FC2ブログ

ノイシュバンシュタイン城バスツアー② リンダーホフ城

2007 バルセロナ&ミュンヘン
10 /24 2008
ノイシュバンシュタイン城バスツアーにはオーバーアマガウ近くにある小さなお城リンダーホフ城の見学も含まれていました。
このお城もルードヴィヒ2世が造った城の一つ。こじんまりとした白亜の城。
Linderhof8.jpg
『リンダーホフ城』(オーバーアマガウ・ドイツ/2007年12月)



まずチケットはガイドのおばさんが言語ごとに買ってくれました。
日本人は15人程度。時間制なのでチケットに記載されている時間までにお城の入り口まで行くようなシステムになっています。日本人グループはイタリア人グループの後。
Linderhof6.jpg Linderhof_201507091718524e2.jpg
画像左『リンダーホフ城のチケットセンター』
画像右『チケットセンターからお城までの景色』



入口の前に広がるこの庭園、ヴィスコンティの映画で観ましたよ。
映画では新緑だったけど今回は雪景色。
味気ない板の雪囲いが残念…。
Linderhof1.jpg



お城の入り口まではチケットセンターから徒歩5分ほど。
このお城はフランスの太陽王ルイ14世へのオマージュだそうで、なるほど小さいながらもロココ調の華麗さ。中は假屋崎省吾の家みたいでしたが、悪趣味には感じませんでした。
人嫌いなルードヴィヒ2世が、誰にも会わずに食事をするためのせり上がる食卓なんていうものを開発して設置したんだそうです。セレブの考える事は分かりません…。
Linderhof4.jpg
『リンダーホフ城の入り口』
内部は撮影禁止。

ここではイタリア人の子供が雪を投げて大騒ぎしていました。
誰かに当たるかもしれないのに親は叱らないんですよ…。
これが噂に聞くイタリアのモラルの崩壊でしょうか。


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

ワンともさーん、いよいよ明日、お互い今シーズンの締めくくりに行きますよね!?
非常---に今名古屋はヤバイですが何とか磐田を潰して鹿島にくっついて行きますよ~。
明日の写真はもちスタジアム写真になります!!!

to:code name Nさん

いよいよ残り5試合になりましたね。
鹿島は明日、案外苦手なアウェイでFC東京です。
このまま最後まで勝てば逃げ切れますが、まだ好調大分も残っているので気が抜けません。一試合の勝敗で順位が入れ替わりますからね、抜かれないように気を付けねば。
磐田も残留が掛っているので手強いと思いますよ~。
スタジアム観戦、頑張ってくださいね。
画像UP楽しみにしてます。

南国九州育ちのNora、雪景色にはちょっとした憧れがあります。(^。^) リンダーホフ城内は撮影禁止だということですが(Noraは行ったことがありません・・・)、西洋では教会内部の撮影が許されていることが多くありませんか? ちょっと意外でした。 

え~~!! イタリア人の親って厳しそうですけどね。ちょっと悪さすると、今でも手を上げるイメ-ジがあるんですけど。時代は変わっていってるんでしょうかね。

to:Noraさん

鹿児島に住んでいる従姉妹達は、おじいちゃんのお葬式の時に初めて雪を見てはしゃいでいました。お葬式なんですけどね…よっぽど嬉しかったみたいです。
そうですね西洋の協会は撮影しても大丈夫ですね。美術館も撮影可能な所もあって意外でしたね。絵画は撮影禁止なのが多いですけど。

この時のイタリア人の親達は叱りませんでしたね。ちょっと「こらっ」みたいな感じだけで。以前テレビで観たんですけどイタリアではモラルの崩壊が社会問題になっていると言っていました。日本もその辺は他人事じゃない感じですけどね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。