FC2ブログ

平戸・佐世保の旅③

2014 長崎
05 /15 2014
松浦史料博物館の後も街歩き。

明から移住してきた中国人が作った“六角井戸”
なぜ六角形なんでしょうね。
P1080371_20140513211554167.jpg



その傍にある“大ソテツ”
ソテツの枝ってこんなに自由に伸びるものなんですね。
P1080373.jpg



ちょっと歩いて、というか坂を上って“ザビエル記念教会”
爽やかな色あいの教会ですね。
P1080375_2014051321165905d.jpg


内部はこんな感じ。
昭和6年築だそうです。
P1080377_201405132115569bc.jpg



更に歩いて“寺院と教会の見える坂”へ。
この坂を下りていくと・・・
P1080379_201405132115584fa.jpg


お寺の向こうにザビエル記念教会が見える景色が現れます。
平戸ならではの景色だそうです。
P1080380_20140513211559461.jpg



坂を下って入り江の所まで戻り、ちょっと歩いて“幸橋(オランダ橋)”へ。
石造りのアーチ橋。
P1080381_201405132116290c8.jpg



幸橋を渡った所にある“英国商館遺址之碑”
P1080384_2014051321163128f.jpg



そこからまた歩いて商店街へ。
明治の町家が残る情緒ある街並み。
2014 04 平戸 街並み


こちらの商店街にある蔦屋という老舗でカスドースを買いました。
お店の創業は文亀2年(1502年)だそうです。・・・関が原より前かよ~。
カスドースは卵の風味が濃厚な高級感ただようお菓子でした。
2014 04 平戸 蔦屋 2014 04 平戸 カスドース



次は車に乗って『平戸城』へ。
平戸城は平地にある山や丘を利用して造った平山城というタイプだそうです。
P1080392_20140513211633904.jpg


天守閣からは来る時に渡った平戸大橋も見えました。
2014 04 平戸城②



平戸城の後は西の高野山といわれる『最教寺』へ。
唐から帰国した弘法大師が最初に護摩を焚いた所といわれているそうです。
節分には子泣き相撲が行われるそうですよ。

境内にある“石仏”
弘法大師にゆかりのお寺らしく四国八十八ヶ所の石仏が並んでいるそうです。
P1080402_201405132117294e3.jpg


弘法大師の1150年御遠忌の平成元年に建立された“三重の塔”
三重の塔のなかでは日本最大だそうで、暗闇の中を手で壁を触りながら一周する
地下胎蔵界廻りができるそうです。
善光寺のお戒壇巡りを思い出しました。
P1080403_20140513211700c00.jpg


陽も傾いてきたので平戸から宿泊ホテルのある佐世保に移動しました。




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

長崎といえば古い西洋と和の混在、
といったイメージがあります。

歩いていろいろ見て廻るのが一番ですね。

to:片田舎動物病院 院長さん

長崎市内は西洋との経済的な繋がりを感じましたが、
平戸はキリスト教の影響が色濃い感じがしました。
そして、長崎といえば「坂!」
徒歩がベストとはいえかなりシンドかったです(^^;)

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。