、便利な対岸の村に引っ越した人も多いとか。
モンサンミシェル グランド・リュの建物



さらに進んでいくと小さな墓地が。
ここにはプラールおばさんのお墓もありました。
あまり中まで行かなかったので、どれなのかは分らなかったけど…。
奥の高い建物はサン・ピエール教会。
この教会はまた後ほど。
モンサンミシェル プラールおばさんのお墓



このモンサンミッシェルのオプショナルツアーの予約はココからしました
VELTRA



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。