FC2ブログ

ポルトガル・シントラの怪奇現象

2007 バルセロナ&リスボン
08 /13 2008
最近は夏の怪奇現象番組が減ってしまって、シーズン中に数回特番があるぐらい。昔は『あなたの知らない世界』とかワイドショーでもしょっちゅうやていたのに…。
この間ようやく某局で放送した怪奇特集を観ていたら(ホント、テレビばっかり観てます…d001)以前観た投稿ビデオをまたテレビで紹介していました。

そのビデオというのは、とある海外の郊外の道を夜中に若者3人が乗った車が走っています。運転手は男の子、助手席には女の子、後部座席でビデオを回しているのはたぶん男の子。楽しそうにドライブしている様子を映しながら走っていくと、ふと道の脇に佇む髪の長い二十歳前後ぐらいの女の子を見つけ後部座席へ乗せました。暫く走って行くとその女の子が「あそこ」と前を指す。カメラは彼女の指さす場所を映す。すると彼女は

「私、あそこで事故に遭って死んだの」

…ビデオを指差した道路から女の子の方へ向けるとそこには

血まみれの女の子の顔が!

悲鳴とともに車は横転しカメラはその状態を映したまま…終了。
この映像、割としっかり映っているので最初に見た時は結構怖かったんですけど、最初に観た番組の最後に創作ってテロップが出てたような気がするんですよね…。でも、この間の番組では本当の話しみたいに紹介していましたし、YouTubeでも再生回数が多いといいます。
タイトルは『Acidente em Sintra - Mistério em Sintra』
http://jp.youtube.com/watch?v=RkNGjDlrL7Q

ワンともは創作だと思うんですけど、どうなんでしょう。
で、これってポルトガルのシントラでの話だそうです。

シントラは詩人バイロンが“エデンの園”と讃えた緑の多い街。
リスボンから約一時間ほどの所で、ユーラシア最西端のロカ岬へ行くのに起点となる街。ヨーロッパ各地から避暑にやってくる所でもあります。
DSCF0143 sintrainfomation
『インフォメーション前』(シントラ・ポルトガル/2007年2月)

ワンとも達が行った時は雨が降って少し霧がかっていました。
そんなシントラの山道は石畳になっていて、雰囲気的には中世の騎士なんかが出そうな感じでしたけど。

関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

こわい・・

見たいけど怖いので昼にします。(笑)

ワンともさーん!こっちのブログ更新してなかったのに来てくれてたんですねー感謝です^^
ちなみに僕も霊感体質でーす(元気に言うか!!)
こんど、こっちのブログで納涼ですし、そのへんのオカルトネタ書きますねーーー

ホラ-映画

怪奇現象番組って減ってるんですか? 私はあまり見ませんが、番組数は多いんだと思っていました。
最近、日本のホラ-映画が世界で熱い! ようですね。先日、それに関する録画番組を見ました。『リング』では権利を全て売ってしまったので、アメリカでの興行収入は一切日本には入らなかったようで・・・ (^_^;)  日本の身近な道具(TVとか携帯電話とか)に霊がいること自体、海外ではまだまだ理解して貰えないんだとか。アメリカのホラ-映画って絶叫系ですよね。叫べるうちはまだ大丈夫。ホントに怖い時って固まって声も出ませんから・・・ 
あ、私も録画とはいえ、TVばっかり見てます。(~_~;)

シントラ、行きましたよ。お土産屋で、マグカップ買いました。結構お気に入りです。 (^。^) ワンともさんが行かれた時は雨だったんですか? 残念・・・

今はTVじゃなくてもネットで見れますからね~もうTVをほとんど見なくなってから8年くらい経ってます。
昔はドラマ制覇とかしてたんだけどな~

その海外の3人組みの男の子の話見たことありますよ~
私も創作って聞きましたけどTVってやらせもありますからね~視聴率のために本当の話のようにしたのかもしれませんね。

to:あつさん

創作かもしれないけど、夜観るのは怖いかも知れませんね。
ところで、出発はまだでしたっけ?

to:code name Nさん

再開しましたね。今後も楽しみにしてます。
Nさんは霊感あるんですか。
霊感ある人って意外と明るくそう言いますよね(^_^;)
ワンともの霊感のある友人は見えるのに「でも信じてない」って言うんですよ。ワケ分かりませんでした。
では、そちらに、納涼しに伺いますね。

to:Noraさん

そうなんですよ。定番でたまにはやってるんですけど、昔みたいに毎日とか週何回もはなくなりましたね。でも最近は織田無道みたいな怪しげな霊能力者の除霊みたいのがなくなって、ビデオ投稿などの実際ものが多くなり怖さが増してますね。
日本のホラー映画のリメイクが多かったですね。
『リング』は日本的な恐怖がウケるかどうか分からなくて、アメリカでの興業収入より権利を売った方が利益があるって思ったのかもしれませんね。ワンともは映画より本の方が怖かったです。
宗教感の違いもあると思いますけど、モノに霊が宿るっていうの感覚は分ってもらえないのかもしれませんね。欧米の人は目に見えないと怖さを感じないのかも…。
>ホントに怖い時って固まって声も出ませんから・・・
って、Noraさんは霊体験あるんですか…(^_^;)

ロカ岬まではなんとか大丈夫だったんですけど、シントラでは雨に降られてしまって残念ながらぺーナ宮へは行けませんでした。

to:太陽ピカピカさん

PCの普及とともにテレビ視聴は減ってきたみたいですね。ワンともは相変わらずテレビ視聴ですが、以前と違ってドラマも20%超えると高視聴率と言われるようになりましたし。10年前は携帯でテレビが観れるとは思いもしませんでしたよ。

やっぱりあのビデオは創作ですよね。他所の番組はチェックしないで放送したのか、ワザと言わなかったのか…混乱するから放送するならちゃんとして欲しいですね。あと分かりやすい創作物件にゲストがワザとらしく怖がるのもやめてほしいですね。海外のモノにそういうのが多くて雰囲気に水を差す感じです。

ひえええ!怖い話は苦手です・・・。
そういう番組はすぐチャンネルを変えてしまいます。

でも、好きな人っていますね・・・v-12

to:ラーダ・ドゥーナさん

ワンともは怖い話だけなら結構好きなんですよ。
でも後で怖くなるんですけどね・・・。
最近のは怖さが増してますし、ウソっぽいのも手が込んできてます(笑)。

いえいえ・・・

結構怖がりではあるんですが、霊感のようなものは無さそうです、幸い。霊的なものに限らず、ホントに怖いときって固まりませんか? 
織田無道、懐かしいです。脱税か何かで告訴されていたように記憶しています。大体、坊さんにそぐわない車に乗ってましたよね? フェラ-リだか、ポルシェだか・・・ あそこの寺に行こうと思う檀家さんが信じられない・・・

そうでしたか。ロカ岬で降られなかったのはヨカッタですね。折角、大陸最西端まで行かれた訳ですしね。(^。^)  

to:Noraさん

確かにホントに怖い時やビックリした時は動きが止まってしまいますね。
ワンともは怖がりなのに怖い番組は観ちゃうんですよねぇ。あとUFO特集とか。
織田無道はが捕まったのは詐欺だったと思います。車はランボルギーニですよ。お布施で買ったとしかおもえませんね。古いお寺みたいなので檀家だった所に織田無道が来た、って感じなんじゃないでしょうか。迷惑な話しですね。

ロカ岬は降られませんでしたが曇っていて寒かったです。今度は最東端まで…なんて言ってたんですがロシア、しかもシベリアはちょっと…。


ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。