FC2ブログ

ノイシュバンシュタイン城バスツアー② オーバーアマガウ

2007 バルセロナ&ミュンヘン
10 /25 2008
リンダーホフ城見学の後に立ち寄った小さな集落オーバーアマガウ
町の家々は落ち着いた色使いのフレスコ画が描かれていました。凝ったのからそうでないのまであってドイツ人も色々だなぁと思わせますね。ここは、この壁画と木彫りと十年に一度上演される『キリスト受難劇』が有名だそう。
Fussen1.jpg
『オーバーアマガウのフレスコ画』(オーバーアマガウ・ドイツ/2007年12月)

街にの入り口付近には、いくつかのスーベニアショップがあって、キリスト教にちなんだ木製品が売られていました。ちょうどクリスマス・シーズンだったのでオーナメント類も多く欧米の人達は熱心に見ていましたけど、ワンともの体調も良くないのでちょっと見て早めにバスに戻りました。

集合時間になり、さて出発と思ったらなかなか出発しません。
ガイドのおばさんがせわしく乗ったり降りたりしていました。
どうやら誰か戻って来ないらしい。

そのうちバスは走りだしました。
「戻ってきたのか。やれやれ」と思っていたら、おもむろにガイドのおばさんがマイクで話し始めました。
「良いニュースと悪いニュースがあります。
良いニュースはちょっと晴れてきました」
そうそう、朝から降りだしそうだった天気が回復してきていました。

「悪いニュースは、

さっきの町で2人いなくなりました」

えっ!?戻ってきてないの!?

そう、探しても見付からなかったので置いて来たそうです。

同じツアーのイタリア人達がなかなかバスに乗らず誰かを待っている風だったので、どうやら置いて来た2人はイタリア人だと思われますが定かではありません。で、その人達がその後どうなったかも分かりません。
何とかなったとは思いますけど…。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





ノイシュバンシュタイン城バスツアー② リンダーホフ城

2007 バルセロナ&ミュンヘン
10 /24 2008
ノイシュバンシュタイン城バスツアーにはオーバーアマガウ近くにある小さなお城リンダーホフ城の見学も含まれていました。
このお城もルードヴィヒ2世が造った城の一つ。こじんまりとした白亜の城。
Linderhof8.jpg
『リンダーホフ城』(オーバーアマガウ・ドイツ/2007年12月)



まずチケットはガイドのおばさんが言語ごとに買ってくれました。
日本人は15人程度。時間制なのでチケットに記載されている時間までにお城の入り口まで行くようなシステムになっています。日本人グループはイタリア人グループの後。
Linderhof6.jpg Linderhof_201507091718524e2.jpg
画像左『リンダーホフ城のチケットセンター』
画像右『チケットセンターからお城までの景色』



入口の前に広がるこの庭園、ヴィスコンティの映画で観ましたよ。
映画では新緑だったけど今回は雪景色。
味気ない板の雪囲いが残念…。
Linderhof1.jpg



お城の入り口まではチケットセンターから徒歩5分ほど。
このお城はフランスの太陽王ルイ14世へのオマージュだそうで、なるほど小さいながらもロココ調の華麗さ。中は假屋崎省吾の家みたいでしたが、悪趣味には感じませんでした。
人嫌いなルードヴィヒ2世が、誰にも会わずに食事をするためのせり上がる食卓なんていうものを開発して設置したんだそうです。セレブの考える事は分かりません…。
Linderhof4.jpg
『リンダーホフ城の入り口』
内部は撮影禁止。

ここではイタリア人の子供が雪を投げて大騒ぎしていました。
誰かに当たるかもしれないのに親は叱らないんですよ…。
これが噂に聞くイタリアのモラルの崩壊でしょうか。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





ノイシュバンシュタイン城バスツアー①

2007 バルセロナ&ミュンヘン
10 /23 2008
ノイシュバンシュタイン城へ行ったのは去年の12月。
ネットから申し込んだバスツアーで行きました。
ミュンヘンから電車を乗り継いで行くこともできますが、
時間のない旅行者はバスツアーが手っ取り早いでしょう。
ワンとも達が申し込んだのはAlan1.netの英語ツアー(49ユーロ)。
日本人ガイド付くの日本語ツアーだと料金が3倍以上します。



集合場所はミュンヘン中央駅前にあるデパートKARSTADT。
帰りもここに着いてここで解散。
いざ行ってみたらイヤホンガイドは日本語がありましたし、お城も日本語音声ガイド付きでした。何が英語ツアーかというとガイドのおばさんが英語でアテンドするから。ドイツ人のガイドのおばさんは(しゃべり方が)市原悦子似でイタリア語もできるようでした。
MunchenTourBusStop.jpg
『ツアーバスの停留所』(ミュンヘン・ドイツ/2007年12月)



バスは2階建てバスが2台。
ワンとも達が乗ったバスには英語圏の旅行客とイタリア人と日本人の混成。
2階の一番前はパノラマ席。すでに英語圏からのファミリーが陣取っていたのでワンとも達はその少し後ろの席へ。
風邪をひいてちょっと体調の良くないワンともはバスの中では寝てお城見学のための体力を温存するつもりでした。それなのに後から乗り込んできたイタリア人のおばちゃん4人に座席の前後を挟まれて大変な目に。
とにかく頭越しにしゃべる、食べる、動き回る…もうウルサイことこの上ない。いい大人が他人同士が乗り合わせるバスでのマナーが守れないとは…。
ワンともはずっと『るっせー、ク〇バ〇ァ!!』と心で叫んでいました。
TourBus.jpg
『ツアーのバス』

このバスツアーはリンダーホフ城にも立ち寄ります。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





バルセロナ・サン・ジュセップ市場

2007 バルセロナ&ミュンヘン
10 /12 2008
昨日の番組で柴・真野夫妻が買い物をしていたサン・ジュセップ市場
規模と古さではバルセロナ一。別名はボケリアというそう。

肉や魚介、野菜、チーズ、ハム、お菓子、フルーツなどありとあらゆる食べ物が取り扱われています。美味しそうですが市販のモノは日本に持って帰れないので見るだけです。でも品物もお店も豊富で見るだけでも楽しい。
StJisep.jpg
『サン・ジュセップ市場』(バルセロナ・スペイン/2007年12月)



市場の中にはカウンターだけのバルもあってちょっとした食事もできたりします。
安くて美味しいらしいので今度挑戦してみたいですね。
StJisep3.jpg StJisep4.jpg



最近は築地市場も外国からの観光客が増えたそうです。
観光客が増えると色々と困る事もあるようです。
サン・ジュセップ市場もそんな悩みがあるのでしょうか。
やっぱりルールは守って楽しまないと。
そうそう以前 築地市場の前を通りかかった時、

≪本日の落し物≫
活車えび 一箱

と書かれているのを見かけました。
市場ともなると落し物も豪快。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





ピカソの壁画

2007 バルセロナ&ミュンヘン
10 /11 2008
今週は国際Aマッチデーなのでサッカーの試合がありません。

たまたまチャンネルを回したら『柴俊夫・真野響子夫妻スペイン旅』というのをやっていて、ちょうどサグラダ・ファミリアの所でした。
なんでもピカソの足跡を辿るとういうのがテーマだったようですが、
バルセロナだから一応ガウディは押さえていました。

それにしても真野響子ってまくし立てるようにしゃべる人だったのね。
人の話も途中から取っちゃうし…ちょっとウザかったナ。

今回バルセロナで紹介されていたピカソにまつわる場所は、
壁画4GATS(クアトロ・ガッツ)ピカソ美術館
真野響子はこの壁画を「ピカソっぽくない」と言っていましたが、“ミロ作”って言われても分からないかも。これがお隣の小学生の絵とどう違うのか分からないワンとも。ただ、存在感はあるんですよね。もし壁画の存在を知らずに行っても「なんじゃ、こりゃ?」的な目立ち方をしています。
ピカソの壁画① ピカソの壁画②
『ピカソの壁画』(バルセロナ・スペイン/2007年12月)
壁画の場所は、カテドラル前の広場の一角にある
「カタルーニャ地方およびアルバレス諸島建築家協会」のビル。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。