FC2ブログ

クレープリー『La Crêperie Bretonne』

2018 パリ&バルセロナ
03 /04 2019
雨風雷に見舞われ、庭園もプチ・トリアノンも見られずにパリに戻って来たら
もう雨は上がっていて急に日が差し始めました。 なんだよ、もー

時間は14時を回っていましたが、ランチがまだだったので
モンパルナス駅近くのクレープリーへ行きました。

モンパルナス駅はブルターニュの玄関口だけあって、そば粉のクレープを出すお店が多いようです。
特に大きいモンパルナス通りとクロスする細いモンパルナス通りは、「クレープ通り」と言われるだけあって、道の両脇に何軒ものクレープリーがありました。

最初に行こうと思っていたお店が行列していたので、
同じ通り沿いの『La Crêperie Bretonne』というお店にしました。
こちらも同じぐらい評価が良かったので。
しかし、路駐がスゴイ。
2018 パリ La Crêperie Bretonne⑧
『La Crêperie Bretonne』 <MAP>



そんなに広くはない店内に小さいテーブルがひしめき合っていました。
テーブルとテーブルの間が狭いので席に着くのにも気を遣います。
2018 パリ La Crêperie Bretonne②



お店の出入り口の横にはクレープの焼き台が。
2018 パリ La Crêperie Bretonne①



そば粉のガレットといったら飲み物はやっぱりシードルですかね。
こちらはお店の名前の入ったハウスシードル。
すっきりした味で飲みやすかったです。
2018 パリ La Crêperie Bretonne③



何故か海外旅行に行くと葉っぱが食べたくなります。
2018 パリ La Crêperie Bretonne⑥



肝心のそば粉のクレープは、ダンナ・ピットがハムとチーズ。
2018 パリ La Crêperie Bretonne⑤



ワンともがサーモンとチーズ。
2018 パリ La Crêperie Bretonne④


どちらも生卵がのっている!
海外で生卵とか半熟卵をみると高級卵なんじゃないかと思ってしまう。

あと、それぞれチーズの種類が違いましたが、これは何だろうか?
レシートが見当たらないので値段も分からなくなってしまったなぁ。
 全部で4,000円はしなかったと思うんですけどね。

シードルもクレープも美味しかったですし、
お店のスタッフもみんな感じが良くて大満足でした。

そうそう、隣りの席に子供を2人連れたパパがいたんですが、一人でシードルをボトル一本飲んで、そば粉のクレープを食べた後にアイスがドンと乗っているスイーツ系のクレープも食べていてビックリ!

クレープも結構大きいし具も多いんですよ。

この人がよく食べる方なんだろうか?
それともパリっ子はみんなこのぐらい食べるんだろうか?

関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

旅番組で見たことはあります。

ガレットだと聞いていたような気がしますが、ワンともさんたちが食べたのはクレープ? どちらも同じ? 呼び方が違うだけ? 地方による? 素材による? ま、ドイツもいわゆるハンバーグステーキ(日本人から見ると「デカい肉塊子」😅)が、地方によって呼び方が違っていたりします。 
生卵は外国ではなかなか目にしませんね。レストランで提供するくらいですから、それなりの卵を使っているんでしょうけど、外国の生卵はちょっと怖い。💦
隣の席のお父さんは昔ながらの大食漢なんでしょうか? 美食の国でも、段々と健康志向が高まり、少食の人が増えていると聞くと、ちょっと寂しいです。和食の板前さんには細身、フレンチのシェフは中肉中背、イタリアンのシェフには多少お肉が付いていてほしいと勝手に思っています。
お店の外観もフランスっぽい。🇫🇷

No title

旅がままならぬこのところの我が家、パリの景色には夫婦して心惹かれます。オルセーも壁の色がかわったことによって、絵の印象も違うようですから、いつか行ってみたいです。
ガレット通りでは評判のいいお店に入られたのですね。ブルトンヌのひさしが素敵です。昔「ジョスラン」に行こうと思ったら満員で「小さいジョスラン」の方に入りましたが(ブルトンヌの向いあたりかな)、やはりこのあたりのクレープリーは狭い店が多く、隣のデカいアメリカ人のおっちゃんと肘が当たりそうになりながら食べました。シードルはどんぶりいっぱいでいいけれど、デザートのガレットは、私にとっては不可欠。お隣のパパさんの気持、よーくわかりますよー。

Re: Kakaさん

ワンともも勘違いしていたんですが、クレープとガレットの違いは、地域によって呼び方が違うんだそうです。ブルターニュ地方の西側では材料が小麦粉でもそば粉でもガレットと言うらしくて、それ以外の地域ではクレープと言うんだそうです。そば粉のクレープはブルターニュ名物なので、それで勘違いして広まったのかもしれませんね。ハンバーグも色々な呼び方があるんですね。「おはぎ」「ぼたもち」とかと似た感じでしょうかね。
この卵はちゃんと殺菌した卵なんだと思いますけど、日本の卵も100%安全と言うわけではないらしいので、なるべく中身が殻に触れないように処理したほうがいいようです。要するにキレイに割れってことですね😅
隣りのお父さん、そんなに太ってはいなさそうでしたけど、甘党で別腹の人なのかも。ああ、その感覚分かります。あるステーキ店のオープンキッチンでは、キャリアに関係なく年配のシェフにお肉を焼かせているそうですが、その方がベテラン感があってお客さんの印象が違うらしいです(笑)。イメージって大事ですよね。
お店のこういう色使いは独特ですよね。

Re: 夫婦ともかっぱさん

オルセーの壁紙の色が変わったんですか。前は何色だったんでしょう。以前パリに行った時は、オルセーに行く途中でオランジュリーのリニューアル・オープンの行列に出くわして、そのままオランジュリーに変更したものですから、オルセーは時間が無くて見ず終いでした。
うちが最初に行こうと思っていたのが「ジョスラン」でしたよ。地図を確認してみたら「小さいジョスラン」、ありました。全然気が付きませんでした。到着した初日に入ったお店もテーブルが狭くて、お皿がちょっとテーブルからはみ出していました。欧米のお店はテーブルの大きさに対してお皿が大きいですよね。デザートクレープも食べたかったんですけどお腹の余裕が…。ハーフサイズがあると嬉しいですけどね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。