FC2ブログ

旧新橋停車場 「野球と鉄道」

美術館・博物館
06 /11 2015
先週の土曜日に旧新橋停車場『鉄道歴史展示室』に行ってきました。

企画展の内容は「野球と鉄道」
鉄道と野球①



明治時代に誕生した日本初の野球チーム「新橋アスレチック倶楽部」
創設者は新橋鉄道局の技師・平岡ひろし。
日本初の野球場もこの新橋停車場の敷地内だったそうです。
鉄道と野球②
レトロなユニホームは品があっていいですね。



その後、昭和11年に職業野球(プロ野球)が誕生。
昭和14年秋季リーグのポスター(※パンフレットより)
鉄道と野球③
制服軍人無料というのが戦前っぽい。
同伴お子様無料は何歳までが対象なんでしょうね。



こちらはプロ野球結成年に名古屋の鳴海球場で行われた
東京巨人軍-名古屋鯱軍の写真(※パンフレットより)。
鳴海球場の運営は名古屋鉄道が行っていたそうです。
鉄道と野球⑦



昭和12年に開場した西宮球場のポスター(※パンフレットより)。
鉄道と野球⑤



こちらも昭和12年の藤井寺球場を背景にした大阪鉄道の電車。
(※パンフレットより)
鉄道と野球⑥

大阪鉄道は現在の近鉄でしょうか。
この球場は実際に見たことがありますが今はもうないんですよね。



それから「大阪スタヂアム」(※パンフレットより)
こちらは南海電鉄の運営でしたね。
鉄道と野球⑧
こちらも実際に見たことがありますが、こちらももう無いんですよね。



そういえば、かつて東京都江東区の海の側にあった『洲崎球場』

カニが這いずり回り、満潮になるとグラウンドが水没するような球場だったそうですが、戦前の名勝負があったのも川上哲治がデビューしたのもこの球場だったそうです。

洲崎球場までの主な交通手段は市電(路面電車)だったようですね。
選手は市電で移動していたらしいですよ。

しかし、後楽園球場が出来たのち閉場解体。


その洲崎球場の復元模型が展示されていました。


日頃、野球ほとんど観ませんが、こうした歴史はとても興味深いですね。


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

「巨人の星」の初期は
川上さんが監督でした。

さらに古い時代ですね。

Re: 片田舎動物病院 院長さん

亡くなった今でも川上哲治といえば巨人の監督で
選手だった頃が全く想像できないですね、
古すぎて(笑)

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。