FC2ブログ

『田母沢御用邸記念公園』

2017 日光
01 /22 2018
金谷カテッジインから徒歩数分の所にある『田母沢御用邸記念公園』
国定重要文化財にしてされている建物です。
見学料は大人510円ですが、金谷カテッジインの見学料のレシート提示でこちらの見学料が割引になりました。

『御車寄』
日光田母沢御用邸記念公園①


入館後の見学は自由ですが、ちょうどガイドさんの案内があるというので参加しました。この案内に別途料金は発生しません。
通常はガイドさんの案内は無いようなのでラッキーだったかも。

この建物は、嘉仁親王(大正天皇)のご静養のために造営されたもので、江戸、明治、大正の三時代にわたる集合建築群。木造建築としては国内最大級だそうです。
増改築を繰り返しているので一見複雑そうに見える間取りですが、実はとても効率よく機能的に造られているとか。


『御玉突所』
大正時代に増改築された部分にあるビリヤード室。
床は寄木張り。
日光田母沢御用邸記念公園②



『謁見所』
こちらも大正期の部分。
天皇陛下が公式の来訪者と面会された場所だそうです。
日光田母沢御用邸記念公園⑤



アメリカ製の電気スイッチ。
日光田母沢御用邸記念公園③



障子紙の貼り方が独特。
A3ぐらいの大きさの和紙を継いで貼っているそうで、1ヶ所でも破けたら全部張り直しになるそうです。
日光田母沢御用邸記念公園④



『御学問所』
紀州徳川家中屋敷の建物を移築した部分。
徳川時代は“梅の間”と呼ばれていたそう。
日光田母沢御用邸記念公園⑦



御用邸スタッフの行き来のために造られたアンダーパス用の階段。
日光田母沢御用邸記念公園⑥



『御展望室』
紀州徳川家中屋敷の三階部分。
この部分は普段は非公開のようなのでこれまたラッキーだったかも。
日光田母沢御用邸記念公園⑧



屋根は全棟一つながりに。
日光田母沢御用邸記念公園⑨



『御座所』
こちらも紀州徳川家中屋敷の移築部分。
天皇陛下の日常的な執務室を兼ねた御居間。
日光田母沢御用邸記念公園⑫



端から端までが60mあるという御車寄から真っすぐ伸びる廊下。
撮影した場所はまだ廊下の途中。この後ろにも少し廊下がありました。
小6の時の50m走のタイムが8.5秒ぐらいだったから、今だと走っても10秒は掛かりそう…
日光田母沢御用邸記念公園⑬



『御食堂』
赤坂離宮から移築した明治期の建物の部分。
日光田母沢御用邸記念公園⑤



『皇后御座所』『御寝室』
手前が御座所で奥が御寝室。
この部分が増改築前にもともと建っていた小林家別邸。
日光田母沢御用邸記念公園⑮



上の画像だと陰になって見えませんが、照明には貞明皇后のお印にちなんだ
藤色が使われています。
日光田母沢御用邸記念公園⑯



『高等女官部屋』
夜、中の人影が外から見えないように照明が窓際に設置される配慮も。
日光田母沢御用邸記念公園⑰


まだまだ、見所はたくさんあるんですが、主要な部分をさらに端折ってこれだけに絞りました。
なにせ部屋数が全106室もあるので、主だった部分の説明を聞いて回るだけでも予定の1時間を30分もオーバー。でも、いつもこんな感じらしいです
でも、ガイドさんの説明も分かり易く飽きさせない内容でしたし、なによりガイドさん含めスタッフが、この御用邸に誇りと愛着を持っている感じが好印象でした。

この御用邸は、今の天皇陛下が戦争の時に疎開生活を送られた場所でもあるそうです。去年の5月にも一度お出でになっているとか。
平成も来年の4月までと決まった今、画像を見返してもなんだか感慨深いものがあります。


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。