FC2ブログ

夜のセビリア散策

2016 バルセロナ&アンダルシア
01 /26 2017
グラナダからセビリアに戻ってきたのは夜の8時半過ぎ。
ホテルには戻らず、晩ご飯のお店を探しつつ夜のセビリアを歩いてみました。

夜のコンスティトゥシオン通りは昼間同様の賑わい。
煙っているのは焼き栗の屋台から出る煙です。
2016 セビリア 夜のコンスティトゥシオン通り


焼き栗の屋台はポルトガルでもイタリアでも見かけました。
ヨーロッパの冬の風物詩のようですね。
現地ツアーで一緒になったブラジル人から一つ貰って食べたことがありますが、ホクホクした素朴な味でした。
「寒いときに食べると暖まるよ」と言っていました。
ブラジルでも焼き栗を食べるんですね。それに暑い場所だと思っていましたが冬は寒いんですね。



夜のクリスマスマーケット。
この時期、クリスマスマーケットは始まったばかりだったようで、
人出はこれからといった感じでしょうか。
2016 セビリア 夜のクリスマスマーケット



夜のヒラルダの塔。
2016 セビリア 夜のヒラルダの塔


この画像の手前側にあるサンタクルス街は、
細い路地にレストランやバルが沢山あって一際賑わっていました。


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

No title

やはり、
雪の降らないところのようですね。

寒い時の焼き栗、
私も好きです。

Re: 片田舎動物病院 院長さん

スペインの南部なので暖かったです。
日中は17、18度ぐらいありました。

ウチの方に焼き栗文化はなかったですね。
甘栗は大好きです。

カスタンニャ!

まだチョイ悪おやじジローラモさんが『テレビでイタリア語』に出演していた頃、「おいっっしですね!」って言ったのを思い出しました。ジローラモさんを思い出して、初のシチリア旅行で食べてみたところ、素朴で美味しかったのを覚えています。でもね・・・ いつでも食べられる物ならたまに食べてもいいかもって程度でしたかね。旅先では「絶対に食べておきたいもの」が優先ですもん。
夜のセビリアかぁ。タブラオでフラメンコを鑑賞した夜にホテルに戻りながら歩いた程度で、殆ど体験していません。クリスマスマーケットの時期は綺麗なんでしょうね。

Re: Kakaさん

栗はスペイン語で「カスターニャ」って言うみたいです。イタリア語とちょっと似てますね。スペインで「カスタンニャ」って言っても何となく察してくれそう。そういえば以前本で読んだんですが、ギリシャでも焼き栗は食べるみたいです。南欧の方では冬の定番なんですね。買って食べてみようかなと思いましたが、あれでお腹いっぱいになるのも何なので食べず終いでいましたが、思いがけず貰って食べることが出来てラッキーでした。
クリスマスマーケットは始まったばかりでイルミネーションンは点灯がまだだったんですが、本格的に始まったらきっとキレイだったと思います。少しだけ歩いた感じでは路地が面白そうでしたよ。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。