FC2ブログ

2014年 バルセロナ-ベルギー旅行③ タラゴナ篇Ⅰ

2014 バルセロナ&ベルギー
02 /12 2014
2日目はバルセロナからちょっと足を延ばしてタラゴナへ行ってきました。

前日の夕食を食いっぱぐれたので途中、ボカティージョを買って電車の中で食べました。これに瓶入りのジュースを買ったら意外と高くついた・・・。
2014 01 バルセロナ ボカティージョ① 2014 01 バルセロナ ボカティージョ②



電車はパッセージ・ダ・グラシアからレンフェの近郊線に乗ったんですが、1年前同様、駅が工事中だったのでチケットは仮のチケットブースで購入しました。
往復チケットで一人16.10ユーロ(約2,300円)。※1ユーロ=145円で計算。
今は元の場所(カサ・バトリョ近くの交差点)にリニューアルした駅で運行していると思います。



バルセロナからタラゴナまではREで1時間半ぐらい。
この沿線は山が海に迫っているのか途中トンネルが多かったです。
タラゴナの駅も海のすぐ側にありました。
2014 01 タラゴナ駅
『タラゴナ駅』


駅を出て右に進むとコロッセオがあるよ、という標識があったので、標識に従って海沿いの坂道を右へ。
2014 01 タラゴナ CIRC ROMA①



ちょうど坂を登りきった辺りでコロッセオの姿が見えてきます。
中まで入れますが有料なので外側から見るだけにしました。
コロッセオのフィールド部分に十字型の建物の残骸が見えますが、これは12世紀に建てられた教会の跡だそうです。それ以前はキリスト教徒の処刑場だったそうなのでその跡に教会が建ったのも意味がありげですよね
2014 01 タラゴナ CIRC ROMA②



コロッセオの上の方へ行くとそこにもローマの遺跡『プレトリとシルク・ローマ』があります。
プレトリは長官公邸、CHIRC ROMAは2頭立て馬車レース用の円形競技場のことだそうです。
2014 01 タラゴナ CIRC ROMA③
『CIRC ROMA』


この塔ですが、丸で囲んだ部分を見てもらうと分かるように、以前は周りの建物に完全に食い込んでいたようです。
塔が食い込んでいたというか建物が取り込んでいたというか・・・。
2014 01 タラゴナ CIRC ROMA



90年代に始まった遺跡発掘で周りの建物は取り壊され、現在の形まで発掘されたようです。
2014 01 タラゴナ CIRC ROMA⑤
『1995年の発掘作業の写真』


CIRC ROMAの発掘復元された長い通路の先は行き止まりになっていて
2014 01 タラゴナ CIRC ROMA⑦


発掘中の遺跡と取り壊し予定の建物が現れました。
それに描かれている壁画。
2014 01 タラゴナ CIRC ROMA⑨ 2014 01 タラゴナ CIRC ROMA⑧


CIRC ROMAの係りのオバサンに教えられたとおり横の坂道を登ってくと
考古学博物館があります。料金はCIRC ROMAと併せて3ユーロ。
2014 01 タラゴナ 考古学博物館②


こっちにも長~い通路がありました。
ここ、端まで歩けます。
これって発掘していったらCIRC ROMAのあの通路と繋がるんでしょうかね。
2014 01 タラゴナ 考古学博物館①


屋上からはタラゴナの街が一望できました。
2014 01 タラゴナ⑥



考古学博物館を出てさらに坂道を登っていくと広場に出ました。
ちょうどマーケットが立っていましたが、野菜の大きさが日本とは全然違う!

2014 01 タラゴナ①


オリーブの塩漬けも色々あるんですね。
2014 01 タラゴナ③



一番高いところにあるカテドラル
ローマ帝国時代にはギリシャの神殿があったそうです。
2014 01 タラゴナ④



雑誌かなにかでしょうかね、カテドラルの前で撮影をしていました。
暖かいとはいえ冬に肩出しミニワンピは寒そう・・・。
ギャラが発生するといけないので顔出しはNGで(^^;)
2014 01 バルセロナ カテドラル前


こちらはカテドラル前の通り。
参道になるんでしょうかね。
2014 01 タラゴナ②




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

ロームルスとレムス

ローマにある狼と双子ちゃんの像、こちらにもあるんですね。…って、ローマに行った時に見た記憶は無く、「テレビでイタリア語」で紹介されているのを見ただけですけどね。(^_^;)
ヨーロッパは、どこを掘っても遺跡が出て来そうで、地下鉄なんかもそうそう引けない感じがします。事実、頓挫している工事現場もあちこちありますもんね。米原万里さんが、「外国は昔の建造物を今も大事に大学なんかに使っていたりするが、日本は…」なんてことを著書の中に書かれていますが、日本は木造建築が主ですから、厳しいですよね。お金に糸目をつけなければメンテナンスも可能なんでしょうが、欧米の石文化とは違いますから。
外国の野菜に比べると、日本の野菜は小ぶりで、大きさも揃っていますよね。よく考えると、大きさが揃っている方が不自然な感じがしますけど。野菜はともかく、卵が綺麗(清潔)な状態で売られているのは嬉しいです。ドイツの卵には、普通に糞とか羽とかこびりついていますから。

to:Kakaさん

ローマの狼と双子ちゃんの像はどこにありましたっけね?フォロロマーノかなぁ。やっぱりローマの遺跡とこの像は付き物ですよね。
古代ローマ帝国の領土を考えるとヨーロッパ中から遺跡が出てくるのも納得です。日本も奈良とかはそうみたいですね。日本で木造建築が主流なのは、木が豊富で地震で壊れても再建が簡単で尚且つ湿潤な気候に合わせてきたからだ聞いたことがあります。そういった事を知らなかったら米原さんの発言も仕方ないのかもしれませんが、日本が古いものを大事にしていないわけじゃないんですけどね・・・。
日本の野菜は大きさが揃うように農家が手間隙かけていますから。大きさに関しては土とか気候の違いはあるようですよ。ヤマザキマリさんがイタリアで大根や白菜を作ったらちゃんと育たなかったらしいですし。卵が生で食べられるのは嬉しいですよね。逆に、なぜ外国では衛生的に出来ないの?って思っちゃいますけど(^^;)

「ローマの狼と双子ちゃんの像」v-236
知りませんでした。

日本のどこにでもある、二宮尊徳像みたいなものでしょうか。

to:片田舎動物病院 院長さん

「ローマの狼と双子ちゃんの像」は
古代ローマ建国の物語に関係しています。
二宮尊徳よりは神武天皇に近いかもしれませんね。
でも、最近、二宮尊徳像は見掛けませんね。
例の「立ち読み推奨してんのか」批判のせいでしょうか。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。