FC2ブログ

海外ロングステイ 老後の過ごし方

世間話し
09 /21 2008
午後から観るテレビが無くてたまたまBSを点けたらやっていた番組『海外ロングステイ』
いわゆる老後に海外で過ごしているご夫婦を紹介する番組です。
以前、放送した番組の再放送のようでした。

途中から見たので全部は分からなかったですど移住先は暖かい場所が多いようです。例えばタイとかサイパンとかニュージーランドやオーストラリアなど。

日本の家を売却して完全に移住している人もいれば、日本と現地を行ったり来たりしている人もいました。
海外移住の理由で多いのが「寒いのが嫌」だから。春から秋まで日本にいて冬になると現地に行くそう。
ワンともはJリーグがオフシーズンになったらバルセロナに行ってサッカー三昧の生活がしたいな。
あ、それから花粉の時期も日本から離れていたい…。花粉症といえば、花粉症のない沖縄に期間限定で移住する人もいるそうですね。

海外ロングステイの皆さんは一様に大きな庭付きの家に住んでいて、価格は2,000万円前後の物件が多かったです。タイの場合は外国人が不動産を持てないらしく現地の人に名義を借りているんだとか。
ケアンズだったかなぁ…は、借地権付きの土地に大きなお家を建てていました。

基本的に現地には日本人コミュニティーがあって、高いけど日本食も買えるし日本人スタッフの居る病院もあります。月の生活費はだいたい20~30万円程度。現地の人達との交流もそれなりにあって日本では体験できない異文化交流もります。

観ているとなんだかいいこと尽くしの海外生活ですがちょっと気になることも…。

例えば名義借りや借地権付きという条件付きという物件の取得方法。
特に名義借りなんて怖いと思うんですけどどうなんでしょうね。
生活費が月20~30万というのはあまり日本と変わらないような気もしますし、特にタイなどでは高いんじゃないでしょうか。蓄えのあるうちはいいですけど先々のことまで考えるとどうなんでしょう。

それに一様に車が無いと生活できないような環境でしたけど、いずれどちらか一人になってしまった時は生活できるるのかなぁ…などなど。

以前別の番組で観た老後の海外移住の影の部分では、購入した物件が欠陥住宅だったり、貯えを遣い切ってしまったり、連れ合いに先立たれ英語のできない妻が日本に帰るに帰れない状態になっているなど、問題もあるようでした。

自分の老後に海外ロングステイの余裕があるかどうかは分かりませんが、
イザという時の事を考えて日本に戻ってこられる場所か蓄えはあった方がいいような気がしました。


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

以前の番組、何となく見たような記憶があります。欠陥住宅もですが、不動産詐欺に遭い、退職金全部を失ってしまったとか・・・ も~ちろん、騙す方が一番悪いに決まっていますが、美味しい話ばかりを信じてしまうのも見ていて情けない気がします、正直。(-_-;) どちらかが先立ってしまうのだって、冷静に考えれば当然のことです。 番組を見ていて切なかったような思いが・・・
後30年もすれば、そういう土地にも中国人富裕層が押し寄せるかもしれませんね。西洋人はスペイン、イタリアに移住、日本人、中国人は東南アジアに。医療事情のことを考えると、老後はやぱり日本がいいかなぁ。東南アジアで手術は受けたくありません・・・ 

to:Noraさん

Noraさんも観たことありますか。
客観的にみていると絶対怪しいって思うんですけど当事者になると分からないものなんでしょうね。ワンとももタイで詐欺に遭ったことがあるのでエラそうなことは言えませんが、詐欺って手口が巧妙だったりするので気を付けていても気が付かなかったりするのかもしれませんね。それが不動産となると被害額が半端じゃないのでちょっと受けるショックが違います。やっぱり「危うきに近寄らず」が一番かもしれませんね。
中国人富裕層は逆に騙してウマく物件をせしめそうですけどね。しかし、なぜ共産主義の中国に富裕層がいるのか?が不思議です。貧富の差は問題になっても、その辺の矛盾は問題にならないんでしょうかね。
日本でも場所によっては病院の閉鎖が多くなっているので、やっぱり今の住んでる所がいいいのかなぁ、なんて思っています。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。