FC2ブログ

平戸・佐世保の旅②

2014 長崎
05 /10 2014
つつじ祭りを後にして『松浦史料博物館』へ。
地図がざっくりだったので、下ればよかったところを間違えて上ってしまい、
ものすごく疲れました。見るだけなら素敵な坂道なんですけど・・・。
2014 04 平戸の坂道


『松浦史料博物館』は平戸藩・松浦家が明治に建てた私邸だそう。
松浦は「まつうら」じゃなくて「まつら」と読むんですね。
2014 04 平戸 松浦史料博物館⑨


展示は藩史にまつわる史料の他、南蛮貿易、キリスト教などの史料などなど。
中は撮影OKでした。
2014 04 平戸 松浦史料博物館④


豪華な汚道具類とか、
2014 04 平戸 松浦史料博物館①


狩野探幽の“狂獅子屏風図”とか、
2014 04 平戸 松浦史料博物館⑦


ザビエルとか、
ザビエルってポルトガル人だと思っている人が結構いるんですが、実はスペイン人なんですよね。牛追い祭りで有名なパンプローナのあるナバーラの出身だそうです。
2014 04 平戸 松浦史料博物館⑩


平戸生まれの鄭成功とか、
2014 04 平戸 松浦史料博物館③


“バテレン追放令”とか、
何気にスゴイ史料ですね。
2014 04 平戸 松浦史料博物館⑧



見学の後は同じ敷地にある喫茶『眺望亭』で一休み。
2014 04 平戸 松浦史料博物館 眺望亭④


眺望亭というだけあって眺めのいいお店でした。
2014 04 平戸 松浦史料博物館 眺望亭③


こちらではポルトガルのお菓子“ケイジャーダ”が食べられます。
ケイジャーダはチーズタルトのこと。

2014 04 平戸 松浦史料博物館 眺望亭②


ちなみに左はポルトガルのシントラで食べたケイジャーダ。奥の長いのはトラベッセーロ。
ケイジャーダもいろいろなタイプのものがあるようです。
眺望亭のケイジャーダは明治の町屋が残る通りにある菓子工房えしろというお店が製造元のようで、そちらでも買えるようです。
ポルトガルのケイジャーダ 2014 04 平戸 菓子工房えしろ


ワンともはアイスコーヒーでしたが、ダンナ・ピットは“BANZAIサイダー”
100年前に長崎で販売されていたものを再現したものだそうです。
横にあるクッキーもカネールクウクというポルトガルのお菓子。
2014 04 平戸 松浦史料博物館 眺望亭①


一休みのあとも平戸散策は続きます。




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

長崎に行ったのは学生だった30年前。
写真も無いので、ほとんど覚えていません。

今回も未知の世界を楽しませてもらいます。

こんな見所もあるんですね。

真面目に観光をしなかったので、全然知りません。ザビエルがスペイン人だということも知りませんでした。シーボルトがオランダ人だと思い込んでる人が多いのと似ているんでしょうかね。
喫茶『眺望亭』ですか? こんな素敵なお店もあるんですね。ゆったりお茶できそうです。また機会があったら、長崎をゆ〜っくり回ってみたいです。海辺の、ご飯の美味しい民宿とかもいいかも。(^_^)

to:片田舎動物病院 院長さん

30年前では変わった所も多いでしょうね。
史跡などは変わらなさそうですが。
昔は写真も気軽に何枚も撮れませんでしたからね。

未知との遭遇にお付き合いください(^ ^)

to:Kakaさん

憧れのお兄さんと一緒では観光も身に入りませんね(〃∇〃) シーボルトはポンペと混同されちゃうんでしょうかね。ザビエルはポルトガル船で来たので間違われちゃうんでしょうね。あの時代、日本に来るのってポルトガルかオランダだろうって思っちゃいますよね。
上り下りを気にしなかったら長崎は傾斜を利用した眺めのいいお店がたくさん造れそうですね。ワンともは次の長崎は離島に挑戦してみたいですね( ^ ^ )

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。