FC2ブログ

モンサンミッシェル 「修道院」

2018 パリ&バルセロナ
01 /24 2019
モンサンミシェルの修道院の入り口はこんな感じです。
またまた急な石段のお出迎え…
モンサンミシェル 入口


階段を昇りきった右手にチケットカウンターがありますが、
かつては巡礼者へ食べ物や飲み物の施しをしていた場所だとか。

チケットは事前に受け取っていて購入する必要はありませんでしたが、
ここは敢えてチケットカウンターの方へ。
なぜなら、チケットカウンターの奥に、修道院の尖塔に建つ金の聖ミカエル像の
レプリカがあるから。
入場してしまうと後々ここに戻って来るのが難しいので。
モンサンミシェル 聖ミカエル・レプリカ



さて、いよいよ修道院の内部に入場です。
入場口は、昔、修道院に入る際に王様や騎士達が武器を預けていた所。

入場してからも続く階段。
この階段の向かっての右側が修道院のメインの建物。
左側が修道士や修道女の生活エリア。
モンサンミシェル 大階段



少し行くと水場があります。
この上の部分は雨水を貯めていた貯水塔で、
洗濯などの生活用水として使っていたそう。
モンサンミシェル 貯水塔



今は使えないようになっていました。
うっかり飲んじゃう人がいると困るからでしょうかね。
モンサンミシェル 蛇口②



この貯水槽の横にあるこの岩はもともとの岩山の部分。
モンサンミシェルは聖域なので、あまり岩を削らないようにして造られたそう。
パワースポット的な感じで撫でる人が多いようです。
モンサンミシェル 大階段の岩



石の階段を昇った所にある最初の部屋には、モンサンミシェルの成り立ちを
表した模型がありました。
モンサンミシェル 模型①



最初はこんなに小さかったんですね。
モンサンミシェル 模型①



模型の部屋を出たところにある西のテラス。
うっかりテラスの全景を撮るのを忘れてしまいました。
このテラスはもともと聖堂の一部だったそうなんですが、18世紀に火事で
焼け落ちてからはテラスになっているそうです。

晴れていると30㎞先にあるショセ島が見えるそうなんですが、この日は生憎のお天気で見えませんでした。ショセ島はモンサンミッシェルの建設に使われた石を切り出した島。見えている小島はトンブレーヌ島。
モンサンミシェル 干潟ツアー②



ふと見ると、干潟ツアーの人達が干潟を歩いていました。
一見、平たんに見える干潟も急に足を取られる場所があるらしいので、
ガイド無しで歩くのは危ないそうです。
モンサンミシェル 干潟ツアー①



それから、このテラスにはこんな面白いものが。
丸の部分にご注目。
モンサンミシェル 石工のサイン③



これは、修道院の建設に従事した石工たちのサインだそう。
ショセ島から切り出した石の数によって報酬が決まったそうなので、
自分の切り出した石を分かるようにしたんですね。
モンサンミシェル 石工のサイン① モンサンミシェル 石工のサイン②



このモンサンミッシェルのオプショナルツアーの予約はココからしました
VELTRA

関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。