FC2ブログ

2016 コルドバ 『アルカサル』

2016 バルセロナ&アンダルシア
02 /03 2017
庭園からアルカサルへ。

途中、見かけたローマ時代の柱。
深くて土台の所まで写っていませんが3~4mぐらいはあったでしょうか。
途中で折れているようなので実際はもっとあったんでしょうね。
2016 コルドバ アルカサル①



こちらはコルドバで出土した『ローマの石棺』
あれ?意外とみんな頭デカイ???
2016 コルドバ アルカサル②



こちらは『モザイクの間』
ローマ時代の出土品のモザイクを四方の壁に展示してありました。
椅子が並べてあるので今も何かに使われているホールなのかも。
2016 コルドバ アルカサル④



これはギリシャ神話(だったかな?)がモチーフのモザイク。
状態がいいですよね。
2016 コルドバ アルカサル③



屋上にも出られます。
ワンとも達は上りませんでしたが塔にも上ることが出来るようですよ。
2016 コルドバ アルカサル⑤



屋上に出る階段は幅が狭くて上り下りの人がすれ違えないほど。
上で人がスタックしたのに英国人カップルが嵌ってなかなか降りてこられず。
待っている間、トイレ休憩をしたり外を眺めてみたり。
2016 コルドバ アルカサル⑥

昔の人は窓の外を見ながら「あ~あ、早くシエスタの時間にならないかなぁ」
なんて思ったりしたのでしょうか。

しかし、このアルカサル、中世には異端審問所だったこともあるとか。
「SiでもNoでもどうせ火炙りだろ~ 」のアレですよ。
という事は…暢気な溜息ではなく悲鳴が響きわたっていたかも


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

No title

当時何に使われていたのかを考えると、
感慨深いものがありますね。

史跡見学は
ココがいいですね。

Re: 片田舎動物病院 院長さん

ホントにそうですね。

長い年月の間に失われてしまった物も多いですが、
これからも大事に保存していって欲しいですね。

ちゃんと見学されてますね。

遺跡とか、古代の建築物とか、特に欧米人は熱心に見学されている印象があります。ルーツを探しているんでしょうか? 教科書の資料に載っていたような有名な遺跡、建物を見ると、「写真の通りだ!」と、一瞬は感動するんですけど、直ぐ飽きちゃう・・・  私のルーツではないからですかね。(^_^;)
宗教裁判は怖いですね。魔女狩りもそうですけど。そういえば、映画『沈黙』が話題になっていますね。イッセー尾形さんがコミカルな表情のまま隠れ切支丹を拷問するのがぞっとすると、ラジオで聞きました。映画は見ていませんが、切支丹禁止自体は正しかったような気がします。
シエスタ・・・ 今日は無理かな。いよいよ明日退居です。ようやく昨日から退居準備にとりかかりましたが、暫し現実逃避中です。

Re: Kakaさん

今回はツアーだったのでガイドの指し示すまま見学しました。人間はルーツが分からないと不安になるらしいですね。アイデンティティが保てないというのが理由のようですが。大陸は交わりあっているので余計そうなのかも。以前参加したザルツブルグのツアーでは「食事がしたい」と中抜けした英国人もいたので、その辺は欧米人でも温度差がありそうですね(^^;)
『沈黙』は遠藤周作の同名小説が基になっているんですよね。遠藤周作はクリスチャンだったので、その視点からの作品が多いような気がします。読んだのは『海と毒薬』ぐらいですが。ワンともも切支丹禁止自体は正しかったと思いますね。
今頃はお引越しで忙しくしているでしょうか。落ち着いたらまたコメントくださいね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。