FC2ブログ

『白い恋人パーク』

2009 札幌
04 /21 2009
“けやき”で朝食兼昼食を食べた後、『白い恋人パーク』へ。地下鉄東西線の終点“宮の沢”で下車。
本当は丸山エリアを散策しようと思っていたのだけどお天気も芳しくなくて寒いし、一日乗車券“ドニチカ”も残っているし、前日小樽から戻ってくるバスの車内から見て気になっていたというのもあって行ってみることにした。
ちなみに“ドニチカ”というのは、土日祝限定の500円/1日で乗り放題の乗車券。
白い恋人パーク①
『白い恋人パーク』
隣りにはコンサドーレ札幌の練習グラウンドがあった。


中はヨーロッパ調の建物が並び、時間になると音楽が鳴って人形が踊りだしたり、シャボン玉が噴き出してきたり、色々と仕掛けがあるようだ。建物の中は製造見学やレストランやショップが入っている。人形のアトラクションは動きがぎこちなくてあまり可愛くない…。ファンシーな動物の方がカワイイと思うけど。
白い恋人パーク② 白い恋人パーク③


せっかく来たのだからファクトリー見学をしてみた(見学料/600円)。白い恋人の製造工程以外は、陶器のカップ・コレクションやチョコレートについての展示、お菓子のパッケージ・コレクションなど。
白い恋人パーク④ 白い恋人パーク⑤
(左)『カップ・コレクションの間』
(右)『白い恋人製造工程』

何故かレトロなオモチャや生活雑貨コレクションがあったけど、これが一番面白かったかも。
白い恋人パーク⑥ 白い恋人パーク⑦
(左)『「三丁目の夕日」的茶の間再現』
(右)『軍艦・鹿島のブリキのオモチャ』
“なんでも鑑定団”で500万円の値が付いたとか。艦名の由来はもちろん鹿島神宮から。それだけで親近感沸く。


ここはいい歳の大人が二人で来ても楽しいかと言うと微妙だけど、家族連れには楽しく過ごせるかも。

関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

確かに親近感

ブリキのおもちゃ
ワンともさんの言うとおり
「鹿島」というだけで親近感が沸きますね
この軍艦は役目を終えた後解体されたようですが
アントラーズは永遠に勝ち続けて
私たちに夢をみさせてほしいものですね

to:Yo-さん

> 「鹿島」というだけで親近感が沸きますね
でしょ、でしょ。
日露戦争後のと第二次大戦のと2隻あったようですが、
どっちも沈没せずに廃艦になっているそうです。
今も自衛隊に同じ名前の艦があるようで、
新しくなっても名前が受け継がれているんですね。
世代は変わっても存在は変わらず、
アントラーズもずーっと続いて欲しいですね。
もちろん王者として。

「白い恋人」。美味しいですよね~
観光地のお菓子としては一番すきかも。

でも「白い恋人パーク」を入場料を払って見たいか、というと微妙ですね。買った人はタダならいいのになぁ

to:ラーダ・ドゥーナさん

「白い恋人」もいろいろありましたが、
やっぱり北海道を代表するお菓子ですよね。

「白い恋人パーク」は、製造過程見学をしなければ
お金はかからないんですが、土産買ってレストランやカフェで
何か飲食するためにワザワザ行くほどでもない感じですね。
子供は楽しいと思いますけどね。

入場料600円・・・

行ってしまったら仕方ありませんが、ちょっと高いような気がします。仰る通り、子供連れで、館内で目一杯遊ぶつもりであれば安いものかもしれませんけど、”大人のカップル”にはちょっと・・・ (~_~;) 
『白い恋人パーク』なんてものがあるんですね・・・ 因みに『白い恋人』は購入されたんですか? 正直なところ、私はあまりシンパシ-を感じなくて・・・  まぁ、北海道土産として、間違いはないと思いますが。(過去のことは水に流して・・・) どちらかというと、『白い恋人 ブラック』の方が好きです。

to:Noraさん

どんな所かちょっと興味があって行ってみたんですけど、内容的には子供が楽しい場所でしたね。製造見学も寒いしヒマだったので入ってみたんですが、レストランやショップでお金を使う事を考えるともうちょっと安い金額でもいいような気がします。

今回は『白い恋人』は買ってないです(^_^;) 確かにお土産としては間違いないですね。Noraさんはホワイトチョコ系が苦手でしたね。でも北海道のお土産はホワイトチョコ系が多いですよね。なにせ「白を制するものが北海道を制す」と言われるぐらいらしいですから。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。