FC2ブログ

ユーロ紙幣

旅行(travelog)
08 /14 2015
今年、初めてヨーロッパ旅行に行った義理の両親。

先日、帰省した時に残ったユーロを渡されました。

ユーロのデザインが新しくなっていたなんて、知らなかった。
サイズも一回り小さくなってる。
ユーロ新旧



50ユーロ紙幣は初めて見ました。
ユーロ新デザイン

20ユーロと50ユーロの偽造が一番多いそうです。
やっぱり定期的に変更しないとダメなんですね。


旅行に行く前にウチに残っていたユーロをいくらか渡してあったので、
それに自分達で換金した分を併せて持って行ったようです。

いつでも換金できるウチの近所の都市銀より地銀の方が新デザインなんだ。

その地銀には外貨が常備されていないので、まず希望の金額を申請して後から受け取りに行くというシステムなんだそうです。
ワンともはその場で即換金しかした事がなかったので、「へぇ〜」ですよ。


義理の両親が参加したのは、全行程、添乗員付き食事付きという完全ツアー。
クレジットカードもあるので思ったより現金は遣わなかったんだとか。

結局、ウチが渡した分ぐらい残って返ってきました。

「また、行くかもしれないから取っておいたら」と言ったら「もう、ヨーロッパは行かない」そうです。

結構疲れたのと、添乗員があまり良くなかったらしくて。
「これが最初の海外旅行だったら海外にはもう行っていない」って。
この添乗員の罪は重いゾ!

ただ、ツアーの内容と参加者はとっても良かったらしいので、ホント、
ガイドだけが残念でした。

まぁそうは言っても、行けるうちはどんどん出掛けて欲しいですけどね。
※C国とK国は除く。


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

C,Kですね。我が家も行かないかな。(行かなくてもあちらから来てるのでね。)
私は母と一度だけツアーで海外に行ったことがありましたが、よほど疲れたらしく、数年後、スペインに誘ったら即座に断られました。私は、年とっても気弱にならず、足腰丈夫で元気なうちにガンガン出かけたいですが、いつまで行けるでしょうねえ。80歳?90歳?

Re: 夫婦ともかっぱさん

反日の国に何度も行く人も嫌いな国に来る人もその神経がわかりません。
義父母には最初の海外は台湾を勧めましたけど、親日で良かったみたいですよ。
欧州は無理でもハワイとかバンクーバーとかだったら行けるんじゃないかなぁと思うので、どんどん行って欲しいですけどね。足腰が達者なうちは行けると思いますよ。結構年配の人たちのツアーも見かけますしね。行けるのなら何歳まででも(^^)

私がヨーロッパに行ったのは
新婚旅行の25年以上前。

7か国周遊したので、行く先々で3000円ずつ
当地の貨幣に両替していたのが懐かしいです。

Re: 片田舎動物病院 院長さん

7ヶ国周遊はすごいですね。
どこを回られたんですか?

ユーロ導入後は便利になた反面、
物価も高くなって、紙幣も出入国スタンプも
統一されてちょっと面白味に欠けますね。

財政破たんのG国も心配ですが、とりあえずユーロ崩壊局面にならず何とか小康状態ですね。

Re: RWさん

G国政府もお金に困って戦時賠償を持ち出すようじゃC国やK国と同類ですね(-_-) 独仏に借金漬けにされてちょっと同情していたんですけどね…

残念…

義理のご両親はのガイドさんは残念な方だったんですね。うちの母は身体的に無理でも、父にはもう一度くらいヨーロッパ旅行にでかけて欲しいところです。無理かなぁ… 
50ユーロ札は、結構出回っていますが、100ユーロ札、200ユーロ札は、数える程しか手にしたことがありません。小さな商店では、50ユーロ札ですら受け付けてくれないお店もありますし、もしくは、お札を機械にかけてチェックされたりもしましたね。デビットカートも発達していましたから、現金を使うことが日本よりも少ないというのもありますが。最近はそこそこ増えましたが、日本では、まだまだクレジットカード、デビットカードが使えないお店が多いですよね。店頭に「クレジットカード使用可」のマークが付いているのに、小額だったり、ランチ時だったりすると、但し書きも無いのに使用不可と言われると、ムッとしちゃいます。
硬貨とか、紙幣とか、興味のある人はよく見ていますよね。デザインの違う1ユーロ硬貨を集めている人も結構いましたが、私は全然目がいきませんでした。(^_^;)

Re: Kakaさん

義父母の欧州旅行のガイドはまだ若い女の子で、正社員で欧州担当というのをちょっと鼻に掛けてて感じ悪かったらしいんですが、そのくせ英語も現地語も怪しくて結構ミスってたらしいです(~_~;) お母さんはKakaさん夫婦と一緒でもキビシイですか?まぁ、両親の体力を考えると、ツアーは優先や優遇もあって楽は楽なんですよね。
アメリカでも高額紙幣を出すと面倒な状況になるらしいです(~_~;) ウチはいつも外貨ATMの100ユーロパックでしか換金しないので、50ユーロは見たことが無いんですね(^_^;) 国内も地方に行くと現金払いが多いですよね。お店も入金と仕入れの都合とか手数料とかがキツイのかもしれませんけど。確かにカードが遣えないなら但し書きは欲しいです。現金無かったらどうするんですかね。食べちゃった後だとマズイですよね。そういえばミラノで「レジ閉めたから現金で払って」いうのがありましたけど、十分な現金を持ってなかったらどうすんだよって思いました(~_~;)
ユーロコインの違い…ウチも特に意識して見たことはないですね。言われたら見てみるぐらい(^_^;) バルセロナの広場で古銭市とか古切手市とかが出てるのを見ると、世界的にコレクターっているんだなぁって思います。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。