FC2ブログ

初めてのイタリア ~マルコ・ポーロ空港からヴェネチア本島へ~

2008 バルセロナ&ヴェネチア
02 /03 2009
初めてのイタリアは水の都“ヴェネチア”から。
玄関口のマルコ・ポーロ空港に降り立つ前からすでにお天気は雨。
上空からヴェネチア本島の姿が見えたけど、どんよりした様子だった。

マルコ・ポーロ空港はイタリア本土にある小規模な空港で、
ワンともの印象ではマヨルカ島の空港より小さく感じた。
正式にはヴェネチア・テッセラ空港というらしいけど、
誰も使っている様子はなくあって無いに等しいい正式名称かも。
とにかく世界中から観光客が来るので、イタリアでも忙しい空港の一つなんだとか。
“マルコ・ポーロ空港”到着ロビー
『到着ロビーのバゲージ・クレーム付近』

“マルコ・ポーロ空港”出発ロビー
『出発ロビー』
ショップはこの空港の規模にしてはある方かも。
飲食店は食券を買うスタイルだったようだが、システムが分かり辛くて食事を断念。苦労して食べるほどでもなかったので。


マルコ・ポーロ空港からヴェネチア本島への交通手段は、空港バス・タクシー・水上タクシーなどがある。タクシーや水上タクシーは料金が高いので、ワンとも達はATVO社の空港バス“プルマン”を利用した。
プルマン乗り場は空港を出てすぐの所。
プルマン
空港バス『プルマン』
ちなみに車が入れるのはヴェネチア本島のローマ広場までなので、バスもここで降車。水上バスの場合は空港からラグーナの島々を経由してサン・マルコ広場まで。片道12euro、所要時間は約1時間10分。時間とお金に余裕がある場合は、行きか帰りのどちらかを水上バスにしてもいいかも。

プルマン時刻表
参考までに『プルマンの時刻表』
時刻表はバス乗り場に置いてあるので、時間は着いてから確認してね。


プルマン乗り場には行き先と出発時間が電光掲示板で表示されていて、それぞれの乗り場に券売機が設置されていた。ヴェネチア本島に行く場合、行き先の表示は“Venezia”、運賃は片道3euro
プルマン券売機①
『プルマンの券売機と乗車券』

プルマン券売機③
『表示部分の拡大』


乗車券の買い方は、
プルマン券売機②

1.まず券売機の言語表示を選ぶ。
  例えば英語だったらテン・キーの“E”を押すと英語表示に変わる。

2.チケットコードを押す。
  チケットコードは券売機の文字表示窓の下とテン・キーの下に
  書いてある。  ヴェネチア(片道)へのコード番号は“121”

3.“C”のキーを押して行き先を確定。

4.必要な枚数の番号を押す。
  例えば2枚なら“2”のキーを押す。

5.お金を入れる。

6.チケットと、お釣りがある場合はお釣りを受け取る。

バスに乗る時は、運転席の横にある機会に通して乗車となる。
ちなみに2.5euroで市バスもあるけど、メストレで乗り換えるようだ。
メストレはヴェネチアの対岸の町で、プルマンの停留所もある。
この日は季節外れの平日でお天気も悪いせいか乗客は僅かだった。










関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

φ(..)メモメモ

ヴェネチアの記事が始まりました!! (^。^) 帰国前に、一度は行っておきたい町の一つなので、旅行する際は是非参考にさせて頂きます。水上バス、片道12euroであれば往路に利用してみたいものです。でも1時間10分かぁ・・・ 急ぐ旅ではなくても、船酔いが心配です。 

確かに、規模の割には世界中からどっと観光客が押し寄せる町の一つでしょうね。だから、段々沈んでいってる・・・? ・・・違うか。(^_^;)

to:Noraさん

帰ってきてから一ヵ月半も経って、ようやくヴェネチアまで辿りつきました。
ヴェネチアはなかなか興味深い所でしたよ。
Noraさんも是非行ってみてください。
ただ食事はナポリの方が美味しいかも。
晴れていたら水上バスは気持ちいいでしょうね。
雨だと窓が曇っちゃって何も見えないし…。
ちなみに水上バスはモーターボートのような船みたいですよ。

温暖化で海水が上がってるという話しもありますが、
地盤沈下が主要因だと思いますよ。
オランダは防潮堤で高潮を防ぎましたけど
ヴェネチアはどうするんでしょうかね。

初イタリア

初イタリア、おめでとうございます(^^)
Yo-はヴェネチアへ行ったことあるけど
団体ツアーだったので
そこまでの道のりは
大型バスにのって転寝しながらだから
ぜんぜん印象が薄いのです
やっぱり自分の足で移動すると
記憶もシッカリ残るし
楽しいですよね
今度ヴェネチアへ行くときは
ワンともさんのブログをプリントして持っていきますよ
チケットの購入の仕方もとってもわかりやすいんだもん

to:Yo-さん

有難うございます。
ようやくイタリアに行くことができました。
手配を自分でやると憶える事は憶えますね。
スムーズにいかない事が多くて大変ですけど(^_^;)
ツアーはその点安心して寝て行けますよね。
それに時間が無い時はツアーは助かります。
多少なりとも拙ブログがお役に立つと嬉しいです。
今度ヴェネチアに行く時はミラノから鉄道で行ってみたいです。

はじめまして

ブログの訪問者リストを見てお邪魔しましたi-262
ご主人とお二人でいろんなところへ旅行されていて素敵ですね。うらやましーi-189

「旅行は計画をたてている時が一番楽しい」とわた私も常々思っています。
そして、今まさにその時なのです。
今週末からヴェネチア、フィレンツェ、ローマ、バルセロナへ出かけます。何ヶ月も楽しみに計画してきたのですが、始まったら終わってしまうので、だんだん寂しくなってきてしまいました。

行く前に各地の記事を拝見したいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

to:みんみんさん

はじめまして。
当ブログへのご訪問&コメント、ありがとうございます。
どうぞ、こらからもヨロシク。

今のヨーロッパは観光にはいい時期でしょうね。
ワンとも達はいつも冬場ばかりで、旅費は比較的安めですが
全体的にちょっと閑散としているのが玉にキズです(^_^;)

旅行の計画から手配までは色々と想像をかき立てられて楽しいですよね。
それで、旅行最終日の夕方頃って、日曜の夕方と似た感じがしません?

そうはいっても、やっぱり旅行中も楽しいは楽しいです。
今回の旅行は何日間ですか?
ワンともはフィレンツェにはまだ行ったことがないので、
帰ってきてからの旅バナ、特にフィレンツェは楽しみにしてます。
気を付けていってきてくださいね♪

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。