FC2ブログ

観光庁、発足

旅行(travelog)
09 /04 2008
先日、10月1日に観光庁が発足するニュースを見かけました。
国交省の中にある観光局がそっくり庁になるんだそうです。
庁の発足は金融庁ができた時以来なんだとか。
でも、観光局のままでもいいんじゃない?…と思いますけど。
なんだかまた税金の無駄遣いの匂いが… ムム…

そういえば最近、大学の観光に関係する専攻科が増えているのだとか。
観光の勉強で4年?
長い…と思うけど、例えばどんなことを学ぶんでしょうね???
そういえば旅行の業務取扱資格ってあったような…。
在学中にそういう資格がとれるようなサポートがあったりするんでしょうか。

他にも国交省の管理する制度に、訪日外国人に通訳もして観光ガイドもする“通訳ガイド”という仕事もあるそう。
この仕事はちゃんと“通訳案内士”という試験に合格し都道府県知事の登録を受けなければならないので、勝手にやって報酬を得ると罪になるらしいです。

通訳ガイドでふと思い出したんですが…
02年のマドリード&バルセロナ旅行の半日観光の時、日本人のガイドさんの他に現地のガイドさんも一緒に付いて来たんですよね。
オプショナル・ツアーでトレドに行った時も同じでした。

彼らは特に何をするワケでもなく、ただみんなに付いて回るかバスで待っているかだけでした。これは現地ガイドの仕事を保護するために「必ず現地人ガイドを伴わなければいけない」というスペインの法律ゆえのことでした。
なにゆえ現地ガイドさんの仕事が激減したのかはわかりませんが、
街の中で英会話学校の看板や広告を見ると、「語学力か?」と思ったりも…
スペインの人が英語を覚えるのは日本人が覚えるよりずっと楽そうだけど実際はどうなんでしょうね。

関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

観光庁が出来るのはやはり、外貨獲得もあるんでしょうかねぇ・・今までアジアの盟主でふんぞり返ってた日本が産業で韓国・中国にまくられまくっている現状で観光に行く側から来てもらう側にシフトせざるおえない位日本って国はいよいよもってダメなんでしょうかねぇ・・・
まっでもいろんな外国の方たちに日本をもっと知ってもらうには案外いいかもしれないですね。ただ所詮お国がやることだから、お役所仕事でしょうけどね!!

to:code name Nさん

外貨獲得ですか、なるほどねぇ。
ワンとも的には日本の油断もありますけど、技術提携で開発費の掛らない分だけ安価な中国・韓国製品が売れているように見えているんですけどこれは認識不足かな?
まぁ資源のない日本ですから、観光でも何でも売らないとイケないんでしょうね。
ホント、知ってもらえれば変な誤解も生まれないでしょうし。観光庁もいいですけど、場合によっては国交省と外務省でタライ回しにしそう…。

観光学科

実は・・・ 会社員になって間もない頃、ツアコンになれたらなぁと
思う時期があって、 旅行業務取扱の資格を調べたことがありま
す。法律(もしくは規定)を覚えなくてはならないことが多くて断念
・・・ ホントに根気が無いんです、私は。(-_-;) 学生時代は、通
訳にも憧れていましたよ、身の程知らずもいいとこです。通訳の
仕事って単純に語学だけ出来ればいいものではないらしいです
ね。・・・って、語学力すら無い私が言うのもなんですけど。(~_~;)
観光庁の有無はともかく、折角日本に来た外国人には、正しい
日本を伝えてあげたいものです。

to:Noraさん

ワンとももツアコンはいろんな所に行けていいなぁ、って一瞬思いましたけど、いろんなお客と付き合うのって大変だろうなとも思いました。ワンともは資格以前に語学と接客業が無理です。
通訳は語学ができる以外に得意分野を持っているみたいですね。ビジネスでも金融に強いとか食品に強いとか。観光に精通している通訳ガイドはまだ収入が低いらしいですよ。あまり周知されていないのかも…。それに金額にもよりますね。このつ二つがクリアされれば、日本ではあまり英語が通じないから外国人の需要が増えてくると思いますけどね。

通訳(ロシア語)の方が書かれている本を一度読んだことが
あるんですが、ホントにしんどい仕事のようですね。特に同
時通訳! 事前に通訳しなくてはならない分野について下調
べ、予習をして行っても、インタヴュ-の合い間に飛び出る、
その分野とは全く関係の無いジョ-クなんかを通訳しなくて
はならないとか・・・   決して、公表できないけど、「墓場ま
で持って行かなくてはならない誤訳もある!」とか。私には想
像の出来ないようなお仕事みたいです。(^_^;) 

to:Noraさん

通訳ってホントに大変だと思います。
テレビなど見ていて「今の日本語、なんて訳すんだろう?」と思う事があります。意訳もニュアンスが違ったり、開いての気分を害すような表現になったら大変ですもんね。同じ意味でも丸く収まったり、角が立ったりしますから。
語学力だけでは成り立たないセンスが必要な仕事ですね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。