FC2ブログ

行列のできる店『Les Quinze Nits(ラス・キンザ・ニッツ)』

バルセロナのグルメ
05 /12 2009
バルセロナ最終日の夕食は行列のできるレストラン『Les Quinze Nits(ラス・キンザ・ニッツ)』

ランブラス通りからちょっと脇に入ったレイアール広場に面したカジュアル・レストランなのだけど、そのお値段の安さと悪くない内容で人気があるらしい。ランチは10euroしないし。
とにかくランチもディナーも長ーい行列ができているので行けばすぐ分かるほど。
お昼も夕御飯も遅いあちらでは、お店が込み合うのは開店から1、2時間過ぎたあたり。開店と同時に行けば並ばずに入れるし、だいたいその時間が日本人のご飯の時間と合うと思う。


今回は夕食に利用したのだけど、まずは以前食べたランチからご紹介。
お店の外観はこんな感じ。外にはテラス席もあって、中は明るくカジュアル。
Les Quinze Nits 2007① Les Quinze Nits 2007②


ランチの飲み物はハウスワインの赤、白、お水からチョイス。ワンともたちはそれぞれワインの赤と白を。
ここのオリーブはちょっと塩辛い。けどバクバク食べた。
Les Quinze nits 2007③ Les Quinze Nits 2007④


続いてサラダかスープをチョイス。ワンともがサラダ、ダンナ・ピットがスープ。サラダはホウレンソウ?にナッツも入っていた。ドレッシングはバルサミコとパルメザンチーズ。スープはジャガイモの味がした。
Les Quinze Nits 2007⑤ Les Quinze Nits 2007⑥


メインはワンともがイカのフライ、ダンナ・ピットがチキンのソテー。他にもう二種類ぐらいあったと思う。イカは軽食みたいでイマイチだったけどマズイというわけではない。チキンソテーは美味しかったみたい。
Les Quinze Nits 2007⑦Les Quinze nits 2007⑧


デザートは“マチェドニア”というフルーツ・ポンチのようなもの。「なんだろう、このマケドニアって?」と注文してみたけど、うーん、イマイチ。スペイン語だと“マセドニア”というイタリアのデザートだったとは…。
Les Quinze Nits 2007⑨



で、ここからは今回食べたディナー。
最後の夜だし、ということでリオハの赤ワインをボトルで。
そしてサラダとコロッケを。
Les Quinze Nits 2008② Les Quinze Nits 2008①


メインはワンともがサーモンのソテー、ダンナ・ピットがチキンのクリームチーズソースを。
Les Quinze Nits 2008③ Les Quinze Nits 2008④


デザートはワンともがレモンのシャーベット。今回は珍しくダンナ・ピットもチョコレート・アイスを食べた。
Les Quinze Nits 2008⑤ Les Quinze Nits 2008⑥


お昼にガッツリ食べたので夜はちょっと軽めだったかも。お値段も昼の『カステイ・デ・シャティバ』が60euroぐらいだったのに、ここは40euroちょっとで済んだ。


ディナーはドアマンが付いてドアを開けてくれる。お店を出るころにはチラホラと行列ができ始めていた。
Les Quinze Nits 2008⑦


『Les Quinze Nits(レス・キンザ・ニッツ)』
Pl.Reial 6(地図)
TEL : 933 173 075
13:00-15:45、20:30-23:30


一応、2008年12月のバルセロナ旅行記はこれで終了。また細かくほじくり返していくかもしれないけど…。
関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

ありがとうございました

楽しくバルセロナ旅行記を読ませていただきました。
ありがとうございました。
まだ足を踏み入れていないスペインにどんどん興味がわきましたよ。
それにしても・・・たくさん食べましたね!!
やっぱり旅は「食」が重要ですよねぇ(笑)
その後、胃の調子がイマイチということで
心配は残りますが・・・早く復活してくださいね。
ワンともさんは、旅の記憶もちゃんと残っているし
細かい部分を詳しく上手に説明できるし
感心していますよ。
それに比べてYo-ときたら・・・
ほんの少ししか時間が過ぎていなくても
記憶が乏しく・・・自分でも涙がでちゃいそうなくらい「情けない」です。

お疲れ様でした。

2008年12月ってまだ半年経っていませんもんね。私も2005年夏のシチリア旅行と2006年のポルトガル旅行の記事を早く仕上げたいです。どっちも中途半端・・・  
ランチのスープはスペイン版ビシソワーズというところなんでしょうかね。マチェドニアなんてデザートがあるんですね。イタリアでは大抵メインで打ち止め(入らないから・・・)なので、実はデザートをあまり食べたことが無いんです。大抵はエスプレッソ、ごくたまにチョコレート系のアイスかケーキを食べるくらいですかねぇ。ダンナ・ピットさんが食べられたというアイスがいいなぁ。ワイン一本頼んで、40euroって嬉しいですね。

実は・・・ ワンともさんが行かれたばかり(?)の町の旅行を昨夜決めました。それともう一ヶ所別にも。まだ航空券しか予約していませんが。ドイツを去る日が段々と近づいており、Tamaの旅行熱に火が付いたようです。

to:Yo-さん

ダラダラとした旅行記にお付き合いいただきまして有難うございます。
お腹の調子が良くなかったという割にはイッパイ食べてますね(^_^;)
旅行と日常の違いはというと、やっぱり動いているかどうかでしょうか。
やっぱり食べた分、動かないといけないということですね。
今度の長崎旅行でもそれを実践して復調したいと思います。
スペインは食事も日本人には比較的合うと思うので
そういった面でもぜひYo-さんにも言ってほしい所です。
そしてFCバルセロナにもハマって欲しいですね。

内容を褒めて頂いて恐縮です。
でも、いつも文章力と表現力のなさに辟易しています。
記憶力も画像を見て思い出す程度ですし、
ワンともはYo-さんの文章の方がずっとシッカリしていると思っています。

to:Noraさん

旅行に特化しているブログの割には半年近くも掛ってしまいました(~_~) Noraさんの旅行記は日本から出かけていく旅行とはまた違った視点で、とっても興味深いです。読んでいると、またポルトガルに行きたいと思いますしシチリアにも行ってみたいです。

そうですね、ランチのスープは他にも何か野菜が入っていそうでしたが、ビシソワーズっぽかったですね。イタリアに何度もいかれているNoraさんでもマチェドニアはご存じありませんでしたか。あまり一般的なデザートじゃないんでしょうかね。そんなに美味しくなかったし、他に美味しいデザートの多いイタリアでわざわざ食べるようなものでもない気がします。ちなみにマチェドニアの由来はいっぱいフルーツが入っている様子が、多民族国家のマケドニアみたいだからだそうです。ワンともも基本はメインまでですね。

> 実は・・・ ワンともさんが行かれたばかり(?)の町の旅行を昨夜決めました。
ひょっとしてあそこですか?これからの季節は虫よけと虫さされの薬が要るかもしれませんね。帰国の予定も具体的になりつつあるんでしょうか。残された期間、しっかり楽しんでくださいね。

“マチェドニア”ってフルーツの白ワイン煮でしたっけ?聞いた事がありますが、食べた事はない・・・。

旅行気分、いいですね~。たまに思い起こしてまた行きたくなります。

しかし、ワンともさんも皆さんもたくさん写真を撮ってますね~。ウチはダンナが店内で撮影するのを快く思ってないので、私としては撮り難いんですよね~。記録として残しておきたいけど・・・。

何気にイカのフリットに反応してしまいました。家では油がはねるし作らないんですよね~。好きなのに・・・。

to:ラーダ・ドゥーナさん

ワンともたちが食べたマチェドニアは過熱はしてませんでしたね。シロップにつけたような感じでしたよ。できればフルーツはそのまま頂いた方が好きです。

> 旅行気分、いいですね~。たまに思い起こしてまた行きたくなります。
自分のブログを読み返してどこかに行きたくなったりしますよ。

食事の写真はブログを始める前から撮ってました。ウチはダンナ・ピットの方が率先して撮ってますね。雰囲気が許す範囲でTRYしてます(^_^;) ダンナさんが嫌がるなら仕方ありませんが、ラーダさんが食べ物の写真を撮りたい気持ちは分かりますよ。

確かにイカやエビのフライって油がハネますよねぇ(~_~) 前に作ったことがありますけど、最近はぜんぜん。労力の割には結果が出ないことが多いので…。

レモンのアイス、おいしそう・・・。おいしそうなお料理の写真の後に見ると(食べたような気分になって)、よけいに「ああ、こういうさっぱりしたのがいいなあ」なんて(笑)。

バルセロナ旅行記、お疲れ様でした!
写真がいっぱいで旅行に行った気分になれるので、ワンともさんの日記は拝見するのがいつも楽しみです♪

to:キリさん

レモンのシャーベットはツーンとくる酸っぱさで大人の味でした。夏に食べたらもっと美味しいだろうなと思いますね。けっこうクセになる酸っぱさですよ。

楽しんでいただけて嬉しいです。いっぱい画像を撮って載せた甲斐がありました。もっぱら撮影担当のダンナ・ピットも喜ぶと思います。これから長崎旅行の旅行記をUPしますので、よかったらまた見てください。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。