FC2ブログ

新型インフルエンザ

世間話し
04 /29 2009
新型の豚インフルエンザとやらがメキシコで発生した。日本政府は水際で止めるために色々と対策を講じているようだけど、メディアでは大騒ぎだ。「あまり危険じゃないらしい」「通常のワクチン製造を止めてまで…云々」と。
逆に「状況を見守る」なんて言ったら、対応が遅いとか危機意識が低いなどと叩くんだろうなぁ。弱いとはいえ免疫のない新型のウイルスが蔓延しそうなんだし、全く入ってこなければそれはそれでいいことなんだし、今発生しているインフルエンザのワクチン開発を優先して何が悪いんだろう。何でも批判すればいいってもんじゃないと思うけど。それでも段階が「4」に上がってから多少論調が変わったかな。

今朝、成田に入って来たメキシコからの飛行機が早速、機内検疫を受けたというニュースをやっていた。機内でチェックして疑いのある人がいた場合は隔離され、その人の周囲2m以内に居た人も10日間ほど指定のホテルに隔離されて様子を見るんだとか。

かなり昔のことだけど、ワンともの父親はこの隔離を受けたことがある。
病名はコレラ
一緒にタイに行ったツアーの人からコレラ患者が出たのだ。
保健所で検査した後、一週間自宅待機と言われて帰宅した。今と比べるとだいぶユルイ対応だと思うけど、明らかに問題がなかったからだろう。元気な父親は一週間のあいだかなり暇を持て余していたっけ。コレラになってしまった人は、どうもうっかり生水かなにかを飲んでしまったようだ。その後、無事回復したみたいだけど。
水の危険性は熱帯の国の宿命なのかもしれない。だんだん暑くなっている日本も人ごとじゃないのかも。

ワンともはこの時に初めて“コレラ”という病気を知った。
どんな病気なのかはもっと大きくなってから知った。
手塚治虫『陽だまりの樹』には幕末に蔓延したコレラの話が出てくる。コレラはコロリといって恐れられ、庶民は八つ手をぶら下げたり節分のように豆を蒔いたり、中には怪しい祈祷師が患者の体を叩いて病魔を追い出そうとしたりなどの迷信が行われていたらしい。
ストーリーでは手塚治虫のご先祖の医者が治療に奔走するのだけど、湯ざましを飲ませて塩を摂るという治療を施していた。もちろんこれで誰でも治るというわけではないのだけれど、当時はとりあえずそうするしかなかったようだ。
そいえば以前、海外で正露丸も利かないような下痢やおう吐に見舞われた時は、塩とブドウ糖を水に溶かした経口補水液(ORS)を飲むといいような話を聞いたことがある。脱水症状を防ぐためらしい。ポカリスエットでもいいらしいので、旅行の時は粉末を一袋持って行くようにしている。幸いまだ使ったことはないけれど。

SARSの時もそうだけど、何か伝染病の話しが出るたびに父親のコレラ騒動と手塚治虫のこの漫画を思い出す。



陽だまりの樹 (5) (小学館文庫)陽だまりの樹 (5) (小学館文庫)
(1995/05)
手塚 治虫

商品詳細を見る
関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

得体の知れないウイルスに感染して・・・とかいう映画が公開されませんでしたっけ?妻夫木が出演してた・・・。

いや、映画を見てないので確かそんな内容だったっけな?みたいな印象ですが・・・。

ウイルスとかいうと、見えないものだけに過敏に反応するけど・・・。鳥インフルエンザはもう解決した話なんですかね~

お父様、災難でしたね。でも感染してなくて良かったですね~。アジアで生水はヤバイですしね

感染

自然(正確には人間が無意識に起こした?)発生したウィルスでこんなに大騒ぎになるんですから、生物兵器としてのウィスル、考えただけでゾッとします。ウィルスというと、私は直ぐに映画『アウトブレイク』を連想しちゃいます。同映画では、感染源が特定できなくてワクチンが製造できずにいる訳ですが、感染源が特定できているのであれば、ワクチンの製造にそんなに時間がかかるとは思えないんですが、いつも「ワクチンが不足!」と騒いでいますよね? 何ででしょう、この21世紀に・・・ 
お父様は、本当に丈夫な方でらっしゃるんでしょう。私は、海外で生水なんて飲んじゃった日には、上から下から、大変なことになるのが明らかです。

to:ラーダ・ドゥーナさん

妻夫木くんの映画は確か『感染列島』でしたっけ。
ワンともも観てないんですが、確か未知のウイルスが日本に蔓延する話しでしたよね。

そうなんですよ。鳥インフルエンザはどうなったんでしょうね。
アレだけ大騒ぎしていたのに。
渡り鳥が運ぶと言われていますが、
この冬は大丈夫だったということなんでしょうかね。

父親は何事も無くて良かったです。
コレラはしゃれになりませんよね。
東南アジアで生水は危険ですね。
ダンナ・ピットもタイの水掛け祭りに何度か参加したらしいですが、
帰って来ると必ず調子が悪くなってました。
掛けている水がちょっと口にはいっちゃうんでしょうかね。

to:Noraさん

今朝のテレビの情報ですが、インフルエンザは新しいウイルスが登場すると、今までのインフルエンザは無くなってしまうそうです。今までもそうやって消えては現れを繰り返してきたんだとか。色んな家畜と人間の距離が近いと発生し易いとも聞いたことがあります。鳥インフルエンザが発生した場所は牛も豚も鳥も一緒にいるような所だったみたいですね。
これも今朝のテレビで知ったんですが、ワクチンって鶏の卵で培養して作るそうで、そんなに一気には作れないらしいです。ワンともは菌床栽培的に作っているのかと思っていたので驚きました。
『アウトブレイク』はありそうな感染ルートで激烈に強いウイルスが怖かったです。これが生物兵器に利用されたりしたら、と思おうと怖いですね。ただ内臓が溶けて死に至るハズなのに、ラストの方でワクチンを注射された女性が回復するのはちょっと疑問でしたね。ワクチン打っても溶けた内臓は元に戻らないだろう…と。

ワンともの父親はけっこう体弱いです。持病もありますし…。ただお腹はあまりこわさない方なのかもしれません。同じもの食べても食中毒になる人とならない人がいるみたいですしね。ワンともはすぐ胃腸にくるので生水飲んだらOUTだと思います。

タイの下水とかまだまだ状態は良くないです。
3人組の人気アイドル歌手のグループがいたのですが、メンバーの一人が運転していた車がドブに落ち、脳かどこかにウイルスが入り込み、植物人間になってしまいました。多分、今も回復してないんじゃないですかね~

メンバーは解散し、留学したりそれぞれの道を歩んでいるそうですよ

でも、さもありなん・・・って感じの臭い立つドブなんですよ・・・。タイのは・・・。見るからに危険です

to:ラーダ・ドゥーナさん

ひえ~、脳死。
そんな事になるぐらいなら、まだ下痢した方がマシですね。
せっかく華やかな道を歩いていたのに、お気の毒です。

確かにタイは匂いが気になることがありますね。
衛生には気を付けなればならないお土地柄だと思いますが、
処理が消費や発展について行けていないのかもしれませんね。
衛生観念の啓蒙ももうちょっと必要な気がします。

被害者?

Yo-は明日からのナイアガラの旅をキャンセルしました
会社の雰囲気からいって
とても海外旅行に行きます
カナダへ行きます
ナイアガラへ行きます
歩いてニューヨーク州に渡ります
なんて言える状況じゃありません
キャンセル料は自己負担
舛添さんよぉ~
もっとハッキリ渡航禁止と言ってくれたら
キャンセル料も不要だったかも
渡航する人が減れば
水際対策も少ない人数で済むかも
でも日本人の法律で渡航の自由を保障されているから
そうそう簡単には渡航禁止って言えないんだろうな
このインフルエンザ、ある意味Yo-も被害者です(涙)

to:Yo-さん

ナイアガラの滝に行く予定だったんですか。
まさかこの時期に新型インフルエンザなんてものが発生してしまうとは…
なんともお気の毒です。
旅行業界も頭の痛いことでしょうね。

あっというまにフェーズ3から5に上がっちゃって、
WHOがイマイチ状況を把握できていない気もします。
でも渡航禁止って境目が難しいのかもしれませんね。
とっても危ない所とまぁ危ない所の境目が曖昧で…。
いっそ出掛けないというのが一番の予防になってしまうのかも。
それにしても旅行直前のキャンセルは痛いですね。
怒りの持って行き場のない被害者ですね。

Noraさんのところで「豚インフルで、なにがしかの勧告を出せばいいのに」と書いたばかりなんですが、ここに被害者がいらっしゃったんですね(泣)。

「禁止」まではしなくてもいいけど、「海外旅行の自主的なキャンセルに対してキャンセル料は課さないように」っていう指示はあってもいいのに・・・と思います。こっちのほうが、よっぽど効果的な対策だと思うんですけどね・・・。

to:キリさん

ワンともはまだ計画倒れなのでマシですが、
旅費を払ってしまっていた方々はイタイですよね。
まさかこんな事が起こるなんて…といった感じです。

渡航の是非の判断っていうのは微妙なところですよね。
キャンセル料も相手が海外の場合はなかなか難しいのかも知れません。
かといって旅行代理店が被るのも気の毒ですし。
燃油費の徴収の時も、課しているのは航空会社なのに
仲介している代理店が批判に晒されていましたしね。
せめて日系の航空会社だけでも事情をふまえて
キャンセル料の減免を考えてくれるといいんですけどね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。