FC2ブログ

7Portes(セッテ・ポルタス)

バルセロナのグルメ
10 /13 2008
またまた柴・真野夫妻の話しでナンですが、昨日のサン・ジュセップ市場で買い物した材料を使ってバルセロナ最古のレストラン『7Portes(セッテ・ポルタス)』のキッチンで真野響子がパエリアを作りました。オリーブオイルの替わりにごま油を使い、パエリアには入れないと言われたマテ貝を入れ、キノコ色々をぶち込み、醤油で味付けをしていました。7Portesのシェフは「美味しい」と言っていましたが、ちょっとどうなのよって感じでした。

7Portesとは7つの扉という意味。
建物は国の歴史建造物にも指定されています。
場所は旧市街、地下鉄バルセロネータ駅から徒歩約3分。
7Portes
『7Portes(セッテポルタス)』外観
(バルセロナ・スペイン/2004年11月)



店内は広く、日本語のメニューもあるから注文も安心です。
最初に行った時は奥の小さいテーブルに並んで座らされました。
変な感じでしたけど周りもそうやって座っていたからそういうものなんでしょうね。メニューは伝統的なカタルーニャ料理からパエリアまで。
ちょっと味が濃いように感じましたが、この雰囲気はお勧めです。バルセロナに行ったら一度は行ってみるといいかも。予算的には50~70ユーロぐらいでしょうか。
7Portes②



今ワンともが住んでいる所は、外食不毛地帯。
チェーン店は多いけど個人のお店があまりありません。
そこに最近小さいイタリアン・レストランができていました。
今日初めてランチに行って来たが期待以上に美味しかったです。
お値段も前菜、フォカッチャ、パスタ、飲み物が付いて1050円、デザートを付けると1250円。しかもフォカッチャはお代わり自由と嬉しいサービス。
これから何度もリピートしそうです。今度はディナーも試してみたいですね。
T-前菜 ツナと小松菜のトマトソース
(左)前菜とフォカッチャ、(右)ツナと小松菜のトマトソースのパスタ

ベーコンと半熟卵のクリームソース カボチャのプリン
(左)ベーコンと半熟卵のパスタ、(右)カボチャのプリン

関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

バルセロナ最古のレストランで、なんちゃってパエリア・・・。ううむ。スペイン人がゴマ油や醤油を本当に美味しいと思うものなのですかね~。

と、いうよりも、どこかの一般家庭のキッチンで交流を兼ねて「こんなパエリアはどう?」という感じに披露するのはいいかもしれないけど、歴史あるお店なら、もっと敬意を示した方がいいんじゃないの?と思います。個人的には・・・。

その番組を見てないので、あくまで感想ですが。

ウチの近所にはわりとレストランや中華料理のお店がありますが、ダンナと行くとだいたい決まった店ばかりです。もっと、同じ年くらいの奥さんたちとこじゃれたお店でランチしたいですe-274

パエリア?

ごま油に醤油だとパエリアというよりビビンバ?(笑)
イタリアン・レストランおいしそうですね(*^_^*)
デザートもついて1250円はお得かも
最近は個人のお店でもお洒落でおいしいところ多くなりましたよね
たまにはずれもあるけど(苦笑)

to:ラーダ・ドゥーナさん

ごま油に醤油じゃ炊き込みご飯ですよね。おっしゃる通りここが創作料理のレストランとかパエリアの作り方を習うっていうなら分かるんですけど、なんだかやりたい放題でお店にもパエリアにも失礼な感じがして、あまりいい気はしませんでしたね。彼女はどこに行っても独善的に事を運ぶタイプに見受けました。

ウチの外食も同じようなモノですが、チェーン店以外のお店が少ないので、だいたい同じ所ばっかりになっちゃいますね。おしゃれなお店はちょっと足を延ばさないといけないので、面倒でついつい近所ばっかりになってます(^_^;)

to:まんたさん

ゴマ油と醤油が使いたかったら韓国か中国に行くべきでしたね。隠し味ならともかくパエリアのの味付けで使うのはどうかと思いました。
ご近所のイタリアンは久々にヒットでした。
今まではイタリアンを食べるのに少し遠いお店まで行っていたので、ちょっと嬉しい発見でした。もっといろんな種類のお店が増えるともっと嬉しいですけど(^^)

7 Portesでイカ墨リゾットを食べましたよ。行列すると聞いており、実際に行列も見ていたので、”決行”の日は早い時間に行きました。難なく入れましたけど。美味しかったです、リゾット!!

外食不毛地帯ですか・・・ 私は飲んで直ぐに帰宅できる所に住みたいです。(実際、渡独前は住んでいたんですけどね。) 会社帰りに途中下車して飲みに行き、更に電車に乗って帰宅する・・・ なんてことはもう考えられません。(-_-;)
ワンともさん宅も素敵なイタリアンレストランが出来たようで良かったですね。フォカッチャお替り自由は嬉しいですね。(^。^)

to:Noraさん

イカ墨…アロス・ネグロですね。ワンともも7Portesで食べましたよ。最初に行った時、ずいぶん早く着いたのにもうすでに並んでいました。いろんな国のガイドブックに載っているみたいなので、それで混むんでしょうね。

ワンともももう飲んだ後の電車帰宅は無理ですね。仕事を辞めてから飲み会自体がほぼ無くなりましたけど、ワンともはみんなと逆方向に住んでいたので、会社を境に家と逆の場所で飲むことが多くて帰ってくるのが大変でした。特に週の初めにそんな飲み会があると一週間がしんどかったですね。
今は家から歩いて行けるお店にばっかり行ってます。それで外食不毛地帯だから同じお店ばっかりになっちゃうんですよね(^_^;) 新しいいイタリアンのお店は当たりでした。次は違うパスタを試してみようと思います。

タイトルを見て、「スペイン語はやっぱり仏語と似ている・・・」と思いました(笑)。フランス語では、スペルは全く同じなので(数字のスペルは違うかもしれませんが、「セット」という似た発音です)。

素敵なお店ですね♪

ああ、写真を見てたら朝からお腹がすいてきちゃいました(^^;)。

to:キリさん

この『7Portes』は、多分カタルーニャ語だと思います。カタルーニャ語はスペイン語とフランス語の中間みたいな言語らしく、例えば「さようなら」はAdeuでフランス語に似ていますし、「ありがとう」はGraciasでスペイン語と同じだったりします。ちなみに「7」はスペイン語だとシエテ、カタルーニャ語だとですから確かにフランス語とも微妙に似てますね。

7Portesは雰囲気のある老舗らしいレストランでした。
バルセロナに行かれたら是非。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。