FC2ブログ

富山の旅⑨ ~ 黒部峡谷鉄道 ~

石川・富山・福井
10 /07 2014
富山最終日は少し早くホテルをチェックアウトして黒部峡谷へ。

富山市内から黒部峡谷鉄道「宇奈月駅」までは高速を使って1時間ちょっとぐらい。
最近、黒部峡谷トロッコ電車のCM、やってますね。
黒部峡谷は10月下旬から11月上旬が紅葉シーズンだそうです。
ワンとも達が行った9月中旬はまだまだでした。
P1090727.jpg   
P1090730.jpg P1090728.jpg



トロッコ電車
P1090799.jpg
『欅平駅にて』



オープンタイプはイスがベンチでしんどそうなのでリラックス車両に乗りました。
なにせ欅平まで1時間20分ほどかかるので。
車内では富山出身の室井滋さんの声でルート案内があります。
運賃は宇奈月から終点の欅平まで片道2,240円(リラックス車両代530円含)。
P1090731.jpg



赤いアーチ橋『旧山彦橋』
同じ赤いアーチ橋の『新山彦橋』を渡る時に見ることができます。
P1090734.jpg



2001年完成の一番新しい『宇奈月ダム』
赤い橋が印象的です。
P1090740.jpg



ヨーロッパのお城の塔のような形の『新柳河原発電所』
P1090744.jpg



一番手前の吊橋はサル用の吊り橋なので手摺がありません。
運がよければサルが渡っている所が見られるそうですが、
この日は残念ながら見かけませんでした。
黒部峡谷鉄道 猿用吊橋



こっちは人用の吊り橋。
この吊り橋かどうかはわかりませんが、記録映像でも映画でも吊り橋を渡っている様子がありましたけど、どっちもゾワゾワするほど怖かったです。
黒部峡谷鉄道 吊橋



石仏の形をした天然岩。
入山者の安全祈願をしていたそうです。
P1090755.jpg



実際の距離はこんな感じ。
頭巾と前掛けはどうやって替えているんでしょうね。
道、あるのかな?
P1090757.png



後曳橋を渡るトロッコ電車。
高さ60m! 下を見ると怖いです。
リラックス車両はまだマシですが、オープン型の車両はけっこう怖いと思います。
P1090769.jpg



遠目から見るとこんな感じ。
P1090763.jpg



昭和60年に完成した『出し平ダム』
P1090775.jpg



線路の向こうに見える四角い小窓は冬期歩道に開いたもの。
トロッコ電車を動かせない冬期の保守点検は、この冬期歩道を徒歩で行くそうです。
片道約20km、約6時間かかるそうですよ。
電気の安定供給のためにこれだけの苦労と危険を冒しているんだと思ったら、
誰かさんみたいに「たかが電気」なんて無神経なこと言えませんよね。
P1090777.jpg



ねずみ返しの岩壁
P1090782.jpg



『黒部川第二発電所』と目黒橋。
どちらも戦前の名建築だそうです。
P1090844.jpg



出し六峰
六つの岩山が屹立する所なんですが、寄り過ぎて3つぐらいしか見えない・・・
P1090793.jpg



こちらは昭和11年完成の『小屋平ダム』
映画『黒部の太陽』に出てきた高熱隧道の難工事で有名な仙人谷ダムは
このダムとそっくりなんだそうですが、「黒部ルート見学会」に申込まないと行けないそうです。
P1090798.jpg



終点、欅平へ。


見所では速度を落としてくれるんですが、
動いている電車からの撮影はちょっと大変でした。




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

黒部峡谷に行ったことのない
不届き富山県人です。
トロッコ電車にも乗ったことありません。

確かに、紅葉がきれいに見られるそうですね。

to:片田舎動物病院 院長さん

いやいやいや、ワンともも地元の有名どころで
行ったことの無い場所はいっぱいあります。
どうしても近場は後回しになりがちですよね。
ま、でも、黒部峡谷とトロッコ電車はおすすめですよ。

富山は黒部に限らず紅葉の名所が多そうですね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。