FC2ブログ

『南部藩長屋酒場』

2017 角館・盛岡
06 /20 2017
盛岡での夕食は大通り沿いにある『南部藩長屋酒場』というお店です。
キャッチフレーズは「ここ一軒で岩手県」
ネットで見かけて口コミとお店の雰囲気が良かったので事前に予約しました。
2017 05 南部藩長屋酒場①



通されたのは囲炉裏を囲む感じの炉端席でした。
テーブル席ですが畳敷なので靴は脱いで。
2017 05 南部藩長屋酒場②



まずはビール。
岩手の地ビール“ベアレンビール”
左がクラシック、右がシュバルツ。
2017 05 南部藩長屋酒場③



お通し、1,000円!
お通しにしては高いですけどもうこれで一皿分ありました。
量が多くて尚且つ美味しかったです。
2017 05 南部藩長屋酒場④



“酒盗”
クリームチーズがあるともっと良かったです。
2017 05 南部藩長屋酒場⑤



えーと、メニュー名は忘れてしまいましたが、上に載っているそぼろはじゃじゃ麵に使うものだったと思います。結構なボリュームでした。
2017 05 南部藩長屋酒場⑥



“前沢牛の瓦焼き”
刺しも程よく美味しかった~。
2017 05 南部藩長屋酒場⑧



日本酒の利き酒3種類セット。
左から“黒鷲”“百磐”“白鷲”
百磐がちょっと濃い感じで、後の二つは淡麗系だったと思います。
地酒の種類が多いので、こうした利き酒セットは嬉しいですね。
2017 05 南部藩長屋酒場⑦



岩手県江刺市のりんごジュースを使った“りんごサワー”
2017 05 南部藩長屋酒場⑫



“握り寿司”
2017 05 南部藩長屋酒場⑨



“冷麺”
2017 05 南部藩長屋酒場⑩



“じゃじゃ麺”
2017 05 南部藩長屋酒場⑪


別々に食べに行っている暇がなかったので、冷麺もじゃじゃ麺もここで済ませました。わんこそばもありましたよ。


20時からは“さんさ踊り”のパフォーマンスも。
これは始まるまで知らなかったので、さっさと帰らなくて良かった。
後でHPを見たら大きく載っていました。
※音が出ます。音量注意。




最後にお味噌汁のサービスでお終い。
2017 05 南部藩長屋酒場⑬


いっぱい食べたし飲んだので約11,000円也。
観光客向けかなとは思いますが、岩手の味と文化を手っ取り早く楽しめるので
滞在の短い旅行なら満足度は高いと思います。


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

No title

お二人なら、
結構な量ですね。

この店一軒で、
十分岩手を堪能できそうです。

Re: 片田舎動物病院 院長さん

お腹いっぱい食べました。

十分岩手を堪能しました。
パフォーマンスもあってオススメです。

No title

僕の住んでいる地域もそうなんですが、普通の居酒屋だと郷土料理メニューは数えるほどしかありませんし、酒も地酒は2銘柄くらいに絞られてしまいます。
利き酒セットなんていいアイデアじゃないですか。
うちの地元にもこんなのがあれば、地元民だって行くとおもうんですがね。

Re: べぇべぇべぇさん

旅行先の居酒屋で日本酒が冷酒と燗酒しかないとテンション下がります。最近は事前にネットで調べるので、そんなことは少なくなってきましたけどね。
酒処の居酒屋さんには利き酒セットをメニューに入れている所もありますね。
一度に沢山は飲めないのでいいアイディアだと思います。
地元の居酒屋さんでも利き酒セットがあると人気出ると思いますよ。

岩手の縮図?

外観も内装も良い感じのお店ですね。旅行者側からすると、郷土料理を出してくれるお店は有り難いですよね。普通の居酒屋に、郷土料を盛り込んでるってのもいいんでしょうけど、旅行者としては、一軒で出来るだけ沢山頂きたいですもんね。逆に地元の人は足が遠のくんでしょうか? 住んでる人は、今時そうそう郷土料理ばかり食べる訳じゃないでしょうしね。
見ただけでお腹が膨れそうなサラダが美味しそうです。じゃじゃ麺のタレってことは甘めなんですかね? 
居酒屋行きたいなぁ・・・ 

Re: Kakaさん

全部ではないにしても代表的な岩手の名物は詰め込まれている感じのお店でした。お客さんも観光客か来訪者を連れてきた在住者といったところだと思います。冷麺やじゃじゃ麺、わんこそばなどは専門店も多くあるようでしたが、滞在時間が限られている場合には、こういったお店があると嬉しいですよね。
サラダは美味しかったですけど確かにお腹が膨れました(笑)。おっしゃる通り、味は甘めでしたね。
そちらだとビアホールが居酒屋的な存在でしょうか?でも、日本の居酒屋とは違いますもんね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。