FC2ブログ

『Camp Nou(カンプ・ノウ)』修復&拡張工事

サッカー観戦
08 /09 2008
以前から話のあったFCバルセロナのホームスタジアム『Camp Nou(カンプ・ノウ)』の修復&拡張工事ですが、ノーマン・フォスターというイギリス人の建築家が手掛ける事に決まったそうです。
『Camp Nou(カンプ・ノウ)』はカタルーニャ語で“新しいスタジアム”という意味。それ以前はすぐ近くに『Les Corts(レス・コルツ)』というスタジアムがあったので、それに対して“新しいスタジアム”ということですね。
でも完成したのは1954年だからもう新しいとはいえないんですけど。
古くなったとはいえFIFAのスタジアム・ランキングでは、いまだトップクラス。
200301.jpg
『Camp Nou(カンプ・ノウ)』(バルセロナ・スペイン/2003年12月)


フォスター氏が目指すのはガウディの世界感。(分かり易い)
外壁はチームカラーやバルセロナをイメージした色彩のポリカーボンやガラスのモザイクで覆い、光の反射で目にも楽しいデザインになるそう。今もメインのゲート部分がガラス張りだが全体的にモザイクになるんでしょうか…。
う~ん、ワンともの想像では見た目に賑やかそうですが、そこはプロだから格好良くまとめてくるんでしょう。
座席も現在の約10万席から11万8千席に増える予定。
これでクラシコのチケットも少しは取りやすくなる?
完成は2013年だが、工事中も試合は行われるそうです。
CanpNou.jpg vsRacing.jpg
<画像左>メインゲート(2007年12月)
<画像右>試合中のスタジアム
(ラシン・サンタンデール戦/2007年2月)

いつから工事に入るのかは分かりませんが、12月に行った時には完成予想図や模型ぐらいは見れるでしょうか。


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

ガウディの世界感

スタジアムがガウディ風になったら、サッカ-ファンでなくても、建物を見学するために更に観光客が増えることでしょう。次の旅行の際、模型があったら是非ブログに載せて下さいね!!
11万8千席・・・ スゴい収容量ですね。階段ですっ転んだりしたら、大変なことになりそうです・・・ 

カンプ・ノウ拡張工事するんですね!!およそ12万収容ですか、ここで試合を見てみたいです^^
サンチャゴベルナベウやウェンブリーやサンシーロなど欧州には凄いスタジアムが多いですね。
生で試合を見ると、鳥肌が立ちそうですよ。

to:Noraさん

ガウディ風って…ガウディはガラスやタイルでモザイクを多様していることはしていますが、どんな感じになるんでしょうね。外壁はモザイクにするみたいですよ。
行った時に何かあったら撮ってきます。
今の上の方のもかなり傾斜がキツくて膝のあたりに前の人の頭がくる感じです。以前は12万席あったのをW杯の時に座席を改修して今の数に減らしたんですけど、これをどうやって増やすのかは出来上がってみないと分かりません。

to:ばっくんさん

是非、カンプ・ノウで観戦してください。
まさに鳥肌ものです。
クラシコやダービーでも当日券が出ますし、それ以外のゲームなら前売りでも問題なく取れると思いますよ。
ワンともは試合観戦はカンプ・ノウとドルトムントだけで、他のスタジアムは外観しか見ていないんですよ。サンシーロでミラン-バルサなんて観てみたいですね~。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。