FC2ブログ

新国立競技場、白紙見直し!

世間話し
07 /17 2015
新国立競技場の建設計画が白紙になって嬉し~い

最初からあのデザインが嫌で、嫌で仕方なかったので。

あんな醜悪で日本らしさの欠片も無いスタジアムができるぐらいなら
旧国立競技場を大きく作り直して、客席の上にだけ屋根を付ければいいと思っていました。

スタジアムはシンプルな方が機能的でカッコいいんです。

今さらながらデザイン決定の経緯が取り沙汰されていますが、
“国際コンペの条件を決める”のを決める時から変だったんですね。

今さら犯人捜しをしている場合じゃないんでしょうけど、白紙見直しによって数百億円は無駄になるわけですから有耶無耶にして欲しくありませんね。


予算はやっぱり当初の予定の1,300億円以内でしょうか。

よく直近の中国や英国のスタジアム建設費と比較されますが、それはちょっと違うのかなぁと思うんですね。
どっちも耐震設計しなくていいいですし、中国の場合は人件費なんてほぼダタでしょうし、費用の半分は担当者がガメてるでしょうし、材料は日本から盗んでいった側溝の蓋とかですし、基本オカラ工事ですしね。


そこで気になるのが東京都の負担分500億円ですよ。

森元首相が言うには、国と東京都が折半にするという約束があったので、都知事選の時に自民党はマスゾエを押したそうなんですね。

これが本当なら国が東京都に500億円の協力を要請するのは当然。
むしろ約束を破ったのはマズゾエですよね。

ま、こいつは自分への風当たり如何で態度をコロコロ変える卑怯者なので、約束を反故にしたとしても不思議ではありません。

「都民の血税がぁ」という割には『外遊で豪遊』

特に思い入れのある韓国では2泊3日で1,000万円超の出費!
これだけ遣って成果はあのダサい観光ボランティアの制服だけ。

マスゾエが遊び回っている裏で都民の税金は年々大幅に上がってますよ。

しかし、これに突っ込むマスコミはほとんどありません。


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

いや~よかったよかった!このまま突っ走ってあんな巨額のスタジアムを作ったら折角日本中が盛り上っている夢に水を差すだけ。土壇場で漸く決断をしてくれました。安倍総理も安保法案の議論が理解を得られないまま突っ込んでいき支持率が一挙に落ちたことへの危機感の現れですね。日本らしい和風で心にいつまで残るデザインがいいとは思いますが、皆が一つの気持になって安全・確実に大会が運営されることこそが第一番!スタジアムが五輪の主役ではない!

どいつもこいつも、
目糞鼻糞ですね。

Re: RWさん

お返事が遅くなってスミマセンm(__)m

もうちょっと早く決断してもらえたら良かったんでしょうけど、走り出していたプロジェクトを途中で止めるのは何かと大変だと思います。安保もスタジアムもマスコミが中立公平に報道する気が無いので理解を得られない状態は続くでしょうね。みんなが一つの気持ちになるのもマスコミの誘導次第でしょうか(苦笑)
新しいスタジアムは長く親しまれる聖地にふさわしいデザインになる事を期待しています。

Re: 片田舎動物病院 院長さん

目糞鼻糞が気を悪くしますよ~(笑)

どいつもこいつもゴミ以下…
あ、ゴミに悪いですね(^_^;)

同感!

デザイナーに責任は無いとは思いますが、過去に「フォルムが斬新すぎて建築できない」建物が多々あったそうじゃないですか、このデザイナーさん。彼女の責任というよりは、彼女のデザインを採用した人間の責任だと思います。
計画を白紙に戻し、世界に恥は晒したものの、賢明な決断だったと思います。安倍さんは、オリンピックどころではないでしょうし。
近未来的なデザインではなく、日本的なシックはデザインが採用されたら嬉しいです。
都知事は、猪瀬さんのままでよかったんじゃないでしょうか? ハメられたんでしょうかね? 

Re: Kakaさん

今回はデザイナーに責任は無いかもしれませんが、現実味の無いデザインを連発するのもどうかと思いますよね。でも、そもそも期間と費用を度外視したデザインだけのコンペを策定した人が一番悪いような気がします。
デザイン変更はこれまでにもあって別に恥でも無いようなんですが、変更したくない人達と政府批判したいマスコミが「恥だ」と騒ぎたてたみたいですよ。
今度はちゃんと専門家が工期と費用と機能性を考慮して真面目に選んで欲しいですね。
都知事は猪瀬さんのままで良かったですよ。彼の金銭面が問題なら、何故マスゾエも問題にならないのかが不思議ですよ。こんなんだからマスコミが信用されなくなったんですよね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。