FC2ブログ

バルセロナからの手紙

サッカー観戦
07 /15 2008
Official Letter from BARCELONA ~♪

昨日、FCバルセロナから手紙が届きました。
ラポルタ現会長ほか役員に対する不信任投票の参加のお知らせだです。
FCバルセロナは市民クラブなので、クラブを運営する会長をソシオ会員の投票で選びます。ウチもダンナ・ピットがソシオ会員なので立候補しようと思えばできます。今回の不信任投票は2シーズン無冠という成績を受けてのものです。

しかし、この投票は6月6日
手紙が着いたのが6月14日

どうなっとんじゃい!!

消印が無いのでいつ投函したかは不明ですが、投票が終わってから届いても意味ないのです。ちなみにクラブに関する投票は現地に行かないと参加できないのでどのみち無理ですが、「そういう問題じゃな~い」と声を大にして言いたいっ!
会報も来たり来なかったりするのは、やっぱりどこかで行方不明になっているからでしょうか???


DSCF0491.jpg
『カンプ・ノウ』のVIP席
(バルセロナ・スペイン/2004年11月)
会長ほか役員などはVIP席で観戦。



オランダから送られてきた『シルク・ド・ソレイユ』のチケットは約一週間で届きました。スイスに送った写真も、仕事でドイツに荷物を出した時も一週間程度で届きました。
しかし、ラテン圏の郵便事情はかなり怪しいらしい…。
日本の郵便&流通に慣れていると、届かないこと自体が信じられない…。


ソシオ会員になる前の02-03年シーズン、03-04年シーズンは、日本のチケット手配会社からチケットを購入していました。
クラシコのチケットが一枚約4万円。今はもっと値上がりしているようです。

一番最初の年はチケットの手配がギリギリになったので現地で手渡しでした。スペインの郵便事情が悪いため時間がない時は郵送しないらしです。翌年は宿泊したホテルに届いたが、ピンセットでつまんで持ちたいぐらい小汚いチケットでした。
チケット
『リーガ・エスパニョーラ』のチケット
(バルセロナ・スペイン/2006年4月)
この時のチケットは定価で購入。


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

ぜひ!

ダンナ・ピットさんに立候補してほしかった(笑)
ラテン圏の郵便事情ってそんなに怪しいんですねー
会報誌が来ないのもちょっといやですよね
でもその会報って全部スペイン語ですか?
だったら来たところで私は読めないですけど(汗)
そんなに当てにならない郵便事情でも
スペインの人たちは平気なのが不思議ー

同じく!!

私もダンナ・ピットさんに立候補してほしかったですよ。(^。^)

ラテン圏の郵便物・・・ 私もシチリア、フィレンツェから絵ハガキを日本(NoraとTamaの両実家)に送りましたが、3年近く経った今も、届いていません。因みに10年程前にTamaがフィレンツェを一人旅した際に送ってくれた絵ハガキは、2ケ月以上経ってから船便で届きました。し~っかり”Air Mail”と書いてあるにも関わらず・・・ 郵便事情の世界一がスイス、日本は二位と聞いたことがあります。ラテン圏は一体何位なんでしょうね。(~_~;)

to:まんたさん

もうし当選したら仕事辞めるか休職してバルセロナに住まないといけませんね(^^)
会長はだいたい地元の名士がなるのが通例なんですよ。ダンナ・ピットがなったら異例中の異例ですね。

ラテン圏の郵便事情はかなり怪しいようです。
アメリカも怪しいらしいですけど…。
会報はスペイン語です。全く読めないのでただ受け取るだけです(^_^;)
スペインの人もホントに重要なのは民間業者にお願いするのかもしれませんね。

to:Noraさん

まんたさんとNoraさんがソシオだったらダンナ・ピットは2票獲得ですね(^^)

さすがイタリア、聞きしに勝る郵便事情…。
戦争中に出した手紙が30年も経ってから届くような国ですから、3年はまだまだ、2ヶ月は奇跡って感じですね。
村上春樹の『遠い太鼓』にイタリアの郵便事情について書いてあるんですが、期待を裏切らない酷さですよ。かれこれ20年ぐらい前の話なんですが、あんまり変わってないみたいですね(^_^;)
郵便優秀国のスイスと日本の差って、あまりないような気がします。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。