FC2ブログ

Castell de Sant Ferran(サン・フェラン要塞)

2008 バルセロナ&ヴェネチア
01 /20 2009
ようやくCastell de Sannt Ferran(サン・フェラン要塞)
1753年から13年かけて造られた周囲が5kmもあるヨーロッパ最大規模の要塞だそうだ。今はスペイン軍が管理しているので軍人さんが出入りしているのを見かけた。

まずは城門の所にあるインフォメーションで入場料3euro也を払う。
Sant Ferran③

カフェらしき所にもタマゴのオブジェが。
タマゴに象徴されるフィゲラス。
Sant Ferran⑯

アーチの橋桁の橋を渡って要塞へ。
Sant Ferran④

いつの時代の大砲だろう。
Sant Ferran⑩

今も使われていると思われる宿舎らしき建物。
Sant Ferran⑨

遠目でも「ランド・ローバー」だと分かったダンナ・ピット(さすがカーキチ)
スペイン軍は軍用車にランド・ローバーを使っているようだ。
Sant Ferran⑧

要塞のメインの部分はかなり広かった。
なにせ最大一万人の兵を収容できたらしいので。
ここで閲兵とかしていたのかも。
Sant Ferran⑦

20世紀前半は市民戦争の真っ最中だったスペイン。
この要塞は共和国政府の臨時首都だったこともあったがフランコ軍の猛攻で落城。その際の近代戦で大きな痛手を受け、あちこち崩れたり焼けて黒くなったり弾痕の跡が今も残っていた。もっと以前、ナポレオンとの戦争でも激戦地だったらしい。
Sant Ferran⑫ Sant Ferran⑥

要塞には地下もあって、下の画像はどうも厩舎だったようだ。
露出を上げているので明るく見えるけど、実際はもっと暗くて不気味です。
Sant Ferran⑤

こういう要塞の造りを見るとむかし見た日露戦争のドキュメンタリーを思い出す。城壁、窪み、城壁、窪みという風に造ってあってなかなか突破できないようになっているらしい。この窪みに入って来た敵を上から狙い撃ちするそうだ。そう思うと撃ってこなくても逆の視点はちょっと怖いかも。
Sant Ferran⑬ Sant Ferran⑭
日露戦争と言えばいよいよ今年の年末からNHKで『坂の上の雲』の放送が始まる。その分、大河が早く終わっちゃうらしいけど。

要塞から見える山並みの向こうはもうフランスらしい。
Sant Ferran⑮

夏以外は15時で終りだから、要塞に辿りついた時はあと一時間しかなかったけど、まぁ余裕でしょうなんて思っていたら甘かった。
大まかに順路を辿ってちょうど一時間ぐらいだった。
周囲5kmはダテじゃない。

関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

ワンともさん、今やってますねぇ!アジアカップ。
しょうもないからPCに向かってます^^
あっ今、点が入ったようです。田中かな!?
W杯の予選中のカップ戦はようわからんですね。

歴史にはつきもの

歴史には人の死がつきものですよね
悲しいことですが
その場が今では観光地
不思議な感じがします
悲しい歴史を繰り返さないように
ちゃんと目を見開いて
いろいろ考えながら見学しなくちゃいけませんよね
Yo-は建物の表面だけしかみていない
反省しなくちゃって思いました
とは言いながら、スペインからフランスが見えるなんてとってもステキ
ワンともさんのスペイン紀行が終わるまでに
何度もYo-は「スペインに行ってみたい」とコメントかくことだろう・・・

to:code name Nさん

やってましたね~、アジアカップ。
ワンとももながら見でしたよ。
アントラーズからも3人でてましたけど、
どうせ今回いなかった連中が戻ってきたら出れないんでしょ、ケッって感じですよ。何はともあれケガが無くて良かったです。
勝ってもつまらんですなぁ、岡ちゃんのサッカーは。

Re: 歴史にはつきもの

愚かしいとはいえ戦いで亡くなった人達を忘れないことが
せめてもの供養になるでしょうか。
後世、草茫々で何があったかも分からなくなってしまっては
浮かばれないような気もします。
それに、こういった史跡に多くの人が訪れる事によって
平和への啓蒙になるといいですよね。
とはいいつつ人の国の歴史なので
ワンともも表面的であんまり深く考えて
見ているワケでもないですけどね。
スペインというかバルセロナは面白いのでお勧めです。
4月になったらサーチャージも大幅に下がるでしょうから、
そうしたらずいぶん行きやすくなるでしょうね。

こんばんは~
写真が沢山で見応えありますね~
なんだか映画にも出てきそうな場面。
こんなところで戦争が行われていたんですね~
大砲を見るとそうなのかなという感じがしますし、あちこち崩れたり焼けて黒くなったり弾痕の跡が今も残っていたと聞くと少し怖いですね。戦争って嫌なものです。

to:太陽ピカピカさん

こんばんは♪
この要塞は結構広くて写真をいっぱい撮ったので
勿体ないから多めに載せてみました。
なんだか同じような絵柄の画像ばっかりなんですけどね。
確かに映画に使えそうでしたよ。
セットじゃないだけにちょっと生々しいですよね。
一応スペイン軍が管理してますが、また戦場になったりしない事を祈ります。

戦争の重み

Keiはヨーロッパを訪れたことがなく、
スペインは、映画「ひまわり」を見て、いつか行って見たいと思っている国の一つです。
でも、華やかなイメージとは裏腹に、
古い歴史の中に悲惨な出来事が沢山あったことをKeiは全然知らないなぁと反省・・・(特に要塞の地下をみると感じますね)

to:Keiさん

ヨーロッパは日本と違って陸で国境を接しているので
何あるとすぐ周りに影響し易いんでしょうね。
いつもどこかでもめ事が起きているような気がします。
スペインは30年ぐらい前までは独裁政権だったし、
そのせいで近代化が遅れたと言われていますね。

「ひまわり」…知ってますが見たことないです(~_~;)
スペインというとひまわり畑のイメージですが、
あれはアンダルシア地方で見れるようですよ。
ワンともも一度見てみたいと思っています。

NHKで『坂の上の雲』

楽しみなんです、このドラマ。香川照之、良い役者だと思います。段々、浜木綿子に似てきてるように思うのですが、どうでしょう? (・_・)? 

周囲5kmもあるんですね、要塞。ナポレオン軍というと、私の中では世界史の教科書で見た、”昔の話”の一つに過ぎないので、「ここがその戦場」と説明されても、もしかしたらピンと来ないかもしれません。実際にその場に立つと、”何か”感じるものがありますか?
年齢を重ねる毎に、歴史上の悲しい出来事から目を逸らしたくなるNoraでした・・・ (良くないというのは分かってるんですけどね・・・)

to:Noraさん

ワンともも『坂の上の雲』は楽しみです。
香川照之、浜木綿子に似てきていると思います(^^)
このドラマでの役作りは凄まじいものがあったようですね。
原作を読むとより一層感情移入できると思いますよ。

ナポレオンは200年ぐらい前ですからピンときませんよね。
ここに残っている戦闘の跡はほとんどが内戦の時のだと思います。
ワンともは感が鈍いので特に何も感じませんでしたけど、
あまり少人数で歩きたくない場所ではありましたね。
戦争の歴史は悲惨さ抜きには語れませんよね。
ワンとも反らしてくても見てしまう方です。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。