FC2ブログ

ドッグ・ドック(Dog Dock)

ワンコ
05 /27 2014
去年に引き続き今年も我が家の愛犬・ちゃまがドッグ・ドックを受けました。

検査の結果、ほぼ正常値で内臓等に特に大きな問題はありませんでした。
ヘルニアも大丈夫。
2014 ドッグドック②

去年、所見の見受けられた白内障ですが1年経ってほぼ進行が見られなかったので、白内障ではなくて水晶体の古い細胞が上手く入れ替わらずに溜まってしまう何とかいう症状じゃないかということでした。

少し肥大があった前立腺もほぼ進行なしでこちらも一安心。

しかし、気になる新しい所見が・・・。
心臓が若干、肥大しているのと左側の弁が緩んできてやや血液の逆流がみられるそうです。聴診器では正常に聴こえるらしいんですが、心電図とエコーには若干乱れが表れていました。
今すぐ投薬という状況ではないようなので3ヵ月ごとに様子をみることになりました。

ちゃまも6月でもう11歳ですからね、何かしらトラブルが増えてくるのは仕方ありませんが、できれば元気な老後を送って欲しいと思っています。
2014 ドッグ・ドック①
「またダマされたワン。ふて寝ワン」




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

やはり、異常が出てからの受診ではなく、
定期検診が大事ですね。

to:片田舎動物病院 院長さん

元気そうに見えても確実に老化しているんですね。
一病息災で長生きしてほしいと思います。
病院に行く回数が増えてワンコには厄災でしょうけど(^^;)

ワンちゃんの病気も・・・

人間の病気と同じですね。今の職場では、人の「既往歴」も目にしますが、多いです、人間の男性の前立腺肥大。
三ヶ月ごとの経過観察が必要だということですが、大事無くてよかったです。ワンちゃんなりに健康で長生きしてくれるといいですね。

to:Kakaさん

小型犬の11才は人間でいうと60才ぐらいなのでどこかしらガタはきますよね。前立腺肥大はあまり進行していなくて一安心でした。人も50代後半ぐらいから前立腺の検査をした方がいいみたいですね。最近、健康診断の数値解釈が変わって「ん!?」って感じです。今までが厳しすぎたのか新しい基準が怪しいのか・・・?

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。