FC2ブログ

デン・ハーグ、てくてく

2019 バルセロナ&ロッテルダム
02 /20 2020
マウリッツハイス美術館のすぐ横にあるのがビネンホフ。
2019 デン・ハーグ ビネンフォフ①


門をくぐると建物に囲まれた中庭が広がっています。
ビネンホフは「中庭」という意味だそうで、この中庭を囲む建物は、かつては貴族の館だったもので、現在は国会議事堂など政治的な機関になっているそう。
ここはオランダの政治の発祥の地であり政治の中心の場所なんだそうです。

正面の2つの尖塔がある建物は「リデルザール(騎士の館)」
この建物で国王が「国会の開催の宣言」をするそうです。
2019 デン・ハーグ ビネンフォフ②

ビネンホフは中庭までは無料で入れます。
建物の中は見学ツアーに申し込むと見学できるそうです。

中庭を通り抜け反対側の門から出ると右手に見えてくるホフ池(王家の池)。
ホフ池の畔からビネンホフの外観を見るとこんな感じです。
2019 デン・ハーグ ビネンフォフ③


〇で囲った塔は首相の執務室がある「ヘット トレンチェ(小さな塔)」
2019 デン・ハーグ ビネンフォフ④


ビネンホフとは道を挟んではす向かいにある“プラーツ広場”
ここはデン・ハーグ最古の広場だそうです。
2019 デン・ハーグ デ・プラーツ広場②


そんなに広くはない三角形の広場を囲むように色んなお店が並んでいます。
2019 デン・ハーグ デ・プラーツ広場


プラーツ広場の横を通ってノールトアインテという通りへ。
この通りにはノールドアインデ宮殿があります。
ノールドアインデ宮殿は国王の執務宮殿。
宮殿には入れませんが裏にあるパレスガーデンは入場無料だそうです。
2019 デン・ハーグ ノールドアインデ宮殿①


さらに歩いていくと建物の上の階に荷物を搬入している所に遭遇。
こんな風にはしご車みたいなもので上げていました。
日本だと電線が邪魔になって無理な所が多そう。
外国も街路樹があったりすると難しいか…。
2019 デン・ハーグ ノールドアインデ通り①


歩いていたら前の空に虹が出ていました。
この後、雨が降ってきてちょっと雨宿り。
2019 デン・ハーグ ノールドアインデ通り②

関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

No title

勤務先の飲食店の上の階がリフォーム中で、よくクレーンで物を出し入れしている光景を目にしますよ。階段が狭かったり、エレベーターがない建物だったりすると、窓から出し入れする方が効率良いですもんね。私はまだ、日本でもドイツでも、クレーンを使って搬入した経験はありません。日本の電柱もさっさとなくなってしまうといいですよね。外観はもちろん、交通の面でも危ないですから。街路樹は好きですが、メンテも大変そうです。根っこが伸びて、歩道がボコボコになったり、落ち葉の清掃、強風で折れた太い枝の撤去…

冬なのに、外にテーブルが出てるんですね。まさか、外で食事したりしませんよね、さすがに? 

Re: Kakaさん

通りに面していたらまだしも、中庭に面している部屋はクレーンが使えないから搬入が大変そうですね。階段も狭くて螺旋だったりすると何かとキビシそう。そういうウチも狭いしクレーンも使えないので、引っ越しの時はちょっと苦労しました、業者さんが(笑)。電柱の地中化はして欲しいですよね。コストやメンテの面で難点はあるようですが。うちの近所の狭い歩道に街路樹を植えてましたよ。もっと狭くなるし見通しも悪くなるのに…。仙台の青葉通りの街路樹は見事で歩道もキレイですが、清掃と台風などで折れた幹や枝の撤去は大変そうでした。

広場のテーブル席は並べてあるだけで使ってなかったと思います。これがバルセロナでは冬の夜でも外テーブル使うんですよね。しかも大きなガスヒーターを焚きながら。イタリアもそうでしたね。温暖化問題はどこいった?って思います😅

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。