FC2ブログ

信州松本の旅①

長野
06 /08 2014
ちょっと古い話ですが、
ゴールデンウィークの後半にもちょっとだけ長野県松本のほうへ出掛けました。

高速がものすごく渋滞していたので途中から一般道へ。
途中、府中の大國魂神社の前を通ったんですが、ちょうど「くらやみ祭り」の期間中だったようです。
あの『燃えよ剣』の冒頭に出てくる「くらやみ祭」はこれですよね。
P1080645.jpg




中央道は相模湖インターの先まで渋滞していましたが、圏央道の高尾山インターから八王子ジャンクションを経由して中央道に戻るつもりでいました。
しかし、ウチのカーナビが古いのでこの圏央道がデータに無いんですね~。
高尾駅の付近で有料優先にすると是が非でも八王子インターに誘導しようとします。
仕方がないのでワンともの「スマホ見ながらナビゲーション」でなんとかアクセスしたんですが、カーナビは高尾山付近を空中を走行していました。


途中、ちょっと寄り道して山梨の河口湖方面へ向かいました。
少し曇っていましたが富士山がキレイに見えました。
P1080648.jpg



朝ドラ「花子とアン」の影響でほうとうが食べたくなったので
河口湖で降りて『ほうとう不動』へ。
以前も来たことがありますが20年ぶりぐらいでしょうかね。
P1080655.jpg


黒糖いなりともつ煮。
もつ煮はビールが欲しくなりますね。
車じゃなかったらイッパイ飲みたいところです。
P1080649.jpg


熱々のほうとう。
いや~、久々に食べました。
お腹イッパイ。
P1080651.jpg



当初の予定ではほうとうを食べて日帰りする予定だったんですが、
車の中で検索していたら長野市内のホテルの予約が取れたので
急遽、長野方面へ行くことになりました。


でも、長野市内は一度行っているので、まだ行ったことのない松本へ。

なんとか見学時間に間に合いそうだったので『松本城』へ直行しました。
最近、修復中の一部が公開された姫路城とは好対照の黒いお城。
お堀端には柵とかがないので端は注意。
ダンナ・ピットがタイのホテルの池に落ちた時のことを思い出すね。
P1080662.jpg



中は見学できますが入場規制があって
一度に入れるのは50人程度に搾られていました。
ゴールデンウィークですから夕方近くでもご覧の通りの行列でした。
この先さらに左に折れて列があり、その先が行列の先頭。
1時間半ぐらい並んだでしょうかね。
P1080666.jpg



松本城はちょっとの高さもない平地に建っている典型的な平城なので、
やっぱり守りはお堀と鉄砲だったんでしょうね。
鉄砲を構えるための窓が多くて、展示も鉄砲が多かったです。
平戸も鉄砲の展示は多かったですが、あちらは伝来がメインだったように思います。
P1080669.jpg P1080677.jpg


さて、どうして入場規制しないといけないのかは中に入って分かりました。
とにかく狭くて階段が急!
P1080671.jpg


上の画像の階段はまだ緩やかな方で、
一番急な天守閣への階段はほぼハシゴと同じような角度!
しかも一段が高い!!30cmぐらいあったように感じました。
しかも、しかも、階段によって高さがまちまち。
この怖い階段を対面で上り下りするのであまり大人数は入れられないんですね。
実際、最上階ではちょっと人がスタックしてました。
P1080684.jpg



見学が終わって外に出たらもう薄暗くなっていてライトアップが始まっていました。
P1080689.jpg



ちょっと遅くて見学はムリでしたけど、
近くだったので『開智小学校』も行ってみました。
和洋折衷のかわいらしい小学校でした。
P1080701.jpg






ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





長野の旅⑦

長野
05 /16 2011
戸隠蕎麦を食べた後、帰途に着きました。
ここで、だいたい17時ぐらい。

上信越自動車道と北関東自動車道を真横に一直線で帰ります。

途中、関越自動車と東北自動車道の一部区間を走り、
常磐自動車道と交差しましたが、
前の2路線への合流はさすがに渋滞しました。

帰り途ではあまり寄り道できませんでしたけど、
上信越道の横川SAでちょっと休憩。
横川SA③




割に大きなSAで、あの“峠の釜めし”で有名な所でした。

例のお釜の形のお弁当を売っているのはもちろん、
中のレストランで“峠の釜めし御膳”を食べることもできるようです。


ワンとも達は釜めしではなく“玉こんにゃく”
横川SA①




“焼きまんじゅう”
柔らかい生地に甘味噌を塗って焼いたもので、
生地はちょっと中華饅に似ていました。
横川SA②




このSAはレストランもショップも充実していたので、
次はもうちょっと時間を取って楽しみたいです。


高速は東関東自動車道の終点『茨城空港北』で降りましたが、
この路線の被害はかなり酷く、応急の補修はしてあってもボコボコで
スピードが出せるような状態ではありませんでした。


今回のGWは5月2日以降の後半に混雑が集中したようですし、
前半も観光地や道路もそれなりに混んでいましたが、
でもやっぱり例年よりは遥かに人出が少なかったんだろうと思います。

東日本大震災の被害は甚大でしたけど、
イマイチ復興に向けて気持ちが盛り上がらないのは
やっぱり原発が原因でしょうね…。








ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





長野の旅⑥ 奥社前食堂『なおすけ』

長野
05 /15 2011
奥社から戻って来て、大鳥居そばにあるお蕎麦屋さん
奥社前食堂『なおすけ』で戸隠そばを頂きました。
なおすけ⑥




入店時が16時ちょっと前という遅い時間でしたからお店も空いていました。
なおすけ①




おかげで大鳥居Viewの席に座ることができました。
なおすけ②




お蕎麦の前に“山くらげ”という小皿が出ました。
甘辛い味で歯ごたえも良くて美味しかったです。
ここのお店の七味も“八幡屋磯五郎”
なおすけ③




メインのお蕎麦は“ざるそば(六ボッチ)”
小分けにしたお蕎麦が六つ盛ってあることを六ボッチというそうです。
ツルツル、シコシコして美味しいお蕎麦でした。
なおすけ④




食後に“花豆”という甘露煮にした大粒の豆が出ました。
なおすけ⑤


この豆、少し前の『秘密のケンミンshow』で
「お赤飯に入れている」というのを紹介していたように思ったので
お店の人に聞いてみたら何だかよく分からないような反応でした。

帰って来て調べたら、お赤飯に入れるのは軽井沢周辺だけのようです。


他に熊笹ソフトもちょっと興味をそそりましたが、
蕎麦ソフトがあればそちらを食べてみたかったし、
時間を置かずに2つ食べたらお腹をこわすと思って諦めました。

なのに蕎麦ソフトを売っているお店を見つけられず…。

だったら熊笹ソフトを食べておけば良かった

でも、しっかりお土産の“そば饅頭”は買いましたよ~。
なおすけ⑦








ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





長野の旅⑤

長野
05 /14 2011
善光寺の後は「天岩戸飛来」伝説の『戸隠神社』へ。
カーナビに「戸隠神社」と入力したら奥社、中社、宝光社などなど
候補がイッパイ出てきて、どこがメインなのか分からなかったので、
とりあえず一番奥に行ってみようということになり、『奥社』に行ってみました。

奥社の駐車場は満車で少し離れた駐車場に停めたんですが、
そこは駐車場じゃなくてチェーン装着場でした。


奥社参道入口付近には少し雪が残っていました。
戸隠神社奥社①



大鳥居の傍にはこんな注意書きが。
ちょっと大袈裟にも感じたんですが…。
戸隠神社奥社⑦




奥社までは約2kmの参道を歩きますが、
結構歩いたつもりだったのにまだ600m。
戸隠神社奥社⑥




この赤い門は『随神門』
ここがだいたい中間ぐらい。
雪解け水で参道はドロドロ…。
特にこの門辺りはヒドくて、外側を大回りして通過する人もいました。
戸隠神社奥社④




天然記念物に指定されている樹齢400年の杉並木は静謐。
ここから段々と勾配がキツくなってきました。
戸隠神社奥社⑧




終盤から奥社にかけて石段があるのですが、
その上にまだ雪が積もっていて、ほぼ雪山登山状態。
戸隠神社奥社②




参道入口にあった注意書きが現実味を帯びてきます。
靴裏の形状によってはスニーカーでも滑ったでしょう。

パンプスやヒールで何とか登っている人もいましたけど、
途中で諦めて引き返す人もいました。

中には落ちている折れた木を杖代わりにする年配者もいました。
普通の神社で登山状態になる事なんてないですもんね。



やっとの思いで奥社に到着。
参道入り口から40分ぐらい掛かったでしょうか。
戸隠神社奥社③


お参りは、何よりも「地震の沈静化」と「まともな政府を与えてください」、
そして個人的な諸々の細かいお願い。


雪道を登るという通常より大変な思いをして辿り着くと
なんだか、絶対に霊験があるような気になりますね。


奥社の横にある社務所でおみくじを引きました。
ダンナ・ピットは「吉」、ワンともは「吉に向かう」
ちょっと微妙な感じですけど悪くはないのかな…。
結ぶ所が無いので持ち帰りました。


そうそう、上には、社務所に神主さんが二人と
雪掻きをしているオジサンが一人いましたけど、
毎日ここまで登っているんでしょうか。
だとしたらご苦労なことですよ~。



帰りはむしろ行きより怖い…。
とにかく滑る滑る。


途中、「上に比べたらこの辺は平らに感じるね~」なんて、
これから登る人達にプレッシャーを掛ける言葉を発しながら
下山したのでした。








ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





長野の旅④

長野
05 /13 2011
いよいよ善光寺です。
善光寺と言えば、08年の北京オリンピックの時に、
チベット弾圧に反対して聖火リレーをボイコットした気骨のあるお寺、
という記憶があります。


この日はちょうどメーデー。
労働貴族が仲見世通りを半分占領し、
市井の人々の邪魔をしながら行進して行きました。
違うコースにすればいいのに、ジャマくさい

自治労と民主党も参加していて、石の一つもぶつけたくなりました



仁王門です。
善光寺 仁王門




こちらは山門(三門)
ここは上に登れるんですね。
善光寺 山門




案内所の中にあった牛の像
長崎の『梅園身代わり天満宮』が頭にあったせいか、
牛を見て「ボケ封じ、ボケ封じ」と頭を撫でましたが、
これは「牛に引かれて善光寺参り」に因むものでした。
善光寺 牛の像




本堂に行く前にお線香をお供え。


折よく鐘が鳴りましたが、宮城の『定義山』のように突き放題ではありません。


本堂の中は撮影禁止だったので外観を。
善光寺 本堂




中におわしますびんずるさまを撫でまくり。
今から頭を撫でても効果があるんでしょうか…?

お戒壇巡りは50分待ちだったので諦めることに。

仲見世通りに現を抜かしていたら
メインの善光寺が掛け足になってしまいました。
煩悩はなかなか拭えませんね








ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。