FC2ブログ

バスクBAR(バル)とピンチョス

バルセロナのグルメ
11 /08 2008
次のFCバルセロナ観戦旅行まで一ヶ月を切った。
今回はベネチアに初めて行くので、ガイドブックやネットで色々と情報収集しているところだ。
スペインではBAR(バル)という朝から晩まで開いている居酒屋があるが、ベネチアにもバーカロという似たような形態のお店があるらしい。
ベネチアは物価が高いらしいのでバルのようなお店があるのは嬉しい。

スペインのバルは小皿料理(タパス)をつまむタイプが多いけど、バスク発祥のバルはピンチョスという一口系だ。
パンの上にいろんな具が乗っていて爪楊枝が刺してある。
お会計はこの爪楊枝の数で計算する。
だいたい一個2ユーロ前後。
カウンターに並んでいるピンチョスを指さし注文すればいいので、スペイン語ができなくても安心だ。
ピンチョス
『ピンチョス』
見ていると楽しくてついついあれもこれもと注文してしまいがちだが、気を付けないと意外と高くつく。
でも、ピンチョス目当てにバスクBARのハシゴも楽しいかも。

バスク・バル『TXIRIMIRI』
バスク・バル『TXIRIMIRI』(バルセロナ旧市街/2007年2月)
なんとなく入ったので詳しい場所が分からない。
確かサンタ・マリア・ダル・マル教会の近くだったと思う。

関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

ピンチョス見た目もよくて美味しそうですね~
色々な種類があったら沢山食べたくなっちゃいそうです。

to:太陽ピカピカさん

ピンチョスは目に楽しく食べて美味しかったですよ。
バフェみたいにいろんな種類があると、ついつい取り過ぎちゃいます。

ピンチョス

Tamaが大好きなんですよね、ピンチョス。スペインではピンチョスの専門店もあるじゃないですか? そういうお店に行きたがって、二度ほど行ったんですが、正直私は普通のタパス屋さんの方が良くて・・・ (~_~;) ピンチョスもそれなりに好きですが、そればっかりだと・・・

ワクワクしますね、バルセロナとヴェネツィア旅行!! イタリア旅行は(イタリア旅行に限らないかもしれませんが・・・)、下調べがポイントだと思います。イタリアを嫌いにならないためにも、どうぞ入念な下調べを!! 

to:Noraさん

いくら好きでもピンチョスばっかりっていうのは飽きますね(^_^;)
タパス屋さんはちょっとずつ色々食べられるし、量も調節できるのでもっぱらお昼に利用することが多いです。でも夜の方がメニューが増えるみたいですけどね。

バルセロナはまたちょっと日帰り近郊の旅に行こうと思っています。ヴェネチアはどんな印象をもつかドキドキですね。調べても調べても不安ではあります。下調べにダンナ・ピットは一切参加しないですしね(~_~;)

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。