FC2ブログ

『Red Cliff (レッド・クリフ)』って…

世間話し
08 /12 2008
先日テレビを観ていたら『Red Cliff(レッド・クリフ)』という映画のプロモーションをやっていました。監督は『男たちの挽歌』のジョン・ウー、出演者は
トニー・レオン、金城武、中村獅童などなど。
『Red Cliffレッド・クリフ』って何かと思ったら『三国志』の赤壁の戦いの“赤壁”のことでした。
トニー・レオンが諸葛孔明かと思ったら金城武で、トニーは周瑜なんだとか。ワンとも的には逆のイメージですけど、金城孔明が一晩で大量の弓矢を手に入れたり、風の向きを変えたりするのね…。
曹操は相変わらず悪役で、今回は周瑜の美人妻をも狙う設定らしいです。
あんまり要らない設定だと思いますが、そういうのも入れておかないと男ばっかりの黒っぽい絵面になっちゃうからからでしょうね。
騎馬戦のシーンは黒沢明の『七人の侍』を参考に撮ったそう。

そういえば、ずいぶん昔に見た赤壁の古戦場跡の写真には、
岩肌にデカデカと“赤壁”で大書されているのが写っていました。
これはかなり興醒めでした 日光の華厳の滝の横の岩肌に“華厳の滝”とか、ローレライの岩肌に“LORELEY”って書いてあったらゲンナリするでしょ。
関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

Hollywoodの文字はどうでしょう・・・? (^_^;)

実は、三国志、中国の歴史史が苦手です。(-_-;) 中国の映画はそこそこ好きなんですけどね。
それにしても、金城武はともかく、何故に中村獅童・・・ 中国映画には要らないんじゃないでしょうかね? 日本映画に中華系の俳優いれたり、その逆だったり・・・ なんでわざわざそうしたいのか分かりません。『南京の基督』とか、『冷静と情熱のあいだ』とか・・・

to:Noraさん

Hollywoodは歴史的背景がないし、映画自体が創作物なのであまり気になりませんが、なんでもデカデカと掲げたがるのは中国も米国も一緒ですね。この二国は見た目の違う兄弟だって言った人もいます。
中国の歴史小説や歴史は登場人物も多いし、日本と違って国自体が変わるのでちょっと複雑ですね。
ワンともも合作映画のキャスティングには疑問を感じます。かなり違和感があって映画に集中できないんですよね。織田裕二が出てた『TRY』みたいにそれぞれの国の役を演じるならまだいいとは思いますけど。それにしても中村獅童は歌舞伎やってるの?っていうぐらい映画・TV出演が多いですね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。