FC2ブログ

クリックエアー(clickair)

2008 バルセロナ&ヴェネチア
12 /29 2008
エアーの紹介をしてきたので、
ついでに今回の旅行で利用したエアーをもう一つご紹介。
ヴェネチアへの小旅行の際に利用したクリックエアー(clickair)はバルセロナに本拠地を置く格安航空会社で、スペインのフラッグキャリア・イベリア航空の子会社。
予約等の経緯は以前の記事でご紹介したので、今回は実際に搭乗した様子を。

バルセロナ・プラット空港のヴェネチア行きのターミナルは“B”
クリックエアーのカウンターで荷物を預ける際に「ビザは?」と聞かれた。
そんなこと聞かれた事が無いのでちょっと面喰ったけど
日本の近所の某国と間違えたか混同したのかも。
それに日本人がこのルートで飛ぶのも珍しいだろうし。
実際搭乗してみたらアジア人はワンとも達だけだった。
日本人がイタリアへ行く時に3か月以内の観光旅行ならビザは必要ない。

バルセロナとヴェネチアは所要時間1時間半ほど。
とはいえ国際線なので出国審査を受けた。

クリックエアーの飛行機は全部エアバス320だそうだ。
ワンとも達が乗ったのもエアバス320。
座席の並びは3-3の約180人乗り。
エアバスだから当然シートはRECARO。
シートのピッチも心なしかボーイングより広いような気がした。
clickair①
『バルセロナ・プラット空港のゲートから』

格安エアーだけあって飲み物や食べ物は全部有料。
その辺は割り切って低価格に徹していて清々しいぐらいだった。
ちなみにドリンクは3~5ユーロぐらい、
サンドイッチなどの軽食が8~10ユーロぐらいだっただろうか。
一応免税品の販売もあった。

帰りの飛行機の機体はナゼか真っ白。
雲に対して保護色だ。
ペイントが間に合わなかったのか急に機体を交換したのか…。
でも問題なく無事にバルセロナに着いた。
バルセロナに着いたらなんだかちょっとホッとしたのが不思議だったナ。
clickair②
『ヴェネチア,マルコ・ポーロ空港にて』

関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

1時間程度のフライトなら、飲み物や食べ物は有料でその分安くしてもらうほうがいいですよね。私なら機内で配られるコーヒーより、スタバのカフェラテを機内持ち込みするほうがいいです(笑)。

ただ、エア・カナダで毛布が有料なのはちょっと悲しかったですが・・・(まあ安いんですけどね。気分的に)。

1時間ほどのフライトなら、過剰なサービスがなくてもガマンできる時間ですね。それよりも価格を抑えたいって人もいるでしょうし・・・。

しかし、機体に何もペイントがないっていうのは・・・。ディスカウントショップのプライベートブランドとかシンプルなパッケージの商品がありますが、あれもシンプルでいい、と思うか安っぽいって思うかは人それぞれですものね・・・

飛行機だと自分の身を任せるので、大丈夫?って思ってしまいそうですね

to:キリさん

そうそう一時間程度なら飲み物や食べ物より料金を取りますよね。
これが9.11のテロ以来、液体の持ち込みが厳しくなって
気軽に持ち込めなくなったのはイタイです。
日本にもこういった格安エアーが登場してもいいと思うんですけどね。
ただ預け入れ荷物も一個から有料なので、あからさまに規定以上の大きさの荷物を持ち込みにする人がいて機内の荷物入れが大変なことになってました。
これは二個目から有料の方がいいですね。
毛布も有料ですか。そういえばクリックエアーも毛布無かったかも…。
ただ長距離で出ないとちょっとナンですね。

to:ラーダ・ドゥーナさん

そうなんですよ。一時間ぐらいなら飲み物がなくても大丈夫ですよね。
海外の格安航空会社ってホントに安いし、
時間帯で料金設定を変えたり色々と工夫もあります。
日本にも海外並みの格安エアーが参入して欲しいですけど、
いろいろと制約が多いんでしょうね。

最初にこの真っ白機体を見た時は、
ウォームアップもそこそこでゲームに出るみたいで、
確かにちょっと「大丈夫?」って思いましたね。
結局問題はなかったんですけど、
見た目に一般的じゃないと不安になるものですね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。