FC2ブログ

CIRQUE DU SOLEIL(シルク・ド・ソレイユ)

アメリカ
09 /22 2008
土曜日の『世界ふしぎ発見』は“CIRQUE DU SOLEIL(シルク・ド・ソレイユ)”特集でした。
シルク・ド・ソレイユはカナダ・ケベックの大道芸人グループから始まり、今ではサーカス・エンターテイメント集団として世界中で有名ですね。

ワンとも達は『アレグリア』『キダム』『ドラリオン』の日本公演を観ていて、来年の『コルテオ』も楽しみにしています。

今年の10月1日には東京ディズニーランドの近くにできた常設シアターでの公演が始まりますし、これもいずれ行くつもりです。
ドラリオン
『DRALION(ドラリオン)』の特設会場
(代々木公園・東京/2007年2月)


ワンとも達が初めてシルク・ド・ソレイユのステージを観たのは、
2001年のラスベガスでの『MYSTERE(ミスティア)』
MYSTERE.jpg

ガイドブックに人気があるとは書いてありましたけど、行けば何とかなると思ってチケットは現地に行ってから買うつもりでした。
ところが『O(オー)』は滞在中の3日間一つも空きが無く、『MYSTERE(ミスティア)』はギリギリ一番前の一番端っこの席が開いていただけ。一番前の席と言うのはちょっと上を見上げる感じになりますが、出演者の体温とか息遣いが伝わってくるので、ある意味レアな体験ができる席でした。演技中のハッとかホッとかタイミングを取っている声やゼイゼイしているのがちょっと聞こえてきたりするのです。


翌年は事前に予約して行ったので『O(オー)』を観ることができました。
テーマが“水”のこの舞台は、ステージが瞬時にプールになったり元に戻ったリする大掛かりな仕掛けが見事でした。ワンともは今のところこれが一番の傑作だと思います。

『O(オー)』は未だに人気が高いので、もし観たい場合は事前に予約した方がいいと思います。“CIRQUE DU SOLEIL(シルク・ド・ソレイユ)”のHPか、公演場所のホテルBELLAGIO(ベラッジオ)のHPからもできるが日本語はありません。手数料は掛かりますが日本の旅行会社でも代行手配してくれます。ちなみに『MYSTERE(ミスティア)』はホテルTreasure Island(トレジャーアイランド)


04年に観た『ZUMANITY(ズーマニティ)』はちょっと大人のシルク・ド・ソレイユで、確かR-15指定だったと思います。他の公演と違ってマイク・パフォーマンスが多いので英語が分からないとちょっとキツイ。

全部は理解できなかったですが映画『ピンク・フラミンゴ』みたいな恰好のMCが下品な下ネタを連発しているのは分かりました…。最後にはちょっとホンワカして終わります。公演&予約はホテルNew York-New York(ニューヨーク・ニューヨーク)

今ラスベガスではシルク・ド・ソレイユの新作が次々と発表されているようです。もう終わっちゃったけどラスベガスでのセリーヌ・ディオンのステージ演出もシルク・ド・ソレイユでした。

観る前は内心「え~、ショー?まぁ観てもいいけど…」的な態度だったダンナ・ピットですが、『MYSTERE(ミスティア)』で完全にシルク・ド・ソレイユにハマり、今ではファンクラブにも入っています。そして時々送られてくるメルマガを見ては「観たい、観たい」と呟いています(^_^;)


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

ダンナ・ピットさんいろいろファンクラブ入られてますね(笑)
私たちもラスベガスは何度か行ったことがありますが
無料のショーしか見たことないんですよ(汗)
O(オー)は見てみたんですよねー

実は・・・ この記事読ませて頂くまで、Cirque du Soleilという名前も聞いたことのないNoraです。(汗) ダンナ・ピットさんがクラブ会員になられるくらいなので、面白いんでしょうね。ラスベガスのショ-もニュ-ヨ-ク、ロンドンに負けず劣らず人気が高いようですね。私的には、取り合えずロンドンでミュ-ジカルを観てみたいんですけどね。
R-15指定といえば、一昨日買った黒澤明のDVDも16歳以上との但し書きがありました。「腕が切り落とされるシ-ンとかあるからね・・・」とTamaが言っておりました。実は、黒澤の作品をまだ一本も(!)観たことのないNoraでした。(~_~;) 

to:まんたさん

ダンナ・ピットがファンクラブに入っているのはサッカーが二つとシルク・ド・ソレイユの3つですね。
ラスベガスは無料のショーも充実しているので、それを見るだけでも結構十分だったりしますね。しかも早めに行って場所取りしないといけないし(^_^;)
『O オー』はお勧めですよ。ダンナ・ピットがハマったぐらいですから(^^)

to:Noraさん

ワンとももラスベガスのガイドブックを読むまで知りませんでした(^_^;) シルク・ド・ソレイユはいわゆるサーカスなんですが、今までの概念を覆すサーカスなんですよ。最近のラスベガスはカジノよりショーに力を入れていると言っていました。他にもマジックやダンスなど充実しているみたいですよ。
実はワンともはミュージカルって苦手で…急に歌いだしたりするところがちょっと理解できない感じです。食わず嫌いかもしれませんけど。
ワンとももそんなに黒沢作品はたくさん観てませんよ。“羅生門”とか“乱”ぐらいかな。あとちょこちょこ観た感じだと時代モノは結構血しぶきとか凄いんですよね(^_^;) あまり子供だとショックかもしれません。

to:キリさん

はじめまして!Noraさんのブログから飛んできました♪ 私は「O」を、事前に国際電話で予約しようとして、完売だったのであきらめたという過去が・・・(泣)。地元に来た時には見に行って、やっぱりすごいーって毎回感動してます。 でもこないだの「ふしぎ発見!」は、絶対見よう~と思いつつ、忘れてしまいました

初めまして。
何故かコメントが表示されなくて、こんな形でのお返事になってすみません。
「O」はホントに人気がありますよね。一日二回公演だから三日あればどこかで観れるだろうと思っていたら甘かったですよ。今はどうか分かりませんが以前は数か月前から予約しないとダメだって言われていましたよね。日本ではこれから『ZED』『コルテオ』と二つ観れますから楽しみですね。
これからもNoraさんご同様によろしくお願いします。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。