FC2ブログ

平戸・佐世保の旅④

2014 長崎
05 /17 2014
今回の旅行の宿は2泊とも佐世保の『ホテル弓張の丘』というところ。
ツアーが指定するホテルの中から選びました。
ちゃんと荷物持ってもらって部屋まで案内してもらうようなホテルに泊まったのって
いつぶりだろう・・・。
2014 04 佐世保 ホテル弓張りの丘⑥


ホテルのテイストは南欧風でしょうかね。
2014 04 佐世保 ホテル弓張りの丘③


山の傾斜を利用して建っているので客室はフロントより下の階にありました。
長崎は一般の住宅もそういうタイプのお家が多いですね。
部屋は広くて大きな窓とベランダ付きなので明るくて開放感がありました。
2014 04 佐世保 ホテル弓張りの丘②


バスルームも広め。
トイレはウォシュレット付きですがちょっと使ったことが無いタイプのものでした。
全体的に若干、古い感じはしましたけど、ちゃんと掃除も行き届いていて問題なし。
2014 04 佐世保 ホテル弓張りの丘⑦


連泊サービスでワインとおつまみも頂きました。
希望の時間に部屋まで持ってきてくれます。
全部で3つの中から選べるんですけど、カフェの軽食とあと1つはちょっと忘れちゃいました。
2014 04 佐世保 ホテル弓張りの丘①


このホテルは弓張岳という山の山頂近くにあるので眺めがとっても良かったです。
部屋の正面からは長崎の景勝地“九十九島”が見えましたし、
2014 04 佐世保 ホテル弓張りの丘⑤


少し横に目を向けると佐世保港の軍艦も見えました。
もっと秘密な感じなのかと思ったんですけど結構見えてもOKなんですね。
2014 04 佐世保 ホテル弓張りの丘④



ホテルからは市街地まで無料のシャトルバスが出ています。
そのシャトルバスに乗って一日目の夕飯を食べに出掛けました。


お店は島地町というところにある『つみきばこ』という和食のお店です。
直前の予約でしたけどカウンターの席が空いていて良かった。

暗くて分かりづらいですが、こちらも佐世保らしく傾斜を利用した建物で
戦前からある町家だそうです。
P1080414.jpg


まずはビール。
このビール、アサヒのプレミアム生ビールで熟撰、めちゃめちゃ美味しかったです。
P1080416.jpg


食事は3,800円のコースを頂きました。

左側の豆腐はとうもろこし豆腐だそうですが、とうもろこしの風味がたまらなくおいしかったですね。ワンともはとうもろこしが大好きなのであと10個ぐらい食べたかったです。
P1080417.jpg


きれいなお造り。
長崎ではヒラマサのことをヒラスというそうです。
P1080418.jpg


木の芽の香りが清々しいお吸い物。
具は筍のしんじょだったかな。違ったかな。
P1080419.jpg


マリネ系いろいろ。
まろやかな酸味でビールがすすむ。
P1080420.jpg


お肉も柔らかくて、ほどよく染みた煮物。
醤油の違いでしょうかね、東と比べるとちょっと甘めでまろやか。
P1080422.jpg


揚げ出し豆腐。
豆腐のコロモがもったりべチャットしていなくてしっかりしていました。
P1080423.jpg


ちょっと洋風のパイグラタン。
こんな手の込んだものが出てくるなんて・・・。
P1080425.jpg
P1080426.jpg


そして、ご飯とお味噌汁とお漬物。
ワンともも最近、ぬか漬けを始めたんですけど、ぬか床が若いからまだまだぬかの風味がなくてただの塩漬けになっちゃうんですよね。
こちらの糠床をちょっと分けて欲しいなぁって思いました。
P1080428.jpg


最後にデザート。
リンゴのコンポートとイチゴのババロア。
ホイップクリームにもナッツを散らすひと手間。
P1080429.jpg


いや~、大満足の夕食でした。




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

良いホテルでしたね。

少人数の夫婦二人で、
このようなホテルに泊まってみたいです。

to:片田舎動物病院 院長さん

いつもリーズナブルなホテルばかりだったので、
久々に優雅な気分になりました。
うちは一度、子供と一緒にというのを
経験してみたいですね。

南欧風の可愛いホテルで、眺めも良くて、滞在してみたいです。
連泊サービスがあるなんて、気が利いていますね。しかも選択肢もあるなんて。こんなプラスアルファがあると、とってもうれしいです。

坂の町

たまに行くと風情があっていいんですよね。でも… 実際に住むと大変です。私は寮に帰るのも、学校に行くのも登り坂だったので、一旦登校すると空き時間があっても途中で下りるということはありませんでした。(^_^;)
夏に行くと、プールで泳げたんでしょうね、こちらのホテル。優雅な造りですね。純和風の旅館も良いんですが、こういう洋風なホテルは使い勝手が良さそうです。
学生時代にバイトしていたホテルの宴会場には、長崎の町の名前が付いていたんですが、九十九もその一つでした。後は稲佐、他は… 覚えていません。「x海」って印象はあるんですが「x」が思い出せません。佐世保かぁ。ご土地グルメは佐世保バーガーでしょうか。横浜で初めてたべましたけど。(^_^)

to:夫婦ともかっぱさん

眺めが良くてスタッフの対応も感じよかったです。あと大浴場もあって手足を伸ばして坂道観光の疲れを取りました( ^ ^ )
連泊サービスのワイン、美味しかったです(〃∇〃) 湯上りにゆっくり頂きました。チェックインまで知らなかったので予定外のサービスは嬉しかったですね。

to:Kakaさん

ワンともの実家の方も山なので割りと坂は多かったんですけど、さすがに長崎にはかないません。ワンともが通った学校は全部丘の上にあったので坂道はそこそこ慣れていたんですけど、長崎とは傾斜角度が全然違うんですよねぇ。ま、坂あってこその景観なんでしょうけど生活はホントに大変だと思います。
あのプールは泳げるんでしょうかね。フロントのあるフロアのテラスから丸見えなんですけど。純和風の旅館もいいですが、ダンナ・ピットの腰がヤバイのでベッドの方がいいようです。和風旅館でも和洋室のようなタイプが理想ですね。
宴会場がいっぱいあったんですね、バイト先のホテル。「X海」は「有明海」とかでしょうか。佐賀のイメージが強いですが。もちろん佐世保バーガーも食べましたよ。でも、ワンともも初めて食べたのは東京です(^^;)

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。