FC2ブログ

『旗津(チージン)』

2019 高雄・台南・台北
05 /24 2019
いくつかスムーズにいかない事があって予定の時間よりちょっと遅くホテルに落ち着きましたが、どこか1ヶ所ぐらいは行ってみようということで出掛けたのが旗津。

旗津は高雄に沿うように伸びる細長い半島で、現地の言葉では「チージン」と発音しますが、ワンとも達は日本語読みで「はたつ」と言っていました。
別に「きしん」という日本語読みがあるようです。

旗津へはフェリーで渡ります。
まずは地下鉄で西子湾駅へ行き、徒歩で旗津フェリー乗り場へ。
距離は約500m、徒歩で12~3分ほどでしょうか。

こちらが高雄側のフェリー乗り場“鼓山輪渡站”。
日本語でも“鼓山フェリーポート”って書いてあります。
2019 GW 鼓山輪渡站①



フェリーの乗船料は悠悠カードでお支払い。
悠悠カードで支払うと通常片道40元のところが20元になるようです。
2019 GW 鼓山輪渡站② 2019 GW 鼓山輪渡站③



ここは乗船を待つエリア。
ゲートの開け閉めで乗船下船をコントロールしています。
2019 GW 鼓山輪渡站④



こちらがフェリーの「旗鼓一號」
下がバイクやスクーターを載せるエリアで乗船席は2階。
2019 GW 旗津フェリー①



時間も時間だったので乗船客が少ないというのもありましたが、
ほとんどの人は外のデッキに出ていたので船内の席は空いていました。
2019 GW 旗津フェリー②



フェリーから見える高雄の夜景です。
暗いし揺れるし撮るの大変でした。
あと、カメラの性能と腕の限界…。
2019 GW 旗津フェリー③


乗船時間は片道約10分ほど。
フェリー自体も10分おきぐらいに行き来していました。


こちらは旗津側のフェリー乗り場“旗津輪渡站”。
時間も時間なので高雄側へ帰る人の行列が出来ていました。
2019 GW 旗津輪渡站



こちらはフェリー乗り場から海岸までのメインストリート「旗津老街」。
通りの両脇にはお土産物屋や海鮮レストランが軒を連ねていました。
2019 GW 旗津老街



もう、閉店時間のお店が多く片付けがはじまっていました。
参考までに海鮮のお店はこんな感じ。
魚介を選んで、調理方法を選んで、というお店が多いようです。
ガイドブックに載っている有名店は旗津老街から外れた海側にありました。
2019 GW 旗津 海鮮レストラン③

2019 GW 旗津 海鮮レストラン① 2019 GW 旗津 海鮮レストラン②



こちらは旗津老街の一角にある「旗津天后宮」
台湾で最初の天后宮で高雄市の市定古跡だそうです。
現在修復中で古い建物には足場が掛かっており、
こちらは仮設の祭壇のようです。
2019 GW 旗津天后宮①



こちらも旗津天后宮の者だと思いますが、
少し路地を入った所にある三重の塔。
下の段にある炉には火が燃えていました。
2019 GW 旗津天后宮③



日本の絵馬のようなものも。
祀られているのは海神媽祖だそうなので、やっぱり航海とか大漁とかが
多いんでしょうかね。
2019 GW 天后宮②


旗津に行くなら昼間から夜のもう少し早い時間の方が賑わっていていいかもしれませんが、陽があるうちは暑くて散策するのが大変かも。

関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

きしん?

日本人は中国語圏の漢字を日本語発音で読むことが多いですが、逆に日本ではすでに漢字で表記しなくなった言葉を漢字表記されていたりしますね。台湾(高雄だった記憶があるけど自信なし…)のYAMAHAの担当をしていた時、「山葉」と表記されていたのを思い出しました。確かに創業者は山葉さんなんでしょうけど。
フェリーは住人価格ってのがあるんでしょうか? 台湾もスクーターに乗る人は多いようなので、「日常の足」を積むには正規料金で通勤に利用するとなると、結構な出費になりそうです。
絵馬は日本から持ち込まれた文化なんでしょうか? 最近の絵馬は個人情報保護のために願い事の上からシールを貼ったりするようですね。台湾ではさすがにそこまではされていないですかね。
魚介類を選んで、好きな調理法を告げて食べるのは慣れると良いシステムですが、慣れるまではちょっと難しそうです。日本で同じことしたら、これまた結構な金額になりそうですね。💦

Re: Kakaさん

日本語だと旗津は「はたつ」の方がしっくりくる感じですけど、「きしん」という言い方はなるほどと思いました。起源は分かりませんが、中国語だから音読みがいいとか語呂がいいとかだったんでしょうかね。日本語だと外来語はカタカナを使ったりしますが、中国語だと全部漢字にしないと読みようがないんでしょうね。YAMAHAを山葉と表記しても読みは違いそうですね。そういえば高雄の元々の地名は「打狗(ターカオ)」だそうですが、狗を打つなんてイメージが悪いから読みを日本語に当てて高雄にしたらしいですしね。今は高雄はそのままに読みは「カオシュン」となっていました。
フェリーに住人価格があるかどうかまではちょっと分かりませんが、定期とかはあるかもしれませんね。
台湾の絵馬の起源についても分かりませんが、形が似ているので影響があったかもしれませんね。個人情報保護で絵馬にシール?(笑)。そううい絵馬は日本でもまだ見たことがありませんが、今のご時世、まぁ分からなくもないですね。
魚介を選んで調理法を選んでというシステムは台湾でも高めのようなので今回はやめておきました。魚介は世界中どこも割高な気がします。

No title

旗津!
夕方から出かけてあまりゆっくり過ごせなかったので、
比較的涼しそうなタイミングで再訪したい場所です。

独特ののんびりした雰囲気が楽しいところですよね♪

Re: さえさん

うちも旗津はちょっと時間がなくて不完全燃焼でした。
再訪するとしたらもうちょっと涼しい時期がいいですけど、
無理だったらやっぱり夕方からかなぁ。

のんびり回って海に沈む夕日とかも見てみたいですね♪

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。