FC2ブログ

『フェルメール展』

ちょっとお出かけ
12 /25 2018
旅行記が全然スタートしませんが(笑)、その前に先週の土曜日に行ってきた
『フェルメール展』について。

この展覧会は混雑が予想されるためか日時指定入場制になっていて、
チケットを買う時に希望の入場時間を指定する必要があります。
なので、うちは11時の入場でチケットを購入しました。
(入れ替え制ではないので出てくる時間は自由)。


開催されている場所は上野の森美術館だったので地下鉄で上野駅へ。
駅には10時30分ごろ到着したんですが、
電車を降りてすぐに電車の緊急停止に遭遇!
サイレンが鳴って、大勢の駅員さんが駆けつけて来て場が騒然となりました。
見た限りでは何事も無いような感じでしたし、数分後には電車も発車したので
大事なかったのかもしれませんが、構内アナウンスでは乗客が電車に接触したと
言っていました。
しかし、電車の緊急停止って初めて見ましたよ。びっくりした~。


駅で少し時間をくってしまい10時40分ぐらいに美術館に到着。
ちょっと早かったと思っていたのに、すでに11時の回の行列が!
行列はすぐにこの画像の場所からさらに倍以上の長さになりました。
お昼過ぎから雨が降ったので、並んでいる時に降らなくて良かった。
2018『フェルメール展』②



中は撮影禁止だったので画像は表側だけ。
2018『フェルメール展』①


今回の『フェルメール展』では、数少ないフェルメールの作品が一度に7点から
最多で9点を観られるというのが目玉ですが、この時は「赤い帽子の娘」と「取り持ち女」は無し。
「赤い帽子の娘」は12月20日で展示終了、「取り持ち女」は来年の1月9日から最終日までの展示。
2つ見逃しましたけど、これもタイミングだから仕方ありませんね。
代わりにアムステルダム国立美術館に行った時に貸し出し中で見られなかった
「牛乳を注ぐ女」を見ることができました。
来年2月16日からの大阪でも「取り持ち女」を含む6点が見られるようですよ。

フェルメール作品以外にも17世紀のオランダ絵画の名画が多数来日しているので、
他の企画展に比べてチケットが少し割高なのも納得です。
何だか見たことがある絵が多いなぁと思ったら、アムステルダム国立美術館から
借り受けた絵画が多いんですね。
こんなに名画が何点も、しかもフェルメールは2点とも日本に来ちゃって大丈夫?


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

No title

おかえりなさい。
フェルメール、こんなに集まることはないから、私も平日休みを取っていってきました。オランダ、ドイツ、パリ、ウィーンの美術館にある絵は見ましたが、アメリカやイギリス所蔵のものは一生行かないかもしれないので、この機会に見ておかねば!
9時半入場だったので、最初にすいているフェルメールの部屋から先に見てしまいました。人が少なく快適でした。
いただいたチケットで行ったので不満はないですが、二人で行ったら5千円だと思うと、作品数のわりには高いですね。

No title

二月行ったメトロポリタン美術館に
フェルメールの部屋があり、
5枚展示してありましたが他に誰もおらず、
妻と二人でボーと眺めていました。

今思えば贅沢な時間でしたね。

Re: 夫婦ともかっぱさん

帰ってきました😊
フェルメールはメトロポリタンが一番多いようですが、メトは行ったことあるのに全然憶えていないんですよねぇ😅 うちもアメリカやイギリスは行かないと思うので日本に来た時に見るしかないですね。ボストン美術館は行ってみたいんですけどね。
やっぱり朝の方が多少はマシなんですね。全体的に混雑してましたけど、フェルメールの所は特に「絵の前で止まるな」という注意が入ってました。確かに点数の割にはチケットは高いですね。半分ぐらいは警備費とか保険代かなぁと思ったり(笑)。

Re: 片田舎動物病院 院長さん

メトロポリタンには行ったことあるんですけど、
もう昔過ぎて全然記憶にないんですよ~😅
二人占めできて羨ましいです。
アメリカの人は大作が好きなんでしょうかね。
フェルメールの作品は小さいですからね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。