FC2ブログ

麦飯

世間話し
04 /24 2015
「貧乏人は麦を食え」
世代によっては懐かしいフレーズですね。
(ワンともはまだ生まれてませんよっ!)

「所得に合った食生活を」という意味合いで発言した池田勇人の発言が
悪意で報道されて広まった言葉ですが、今では麦を食べた方が健康にいいということで、お金持ちも率先して食べるようになりましたね。
参照:『麦ごはんのパワー』
P1110878.jpg


白飯大好きな我が家ですが、我が家も健康を気にして
麦飯にトライする事にしました。

白米1カップ半に押し麦半カップの割合で炊いています。
水加減は白米を炊く時と同じ2合の目盛りで。
P1110879.jpg
混ぜる前なので麦が上にきています。



麦飯で気になるのは食感。

ワンともは子供の頃、実家が麦飯だったのであまり気になりませんが、
ダンナ・ピットも麦飯は抵抗なく食べています。

牛タン定食のご飯は必ず麦飯なので、
かつての仙台生活で慣れていたからかもしれませんね。

麦飯にしてからご飯の量を元に戻しました


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

No title

我が家では押し麦ではなく、丸麦を使います。食感を良くするために、麦と同量のもち米も加えます。

Re: No title

麦もいろんな種類があるんですね。うちの近所で手に入るのは押し麦か胚芽押し麦だったのでオーソドックスに押し麦にしましたが、丸麦を見かけたらトライしてみますね。

No title

我が家も一時期、玄米を食べていたことがありましたが、
年寄りが「昔を思い出すから嫌だ」ということで、
また白米に戻りました。

No title

私は雑穀米はちょっと苦手なんですが
麦飯は牛タン定食のおかげで
抵抗なく食べれます。てか好きです(笑)
癖もないですしね~♪

↓55インチは迫力ありそうですね
すごいなぁ~いいなぁ~( *´艸`)
重さも半分になってるなんて技術の進歩は
目覚ましいですね( ゚Д゚)
我家は16年使った洗濯機を先月買い替えました
まだ使えそうだったんですけどネ(笑)
やっぱり壊れてから買い替えると
高い時期に買うことになると思って
3月の決算期につい(笑)

健康食

いいですね、玄米。米を普通に食べていた頃は、十六穀米を混ぜて炊いていました。ちょっと高いけど・・・  うちの両親世代は、雑穀とか、玄米を好みません。「仕方なく」食べざるをえなかった時期があるからかもしれませんね。糖尿病の父としては、絶対、玄米ご飯の方が良いのに。
最近の定食屋さんでは、白米と雑穀米を選べるところもありますよね。今はむしろ白米よりも高価なイメージがあります。

Re: 片田舎動物病院 院長さん

ワンともの実家も麦飯のあと玄米の時期がありましたが
いつの間にか普通の白米に戻ってました。
玄米に比べると麦飯のほうがクセはないですね。

戦後はイモばっかりだったせいか
うちの父親はイモ類が嫌いでしたね(^_^;)

Re: まんたさん

雑穀米も以前に比べるとだいぶ食べやすくなりましたけど
やっぱりクセはありますもんね。
麦飯の評判の裏に牛タンあり、ですね。
とろろも外せません(*^^*)

55インチは思ったほど大きさは感じません。
意外にも高さは前のテレビのほうがありました。
古いテレビはスタンドとフレームが大きかったんですね。
ウチも3月決算の時に買おうかどうか迷ったんですよね。
最初に狙っていた50型が決算後に値上がりしてしまったので
ちょっと足して55型にしたんですが、
逆に55型は値下がりしたので結果オーライですかね。

ウチも次は洗濯機がやばそうなので
またタイミングを図らないと。
前のテレビと同時に買ったからか、
調子悪くなるのもだいたい同じですね(^_^;)

Re: Kakaさん

玄米じゃなくて上白米に押し麦を混ぜて炊いています。玄米はちょっとクセがあるのでダンナ・ピットには無理そうです。ワンともの実家でも一時期玄米食だったことがあるんですが、あんまり美味しくなかった記憶があります。調理実習の時に持っていくのも嫌でしたね、一人だけ米の色が違うから(~_~;) 十六穀米はたまに食べます。ホント、高いからたまに(^_^;)
ワンともの父親はイモ類が嫌いでしたね。子供の頃は米もなくてイモばっかり食べていたからみたいですよ。祖母は三温糖より上白糖でした。やっぱり戦前から戦後すぐの頃の価値観と食料事情が影響しているようでした。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。