FC2ブログ

ノイシュバンシュタイン城バスツアー⑤

2007 バルセロナ&ミュンヘン
11 /01 2008
少し早いけど、今日からテンプレートをクリスマス・ヴァージョンに変えた。
ちょっと寒い感じかな…。


マリエン橋からの眺めを堪能した後は、いよいよメインのノイシュバンシュタイン城へ。ちゃんと標識が出ているので迷わずお城にたどりつける。
橋からお城まではぼちぼち歩いて15分ほど。
標識

道すがら麓の町ホーエンシュバンガウの景色が見える。
麓では気が付かなかったけど、ここでアルプ湖の存在が判った。
ホーエンシュバンガウとアルプ湖
『ホーエンシュバンガウ城とアルプ湖』

そして徐々に見えてくるノイシュバンシュタイン城の白亜の姿。
ノイシュバンシュタイン城

城門をくぐると中庭に出る。ここが内部に入るまでの待機場所。
ここからマリエン橋も見える。
城門
『城門』
奥に見えるのが中庭。

入場はチケットに振ってある番号順に入る。
このバスツアーに参加した日本人はみんな同じ番号で、中に入る時に日本語のイヤホンガイドを渡される。お城は中世的だけどシステムは合理的だった。
入場ゲート
『入場ゲート』
見学料は8ユーロ。
チケットはホーエンシュバンガウのチケットセンターで買うのだが、
バスツアー参加者はガイドのおばさんんがまとめて買ってくれた。

中は撮影禁止なので内部の画像は無い。
完成する前に王が失脚し謎の死を遂げたので、一部造りかけのまま放置されている場所もあったし、玉座の間に玉座は届かなかった。
住んだ期間が180日に満たないせいか、リンダーホフ城に比べると調度品なども少なくてさっぱりしているように感じたし、様子は中世だけど本当の中世のお城に比べると新しい城なんだなぁと思った。実際、例えばセントラルヒーティングだったりして、設備は当時の最先端を採用していたらしい。
あくまでも夢の城で、生活まで中世に拘ることはなかったということか…。
何はともあれ、去年この城に行ってワンともの希望一つは叶ったのだった。







今日はナビスコ杯決勝だった。
いつもは11月3日だけど今年は1日。
3日は晴れの特異日らしいけど、1日の今日も晴れた。
木枯らし一番が吹いたせいで風が強くて少し寒かったけど。
さて今年の顔合わせはちょっと「地味だね」なんて思っていたけど、
なかなかに盛り上がった決勝に相応しい内容だった。
結果、大分が初優勝したけど、清水が勝ってもおかしくなかった。
結局チャンスに点が入ったかどうかという差だけだったように思う。
ワンともは、判官びいきでつい大分を応援してしまっていたけど。
02年ナビスコ杯・決勝
『2002年ナビスコ杯・決勝』
鹿島アントラーズ-浦和レッズ
関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

おぉ~~

懐かしい、Kの改札口のようなゲ-ト!! 上京したての頃に自動改札口でエラ-になっちゃうとビビッていたNoraですが、お城のゲ-トでもちょっとビビッていました。案の定、一度はエラ-に・・・ 本当に鈍臭いNoraです・・・ (-_-;)
やっぱり、ドイツ=ノイシュヴァンシュタイン城というイメ-ジはありますよね。帰国前に、もう一度行っておきたいと思います。

to:Noraさん

お城の様子が様子だけにもっとアナログな入場を想像していたんですが、合理化されていてビックリしました。
自動改札って最初はドキドキしましたよね。
ワンともは、特に海外のバーを押すタイプの自動改札が苦手です。
ドイツというとやっぱりノイシュバンシュタイン城ですね。ワンとももチャンスがあれば違った季節に行ってみたいです。シュバンガウにあるヴィース教会も行ってみたいですしね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。