FC2ブログ

魅力度ランキング最下位!茨城の旅⑥ 水戸「偕楽園」

茨城
07 /29 2015
翌日は日本三大名園の一つ水戸「偕楽園」へ。


偕楽園下の駐車場から偕楽園に向かう途中にある常盤神社
創建は明治6年。水戸黄門で有名な徳川光圀と徳川斉昭をお祀りしているそうです。
P1120628.jpg



偕楽園東門から中に入るとまず目に入ってくるのが梅園。
有名な「水戸の梅園」ですね。夏場はこんな感じです。
P1120632.jpg



こちらは「偕楽園記の碑」
反射して見えづらいですが偕楽園を造園した徳川斉昭の直筆で由来などが書かれているそうです。
徳川斉昭は最後の将軍・徳川慶喜のお父さん。
P1120634.jpg



その傍にあるのが「好文亭」
斉昭みずからの設計だそうです。
空襲で焼けて昭和33年に復元。
P1120639.jpg

P1120636.jpg P1120689.jpg



「菊の間」「桃の間」「紅葉の間」など名前にちなんだキレイな襖絵の描かれた部屋がいくつもありました。


広くてゴージャスなのにここは食事の支度をする所だったそうです。
P1120644.jpg
『菊の間』



こちらも広めで華やかなのに藩主夫人の侍女達の詰め所、休憩所だったそうです。
P1120657.jpg
『桜の間』



こちらが最貴の間一つだそうです。
P1120651.jpg
大正天皇も宿泊した『梅の間』 


上品ですが貴賓室ほどそんなに広くないし華美でもありません。
庶民なので、広くて華やかな方がいい場所だと思っちゃうんですよね。


で、こちらが『君主の間』
一番質素ですね。
P1120666.jpg



弧を描く連絡通路と窓は篠でできた格子。
P1120660_20150729185322bb5.jpg



『東塗縁広間』
ここでは家臣や庶民の老人を招いて養老の宴を催したそうですが、
招かれるのは家臣80歳以上、庶民90歳以上なので、人生50年の時代にどのぐらいいたんでしょうね。
P1120668.jpg



アジロ張りの天井や凝った襖。
P1120667.jpg P1120669.jpg



2階もあって、階段下は収納?
ウチはトイレですよ。
それにしても階段が急!
P1120671.jpg



トイレといえば昔のトイレもありましたよ。
畳敷きなんですね。
P1120663.jpg



あと、滑車を使って一階から二階にお膳を揚げるシステムもありました!
P1120677.jpg P1120674.jpg



それから、雨水が何処に行くのか気になる屋根。
P1120684.jpg



2階、楽寿楼からの眺め。
向こうの池は千波湖。
P1120681.jpg


昔のお屋敷でも高山陣屋は涼しかったですけど好文亭は暑かったです。
水戸は平野で海が近いし昔はこんなに暑くなかったから高山ほど避暑対策しなくても良かったんでしょうかね。高山も今年は暑いのかな…


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

偕楽園に行ったのはもう25年前、
全く覚えておりません。

トシをとり、
もう一度ゆっくり散策したいですね。

Re: 片田舎動物病院 院長さん

行かれたことがあるんですね、偕楽園。

もし、また行かれるなら夏以外をお勧めします。
やっぱり梅の季節が一番でしょうね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。