FC2ブログ

2016 コルドバ 『アルカサル庭園』

2016 バルセロナ&アンダルシア
02 /02 2017
コルドバ観光のスタートは『アルカサル』から。
入場料はツアーに含まれていたので分かりませんでしたが、ガイドブックによると4.5ユーロです。

コルドバのアルカサルは、アルフォンソ11世によってムーア人の要塞跡に建てられたもの。アルフォンソ11世は青池保子『アルカサル-王城』の主人公ドン・ペドロ1世のお父さん。この辺の人間関係がドロドロしていて面白い。
2016 コルドバ アルカサル庭園⑥
『アルフォンソ11世像』




まずは庭園の方へ。
入口の方から行くとアラブ式の庭園が見下ろせます。
2016 コルドバ アルカサル庭園③



庭園の池のほとりから見たアルカサル。
ちょこっと見えるクレーンがジャマといえばジャマ。
2016 コルドバ アルカサル庭園⑤



もう少し奥にあるまた別な設計の庭園。
円柱形に刈り込んである並木がスゴイ。
2016 コルドバ アルカサル庭園④



この庭園の奥にあるのがカトリック両王とコロンブスの像。
この像は、コロンブスが新大陸発見の航海に必要な資金援助を仰ぐために
カトリック両王に謁見している場面だそうです。
イサベル1世はこのアルカサルを造ったアルフォンソ11世の玄孫ぐらいでしょうか。
2016 コルドバ アルカサル庭園①



コロンブス、白目です。
ジパングに行きたくて必死だったんでしょうね。
新大陸の原住民にとっては資金繰りに失敗してくれた方が良かったかも…
2016 コルドバ アルカサル庭園②



惣領 冬実『チェーザレ 破壊の創造者』にもジパングを目指すコロンブスが登場しますがコロン呼びになっています。ジェノバではコロンボって言っていました。wikipediaによるとラテン語とポルトガル語と英語はコロンブス、スペイン語はコロン、イタリア語はコロンボのようです。名前の組み合わせまで入れると長くなるのでwikiを見て下さい。



関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

No title

アルフォンソ11世像、大道芸人が扮装して立っているように見えました。
スペインの歴史は結構知っていると思ったのですが、レコンキスタ前だとあまりなじみがない・・・。彼、何した人なんでしょうか、まったくわかりません。漫画を読みたくなりますね。

Re: 夫婦ともかっぱさん

大道芸人!あの、ジッとして動かない芸ですよね。似てる、似てる(笑)。
アルフォンソ11世は特に大きなことはしていませんが、愛妾を寵愛しし過ぎて後々の内乱の火種は作りましたね。レコンキスタにも熱心で遠征先で亡くなっています。漫画の主人公は息子のドン・ペドロですが、詳しくはぜひ漫画を読んでいただきたいですね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。