FC2ブログ

バルセロナ&ウィーンの旅⑬ ~ザルツブルグⅠ~

2015 バルセロナ&オーストリー
02 /12 2015
オーストリア2日目はザルツブルグへ。

今回は海外オプショナルツアー予約専門のVELTRA(Alan1.net)から、
ウィーン発のザルツブルグ日帰りツアーを申し込みました。

最初は鉄道を使って自力で行く予定でしたが、運賃とツアー料金があまり変わらないうえ、意外と遠いので効率を考えてツアーにすることにしました。

英語ガイドツアー109ユーロ×大人2人=218ユーロ(33,056円)。
申し込んだ時のレートで換算され円での支払いになりますので上記の金額は確定金額です。ウチが申し込んだ時は1ユーロ=151.63円だったのかぁ…。
催行人員は4人からなので、4人に満たなかった場合は後で返金されます。

VELTRAのツアーは前日に現地催行会社まで電話でのリコンファーム(予約確認の連絡)が要ります。
でも、前日はバルセロナからの移動日で夕方着だったので、営業時間内に電話ができるかどうか分からなかったんですね。
その旨をVELTRAにメールで問い合わせたんですが、「前日までにちゃんと現地に入っているかどうかの確認なので留守電にメッセージを残すなりして必ず電話してください」ってしか返ってこなかったんですね。

仕方が無いのでちょっと不安なまま出発して、なんとか営業時間内にホテルに着いたので、フロントのお姉ちゃんに予約確認の電話をしてもらおうと思ったら断られた…という事がホテルの記事に繋がるんですが、VELTRAの確認書にも「ホテルのフロントに言えば電話をしてくれます」って書いてあるんですよ。
電話、してくれませんでしたよ、VELTRAさん。
それから催行会社の営業時間が19時までになっていましたけど、18時前に電話したら留守電になっていましたよ。17時の7を7時と読み間違えたんじゃないですか?

同じツアーで日本人の母娘と一緒になったんですが、記載を見落としていてリコンファームはしていなかったようなんですけど、特に問題はなかったみたいです。

VELTRAの口コミを見てもリコンファームのトラブルというか曖昧な部分が混乱を招いているようです。早くなんとかしたほうがいいでしょう。

あと、無料でホテルから集合場所までの送迎サービスがあるんですが、あまり評判が良くないので自分たちで集合場所まで行きました。



さて、肝心のツアーの方ですが、朝7時にオペラ座の前に集合。
これもバスが停まっているだけでなんかちょっと分かりづらかったです。
朝7時だというのにまだ真っ暗で様子もよく分からなかったし。
バルセロナもそうでしたけど8時頃にようやく明るくなるんですよね。

ツアーは大きな観光バスに日本人、イギリス人、スペイン人の12人ほど。
ガラッガラでしたけどオンシーズンは満席になるらしいです。
これにガイドのおじさんとドライバーのおじさん。
P1110361.jpg
『途中のサービスエリアにて』



途中の見所などを英語とスペイン語で解説しながら進みます。
ノイシュバンシュタイン城のツアーガイドさんも3ヶ国語を話していましたっけ。
P1110369.jpg
オーストリアの高速道路』
ベンツにアウディにBMWにVW…高級車ばっか




2時間ほど走ってからサービスエリアで休憩です。
こちらで朝ご飯を食べました。
ガイドさんが「ここは美味しいよ」って言っていた通り、種類も豊富で美味しかったです。特にスープが美味しかったですね。
ただ、美味しいけど高い…これで3,000円ぐらいしました。
1ユーロ=100円なら2,000円ぐらいで済むんですけどね。ま、旅行だから払っちゃいますけどね。
ザルツブルグ・ツアー 往路SA①



この後、しばらく走ると湖が見えてきました。
ザルツカンマーグート地方です。

ザンクトギルゲンで停車して少し休憩も兼ねた散策。
この町はモーツァルトのお母さんの出身地でお姉さんの嫁ぎ先だそう。
後で知ったんですが少し離れた所にモーツァルトハウスなどがあったようです。
P1110374.jpg
『ヴォルフガング湖』



水が澄んでいてとってもキレイでした。
スペインの人が自撮り棒に付けたGoProを湖に突っ込んで水中を撮っていました。バルセロナでも頻繁に見かけたんですけど、ヨーロッパでは自撮り棒とGoProが流行っているようです。
P1110379.jpg



GoPro(ゴープロ)と自撮り棒(セルフィー)ってこんなのです。
GoProは芸人がバンジーとかする時にヘルメットに付けてるやつですね。





この対岸のザンクトヴォルフガングから登山鉄道に乗ると、「サウンド・オブ・ミュージック」のドレミの歌で有名なシーンが撮影された場所へ行けるそうですよ。
ザンクトギルゲンからザンクトヴォルフガングへは船で行くらしいです。
P1110375.jpg



この後は、一路ザルツブルグへ。
沿道は少し雪の残った牧歌的な農村風景がメルヘンな感じでした。




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

No title

英語のツアーですか。

25年前シンガポールに行ったとき、
タイガーバームガーデン(現ハウパーヴィラ)で
英語の劇を訳も分からず見ていたのを思い出しました。v-236

to:片田舎動物病院 院長さん

日本語のツアーは高いんですよ。
英語は所々しか分からなかったので、
全体的に分ったよな雰囲気で通してました(^_^;)

ウチはタイガーバームガーデンは行ってないですね。
なんか、エキセントリックなガーデンですね(・_・;)

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。