FC2ブログ

日光 『金谷ホテル』 夕食&朝食

2017 日光
12 /30 2017
いつもはビジネスホテルに素泊まりが基本の我家ですが、
今回は珍しく夕食と朝食付きの宿泊プランにしました。

だって、金谷ホテルですよ。
メインダイニングで食事をしたいじゃないですか!

何年かぶりにスカートとヒールを履いてフレンチのフルコースを頂きました。ドレスコードはそんなに厳しくないようです。

メインダイニングの入り口。
日光 金谷ホテル メインダイニング



明治から昭和初期まではロビーだった所を昭和11年に改装してメインダイニングにしたそうなので、何となく造りにその面影が残っています。
日光 金谷ホテル 夕食⑩



テーブルのカトラリーがフレンチのフルコース仕様。
食器にも銀器にも金谷家の家紋入り。
日光 金谷ホテル 夕食⑪



飲み物はハウスワインの赤(¥5,000)にしました。
山梨のワイナリーに特注しているものだそうです。
これがボトルワインの最安値。
持ち込みも出来るようですが、持ち込み料が2,160円から。うちだったら持ち込んだワインより持ち込み料の方が高くなる逆転現象が起きるな…
日光 金谷ホテル 夕食①



パンはバケットとオリーブのパン。
パンも美味しかった。
日光 金谷ホテル 夕食③



今回のプランでは“特製日光虹鱒金谷風ディナー”“本日のディナー”から選択できたので、二人とも“本日のディナー”にしました。

“本日のディナー”のスタートは前菜“八潮鱒のマリネ湯葉添え”
鱒も湯葉も日光の名物ですね。
日光 金谷ホテル 夕食②



スープはダンナ・ピットが“安納芋のポタージュ”
ワンともが“コンソメ” コンソメに浮いているのはゆり根。
日光 金谷ホテル 夕食⑤ 日光 金谷ホテル 夕食④



魚料理が“金目鯛のソテー トマトとバジルのソース 季節の野菜添え”
日光 金谷ホテル 夕食⑥



肉料理が“牛フィレ肉のステーキ 赤ワインと日光舞茸の入ったソース”
火加減が絶妙!
あと付け合わせにカボチャがあったおかげで冬至カボチャが食べられました。
日光 金谷ホテル 夕食⑦


ちなみに、肉料理は2種類から一つ選択で、もう一つは“ひみつ豚とモツァレラのグラティネ マスタードシードのソース”



“野菜サラダ”
日光 金谷ホテル 夕食⑧



デザートは“ロイヤルミルクティーのアイスと洋ナシのコンポートとパンナコッタ”だったかな。
火を通した果物のブヨブヨした食感が苦手なんですが、このコンポートは洋ナシのシャリシャリ感がしっかり残っていて美味しかったです。
それとコーヒー。
日光 金谷ホテル 夕食⑨




そして、朝食。
こちらもメインダイニングで頂きました。
飲み物はコーヒーか紅茶の他に5種類のジュース類から一つ選べます。
日光 金谷ホテル 朝食①



卵は目玉焼き、スクランブルエッグ、オムレツから選べるので、二人ともオムレツにしました。フワフワで中トロトロ。
付け合わせもハム、ベーコン、辛口ソーセージから一つ選択。
日光 金谷ホテル 朝食②


たまにはこういうラグジュアリーな食事もいいですね。


夕食の後、メインダイニングの窓から見えたイルミネーションを見に外へ。
日光 金谷ホテル⑥



夜のフロントもいい感じでした。
日光 金谷ホテル⑦






関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

たまに
こういった食事もいいですね。
いい気分転換になります。

今年もお付き合いありがとうございました。
来年のヨーロッパ旅行記、
楽しみにしています。

良い年をお迎えください。

Re: 片田舎動物病院 院長さん

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

こちらこそ、マメじゃない更新に
お付き合いくださって有難うございました。
まだホテルしか決まっていないヨーロッパ旅行ですが、
旅行記が始まったら気長にお付き合いください。


ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。