fc2ブログ

国宝 通潤橋(つうじゅんきょう)

熊本2日目はレンタカーを借りて『通潤橋(つうじゅんきょう)』へ。
通潤橋はこんな感じの石造アーチ橋です。
※音が出ます。ボリューム注意。



通潤橋へはレンタカーを借りて行きました。
泊まったホテルの隣の日産レンタカーで借りたので移動が楽でした。
今回の相棒はハイブリッドの日産ルークス。
2023 10 熊本 レンタカー

通潤橋は、熊本駅前から約42㎞、高速道路を利用して1時間ちょっと。
公共交通機関だと“通潤橋前”バス停まで行く路線バスが桜町バスターミナルから
出ていますが、途中の停留所が75ヶ所あるので1時間40分ぐらい掛かるようです。

車の場合は、この『道の駅 通潤橋』に停めると便利です。
橋の上の観覧はできますが事故防止のために人数制限(先着300人)があります。
観覧の申し込みは道の駅物産館で、観覧料は500円/町外の大人一人。
チケットはシールになっていて服やバッグに貼れるようになっています。
2023 10 熊本『通潤橋』⑤


通潤橋は谷間を流れる川の水を白糸台地の田畑に上げるための
農業用水路として造られた石造アーチ橋です。
着工から1年8ヶ月を経て1854年(嘉永7年)に完成。
水路の長さ119メートル、橋の長さ78メートル、高さ21.3メートル。
2023年に国宝に指定されました。
2023 10 熊本『通潤橋』②


橋の上へは斜面に整備された階段を上ります。
橋の上はこんな感じで、この下を3本の通水管が通っています。
両脇にある白線より外に出てはいけません。
柵などはありませんが、転落事故は一度もないそうです。
2023 10 熊本『通潤橋』③


こちらは取水口側(上流)から見た通潤橋。
水は中の通水管を通って画面の左側から右側へ流れていきます。
一度下ってから上る逆サイホン方式なので、向こう側が上り坂になっています。
2023 10 熊本『通潤橋』①


こちらは取水口側の水路。
この辺りには岩尾城というお城があったようです。
2023 10 熊本『通潤橋』⑩


石造りの取水口。
ここから取り入れられた水は3本に分流し、
橋を通る3本の通水管を通って反対側の吹上口(ふきあげぐち)へ。
2023 10 熊本『通潤橋』⑪

次は橋の上を通って反対側へ。

橋の上から見た道の駅側。
2023 10 熊本『通潤橋』⑨


こちらが上から見た放水口。
木製の杭のようなもので栓がしてありました。
白線ギリギリのところでも高くて足がすくみました。
2023 10 熊本『通潤橋』⑥


こちらが吹上口(ふきあげぐち)。
取水口からと入れられた水は通水管を通ってここに出てきます。
2つのトンネルの上には“通潤遂道”というプレートがありました。
このトンネルを通って白糸台地へ水を送っているんでしょうか。
2023 10 熊本『通潤橋』⑦


吹上口の少し上にある“御小屋(おこや)”
通潤橋工事の際の監督小屋として建てられ、現在は管理などの会議で使用されているそう。
白糸台地に最初に水が吹き上がった場所でもあるので、
“吹上所(ふきあげしょ)”とも呼ばれているそうです。
2023 10 熊本『通潤橋』⑧


さらに上に行ったところにある“布田神社”
通潤橋を造ることに尽力した当時の惣庄屋だった布田保之助を祭っています。
2023 10 熊本『通潤橋』⑫

布田神社の周囲にも数十台分の駐車場とトイレがあって、
通潤橋までの散策路にあるお土産物店でも観覧チケットが購入できるようでした。


ちなみにこちらは通潤橋に水を送っている“通潤用水小笹円形分水”
昭和31年築で、通潤橋から4キロメートルほど離れた笹原川の傍にあります。
川から取った水を農地面積に合わせて他の地区と均等に分けるための水利施設です。
2023 10 熊本『通潤用水 小笹円形分水』

このような分水施設は全国に残っていて、円筒分水とも呼ばれているそう。
私の地元の福島にある安積疎水(あさかそすい)にも
“白江幹線円筒分水工”というのがあるそうです。知らなかった~。
昭和31年築なので小笹円形分水と同じ年にできたんですね。

余談ですが、福島県人なら絶対に習う安積疎水。
明治初期、水利が悪くてただの野っ原だった安積原野。住人も少ないうえに超の付くド貧乏生活。
そこに疎水を造って猪苗代湖から水を引き形成した穀倉地帯は、
平成の大合併で市域が広くなった新潟に抜かれるまで米の生産量が日本一でした。
農業のほかに水力発電、工業用水、飲用水にも使われています。

その安積疎水を造ることに尽力したのはオランダ人土木技師のファン・ドールン。
後にその功績を称え彼の銅像を造りましたが、第二次大戦中の金属供出の際には
「大恩人の銅像を溶かしたらダメだっぺよー」と、土に埋めて隠したと授業で聞きました。

最近のことはすぐ忘れるのに、昔習ったことは覚えているものですね。
今度、地元に帰ったら行ってみようかな…

関連記事

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
人気ブログランキング
人気ブログランキング


SHARE

コメント 4

There are no comments yet.
Kaka
2024/01/13 (Sat) 13:41

通潤橋

初めて知りました。こういう観光地があるんですね。「田舎」加減が素敵です。道の駅もいい! それなりに手をかけて整備されているんでしょうが、元の姿も残したまま最低限の整備をされているんじゃないでしょうか。
柵が無いのは多少不安ですが、ルールを守って通行していればこの先も事故は起きないでしょうね。スキー場とか禁止区域で滑って事故に遭ってる観光客も多いですもん。

確かにどうでもいい昔のこと、覚えていることがあります。私は「4391586」ですかね。小学5年生の時の担任が無作為に黒板に書いた数字です。「この数字をいつまで覚えていられるか」ってことだったんですけど今でも覚えています。その担任は好きじゃありませんでしたけど。😟

取って付けたようで申し訳ありませんが、本年もどうぞゆる〜っとお願い致します。

片田舎動物病院
2024/01/14 (Sun) 09:42

一度見てみたい通潤橋、
遠くてなかなか行けませんね。

ワンとも
ワンとも
2024/01/14 (Sun) 18:09

Re: Kakaさん

通潤橋は、国宝になる前は国の重要文化財だったので、それなりに補助金は出ていたんじゃないでしょうかね。熊本地震と熊本豪雨でかなり被害があったようで、ずっと修復工事をしていたようです。橋の上の見学や放水も1年ぐらい前に再開されたばかりのようですよ。
橋の上には警備の人がいて注意喚起しているのもあると思いますが、今後もみんながルールを守って無事故が続くといいですよね。
忘れられない数字と一緒にそんなに好きじゃなかった先生を思い出すのはちょっとモヤっとしますね。私は高校受験の受験番号だけは未だに覚えていて、勝手にラッキーナンバーだと思っています。

こちらこそ新年のご挨拶が遅くなりまして…
本年もよろしくお願いいたします。

ワンとも
ワンとも
2024/01/14 (Sun) 18:14

Re: 片田舎動物病院 院長さん

熊本までもなかなか遠いですもんね。
いつか機会があったら是非。

2023 熊本・宮崎