FC2ブログ

ノイシュバンシュタイン城バスツアー④ マリエン橋

2007 バルセロナ&ミュンヘン
10 /29 2008
ホーエンシュバンガウから乗ったシャトルバスはジグザクと山道を登りマリエン橋の近くへ停車。少し歩くとすぐ見えてくるマリエン橋
橋の名前はルードヴィヒ2世の母親に由来するそうです。
MarienBrucke.jpg
『マリエン橋の入口』



この橋は、結構な断崖絶壁に渡されています。
MarienBrucke2.jpg
『お城から見たマリエン橋』



橋の骨組みは鉄骨ですが足場は板が渡してあるだけ。
板と板の隙間からは下がチラチラと見えて歩くたびにミシミシいいます。
高所恐怖症の人には辛いかも。実際1枚目の画像に映っている白い帽子に水色のダウンジャケトを着ている女の人はここから一歩も動きませんでした。
MarienBrucke3.jpg



でもこの橋はお城を見るベストポジション。
ここまで行かないと眼下に広がる絶景は見られないのです。
Neuschwanstein.jpg
『ノイシュバンシュタイン城』



関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

この眺め!!

ノイシュヴァンシュタイン城内のツア-の途中でも似たような赤い屋根の家の田園風景を目にしましたよ。(ベストポジションではありませんでしたが。) 渡独後2日目に見たので、「ドイツだぁ~」と感激して見たのを覚えています。建物に統一感があるのって、良いですよね。日本にはそれが無くなってしまって残念です。(-_-;)

おおー

かなり断崖に架かっている橋ですね
しかもちょっとしなって見えるのは気のせい?
でも素晴らしい!!! 絶景です!!!
この絶景を見るためなら多少の恐怖感は
克服しないとダメですよね(笑)

to:Noraさん

お城の中からも外は見えますが、しっかり見るにはやっぱりマリエン橋からですよね。
シュバンガウにあるヴィース教会にも行ってみたかったんですよ。昔何かの表紙になっているのを見て、いいなぁと思っていたんです。残念ながら今回は行くことができませんでしたが。
ヨーロッパの街並みはホントに風景として素晴らしいですが、日本とは地勢的な条件が違うからでしょうね。大きな地震がある度に古い日本家屋が倒壊しているのを見ると、どうしても今時の住宅になってしまうのかもしれません…。

to:まんたさん

橋の上にいる時も高いなぁと思いましたけど、下から見て改めて高い思いましたね。
しなっていたかどうかは思い出せませんが、ガタガタ音はしてましたね。まぁ板の厚みもありましたし大丈夫なんでしょうけど隙間があるのがちょっと怖かったですね。
ワンともが行った時は曇っていていましたがそれでも素晴らしい景色でした。季節によってはホントにキレイだと思います。日本人が大勢行くのも納得ですね。

マリエン橋、私はもっと長くて怖いかと思ってましたが、意外に短かったし、高さも感じなかったので、あまり怖くはありませんでした(XXと煙は高いとこ好き・・・)。

申し込み先は違いますが、参加したのはたぶん同じバスツアーだと思います。私のガイドはおじさんでしたけど(^^)。便利ですよね、ラクチンで。

お城、私が行った時は思いっきり足場が組まれてました・・・(泣)。ワンともさんはいい時期に行かれてよかったですね。

マリエン橋

Yo-は雪のノイシュバンシュタイン城をみにいったので、案の定シャトルバスは走っていなくて、マリエン橋からの風景をみることができませんでした。
今度行く機会があったら、絶対マリエン橋からの風景を見たいと思っています。
うらやましーです!!
馬車は結構混んでいて、同じツアーの人の大半は雪道をあるってお城まで行きましたよ。
Yo-には考えられない行動です。

to:キリさん

ワンともはもっとシッカリした橋だと思っていたので、足場が板でビックリしました。板がバキッとかいったらどうしようなんて思うと手に汗かきました。もし、あれが吊り橋だったら無理だったでしょうね。

募集は別でも同じツアーなんでしょうね。
時間があれば個人でいくのもいいんでしょうけど、バスツアーはなんと言っても楽ですよね。

お城、工事中だったんですか。残念。
ワンともはレジデンツが工事中でしたよ。

to:Yo-さん

雪が降るとマリエン橋は閉鎖されるみたいですね。
冬季はバスも橋もダメだから、行きは馬車で帰りは歩だなぁと思っていたんですが、幸いバスも橋もOKでした。さすがに行きの徒歩は辛いですよね。
お城を見る前にバテちゃいますよ。
でもせっかくだから雪景が良かったかも。
なんだか曇りって微妙な感じでしょ。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。