FC2ブログ

デルフト マルクト広場

2019 バルセロナ&ロッテルダム
03 /09 2020
フェルメールセンターからすぐの所にあるマルクト広場。
正面に見えるのは『市庁舎』
フェルメールはここで結婚式を挙げたそう。
2019 デルフト マルクト広場①


市庁舎の反対側にあるのが『新教会』
フェルメールはここで洗礼を受けたそうです。
彼は結婚を機にプロテスタントからカトリックに改宗したらしいので、
この教会はプロテスタント系なんでしょうかね。
内部見学もできるみたいなんですけどね、見学はせずに外観だけ。
2019 デルフト マルクト広場⑤

新教会と言っても14世紀に建てられたそうで、旧教会も近くにありますが
それは後ほど。

こちらはマルクト広場からは少し引っ込んだ場所にある
『マリア・ファン・イェッセ教会』
フェルメールの義母の家はこの一角にあったそう。
結婚後、フェルメールは妻の実家で暮らしたそうなので、彼はこの辺りにも住んでいたという事になりますね。
実家から歩いて3分。
2019 デルフト マルクト広場④


ちょっと休憩で入ったマルクト広場に面したカフェ。
2019 デルフト マルクト広場③


寒くてもビールがウマい~♪
2019 デルフト マルクト広場②

デルフト市庁舎のホームページを見ていたら、デルフトに住む女性がコロナウィルスに感染しているという情報が!
自動翻訳なのでよく分からない部分もありますが、この患者はイタリアのロンバルディア州への渡航歴あり。彼女を隔離して経過観察し接触した人物を追跡調査中のようです。
今のところオランダはこの女性で二人目っぽいですね。

同じページには、新コロナウィルスの予防の方法が。
定期的に手を洗いう。
咳やくしゃみは肘の内側でする。
ティッシュペーパーを使用しすぐに捨てる。
できるだけ口や鼻や顔を触らない。
うがいは特に推奨されていない模様。

それにしても、お隣りなのにドイツとはだいぶ感染者数が違うんですね。
ドイツはドライブスルー検査を始めたらしいですけど、それは韓国が感染者を増やした方法だけど大丈夫か?

関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

No title

建物が低く、
キレイな街並みですね。

Re: 片田舎動物病院 院長さん

以前は王様が住んでいた街なので
古都といった感じがありました。
教会の塔の上からの眺めもいいらしいですよ。

キリスト教

オランダといえばプロテスタントっぽいイメージがありますが、そもそもキリスト教のことをよく知らないのでなんとも…
アムルダムで日曜日の午前中に散策していると、若い男性が聖書片手に自転車で教会にスーっと入って来たのも見た時はちょっと「カッコいいな」と思いました。剥き出しの聖書を片手で持つってのがね。日本人はあんまりしない行為じゃないですかね。
オランダでも感染者ですか。EU圏は人が行き来し放題ですから不思議はありません。ドイツもニュースでは大変なことになっていると見聞きする割には、自分の周辺では多少の買い占め以外にそう変化がないのでピンときません。マスクしている人も私個人的には見たことがありませんしね。職場のドライバーが「マスクしているアジア人を見かけた」と、二度聞いたことはありますが。一昨日、日本政府がドイツを感染情報「レベル1」に指定したので、もし「レベル2」に引き上がった場合は駐在員の家族は強制帰国する方針を会社(本社は何もしてくれないらしい…)が決定したようです。こんな時にあんまり移動しない方が良いような気もするんですけどね。ま、何が正しいかは事態が終息して検証してみて初めて分かるのかも。

Re: Kakaさん

プロテスタントって割と自由というか寛容というか、そんな感じがオランダっぽいですよね。聖書片手に自転車のお兄ちゃんもプロテスタントって感じですよね。カトリックだと小脇に抱えてうつむき加減で徒歩って感じです。キャラにしたらやんちゃと真面目。ワンとももキリスト教を知らないので全部イメージですけどね。日本人だと「ツタのからまるチャペルで祈りを捧げた日~♪」に違和感がない世代には受け入れられるかもしれませんが、今やったらスカしたイタイやつになりそう。
武漢肺炎はヨーロッパで急速に広がっている印象です。日本ではイタリアや韓国の医療崩壊を目の当たりにして、衛生観念とトリアージの必要性が認識されてきた感じです。そんなイタリアでもマスクをしている人は少ないようですよ。それにイタリア在住の日本人も住んでいる場所や職業などによって状況の捉え方が違うように思いました。ドイツは積極的な検査をしているのがちょっと心配です。PCR検査はそんなに精度が高くないので、偽陰性の人が感染を広めてしまう恐れがあるそうです。Danさんとこの本社は現地の責任で判断しろってことですか?判断は任せるにしても責任は共有して欲しいですよね。今、移動は好ましくないかもしれませんが、基礎疾患と治療中の疾病がある人は重症化のリスクが高いようなので、日本とドイツのどちらか、その時に医療体制がキープできている方を選択したほうがいいかもしれません。

とうとう帰国することになりました。

各現地法人で判断するしかないのですが、本社に伝えても回答が遅いらしくて… 明日帰国しますが、宿泊先はようやく今日の午後決定しました。系列会社の旅行代理店が手配しますが、ここがまた曲者。私が勤務している頃から変わらずのようです。空港からホテルまでの移動手段については未定… ま、フライト時間も長いので到着するまでに決まっていたら御の字ですかね。
今回の家族の帰国は万が一現地で感染して、更に病院が満杯だったりしたらそのケアが追い付かないかららしいです。私を始め、言葉の壁は大きいですし、いちいち通訳をつける訳にもいかないですもんね。

Re: Kakaさん

急な事で慌ただしとは思いますが現状を考えると現地法人の判断は賢明かもしれません。もうちょっと早かったら2週間の隔離措置には掛からなかったんでしょうけど、会社の規模が大きいと動きが遅くなるのは否めませんね。でも、こういう時に回答が遅いってどういうこと?って思っちゃいますけどね。曲者の旅行代理店…この状況でなかなかのパワーワード😅 イレギュラーな事に弱いんですか?
ドイツは、死亡者は少ないですけど発症者は多いのでそこが気掛かりです。万が一の時の言葉の問題は大きいですもんね。日本もマスクや消毒液はほとんどありませんが、食品や日用品の買い占めなどはまだ無いのでその点は安心かと思います。トイレットペーパーの買い占めはちょっと落ち着いてきたかも。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。