FC2ブログ

『アルハンブラ宮殿』 ~Ⅲ~

2016 バルセロナ&アンダルシア
01 /25 2017
いよいよ『ナスル朝宮殿』へ。

まず、一番古い『メスアールの間』
何度も改築されたのでオリジナルはよく分からなくなってしまったそう。
イスラムの時は執務室と裁判所、キリスト教になってからは礼拝堂として使われていたそうですよ。
全体が分かるような画像を撮っていなかったようです…。天井と壁のタイルと床のタイルを貼っておきます。
2016 アルハンブラ宮殿㉒

2016 アルハンブラ宮殿㉓ 2016 アルハンブラ宮殿㉔



次は『メスアールの中庭』
画像はコマレス宮のファサードの壁面。
左側にちょっとだけ写っていますが、中庭のど真ん中に修復用の足場がドドーンと設置されていました。
2016 アルハンブラ宮殿㉕



アルハンブラといえばここ!『アラヤネスの中庭』です。
色んな画像を見ると逆側から撮っているのが多いですね。
2016 アルハンブラ宮殿⑪



こちらは『大使の間』
これも画像に撮ってきました。
ちょっと暗くて後ろの方がグダグダしてますが大目に見て下さーい。
※音が出ます。ボリューム注意。




ここも有名ですね。『ライオンの噴水』です。
ちょっと白っちゃけてしまいましたが列柱の奥にライオンの噴水があります。
2016 アルハンブラ宮殿⑧



別な角度から見るとこんな感じ。
ここも修復中の足場とか囲いで覆われていました。
なんでも10年ぐらい掛けて修復している最中らしいです。
2016 アルハンブラ宮殿㉗



地震でもあったら一発で崩れそうな天井。
吊り天井ではないようですが…。
2016 アルハンブラ宮殿⑫



『アベンセラッヘスの間』の天井。
ここはアベンセラッヘス一族の男を皆殺しにしたと言われる場所だとか。
2016 アルハンブラ宮殿⑨



『諸王の間』
2016 アルハンブラ宮殿⑬



『二姉妹の間』の天井。
このイスラム独特のデザインはムカルナスというそう。
2016 アルハンブラ宮殿㉘



人が被っちゃってよく分からないですが、
ここは『リンダハラの出窓』といわれる場所です。
2016 アルハンブラ宮殿㉙


ナスル朝宮殿は細かい所を端折るとこんな感じでしょうか。

アルハンブラ宮殿は規模に対して庭園多め建物少な目な印象でしたが、
とにかくイスラム独特の建築技法と細かい装飾は見事でした。
土や粘土、木で造られているので風化防止が大変なようですが、いつまでも繋いでいって欲しいい史跡ですね。


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

No title

アルハンブラ宮殿、
古い建物がよく残っていますね。

天井は確かに
地震の多い日本人から見れば、
怖いです。

Re: 片田舎動物病院 院長さん

古いので維持管理が大変そうです。
今も修復中の場所がいくつかありました。

天井は地震が無くても崩れそうで怖いです。
あの補強で大丈夫なのかも疑問です。

No title

あ、なんかアルハンブラ宮殿と聞いてイメージする感じの
中庭の写真が出てきて嬉しい(笑)。

どこもかしこも、本当にきれいですね。

木や土や粘土で出来ているなんて知らなかったです。
石造りではないんですね。たしかに維持管理が大変そう。

Re: さえさん

あの中庭を見た時、『アルハンブラに来た〜』って思いました(笑)。
象徴的ですよね。

とにかく建物の装飾は細かく優雅でした。

ワンともも説明を聞くまでは石で出来ていると思っていました。
土や粘土が主原料なのはイスラムの工法がそうだからでしょうかね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。