FC2ブログ

2016 セビリア 『バル ヨーロッパ(Bar Europe)』

2016 バルセロナ&アンダルシア
02 /21 2017
キノコからカテドラルの方へ戻る途中、ヘスス・デ・ラ・パシオン広場に面したバルでランチを食べました。
2016 セビリア ヘスス・デラ・パシオン広場
『ヘスス・デ・ラ・パシオン広場』



タブレットで検索して評価が良かったので決めたお店です。
ちょこっと写っているスタッフのおじさん、感じ良かったです。
2016 セビリア『Bar Europa』①
『バル ヨーロッパ(Bar Europe)』
※英語メニュー有り。
Calle Siete Revueltas, 35, 41004 Sevilla, Spain <MAP>
34 954 21 79 08
OPEN 8:00-01:00/月‐日




暖かかったので広場に面したテラス席にしました。
2016 セビリア『Bar Europa』②



まずは赤白のワインをそれぞれグラスで。
ダンナ・ピットの赤はマラガ産、ワンともの白は地元セビリア産。
2016 セビリア『Bar Europa』③



タパスは、“イベリコ豚の頬肉の煮込み(Iberian cheek in Sauce)”
このメニューはスペイン語だと”Carrillada Iberica”
“Carrillada”をGoogle翻訳の音声で聞いたら巻き舌でめっちゃ難しい。
舌つりそう…。
2016 セビリア『Bar Europa』④



“大エビの包み揚げ(Crunchy king Prawn)”
ソースはわさびマヨネーズでしたがそんなにワサビは感じなかったかな…
でも、皮のパリパリとエビのプリプリが美味しかったです。
2016 セビリア『Bar Europa』⑤



“目玉焼きとイベリコハム(Fried Eggs with Sausage or Iberian Ham)”
卵が半熟でした。生食OKな卵なんでしょうね。
ソーセージを選ぶとチョリソーみたいです。
2016 セビリア『Bar Europa』⑥



あと、ダンナ・ピットがビールとワンともがサングリアを飲みました。
この旅行では何度かサングリアを飲みましたが、ここのサングリアが一番美味しかったかも。
2016 セビリア『Bar Europa』⑦


消費税(I.V.A)も入れて26.45ユーロ(約3,200円)でした。
“目玉焼きとイベリコハム”が6.9ユーロでしたが、タパスとワイン、サングリアは3ユーロ台とリーズナブル。

このお店、和食に興味があるのか、”tataki”はもちろん”wasabi”や”miso”といった日本語がメニューの中に。
“miso Vinaigrette”って”酢味噌”か!?
ちなみに”Swordfish Tataki with miso Vinaigrette”がメニュー名でした。
日本語にすると”メカジキのタタキ 酢味噌がけ”とかでしょうかね。
今になってどんなお料理なのかちょっと気になってます。

和食に興味を持ってくれているのは嬉しいですね。
かといって創作スペイン料理ばっかりというわけでもなく、普通に地元のお料理もありましたし、何より安くて美味しかったです。


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

No title

当たりのお店でしたね。

タケノコかと思ったら
包み揚げでしたか。

Re: 片田舎動物病院 院長さん

ここは当たりのお店でした。


タケノコっぽいですけど違います。
春巻きの皮みたなヤツでしたよ。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。